2016/05/16

20160515扇沢←→針ノ木峠

 5/15は時間切れで針ノ木岳頂上は断念、針ノ木峠から滑り始めました!扇沢から大沢小屋までは夏道通りに進みましたが、大沢小屋近くまでは雪なし!枝に結構スキーが引っかかりました・・・大沢小屋から10分ちょい行ったところで雪渓に降りて、シール登行!標高2000m手前で傾斜が強くなる辺りでまたスキーを担ぎ、マヤクボ沢出合あたりでアイゼンを付けて、扇沢の登山口から4時間半以上かかってようやく針ノ木峠に到着!峠に着く手前あたりでガスが晴れるようになって、うっすらと槍ヶ岳も望むことができました(^o^)ノちなみに、登りの途中で結構な数の下りのスキーヤーや登山者とすれ違いましたな!やはり人気のコースですな!
 風も弱くて、30分以上針ノ木峠で休憩して、ガスが晴れた針ノ木雪渓を滑降!登山道に戻るあたりまで24分でした。このまま沢通しに下って行くパーティがいたので、下ろうとしたらすぐに水線が迫り籔もあって、スキーを担いでいると微妙な感じで、ここは穏健に登山道に戻って大沢小屋から夏道を外れて沢沿いのコースを下りました。

扇沢第二無料駐車場(1435)936→941扇沢無料駐車場(1455)→947登山口(1485)(1425とする)954→1000車道に出る(1455)→1001車道を外れる(1460)→1005車道を横切る(1480)→1010車道を横切る(1505)→1018車道に出る(1535)→1020案内板・登山道に入る(1540)→1025水場(?)→1032小沢(?)→1047「ブナ林」(1630)→1051「湧き水」(1625)→1101雪渓を横切る(1645)→1110大沢小屋(1680)
1116→1129登山道を外れる(1735)→1130雪渓に降りる・シール歩行開始(1735-1740)1140→1224スキーを担ぐ(1980-1985)1233→1318アイゼン装着(2240-2245)1334→1432針ノ木峠2536m(2525)
(2535とする)1509→1516マヤクボ雪渓出合(2245)1518→1533登山道入口(1755)→1533スキーを担ぐ(1750-1755)1545→1548引き返し地点(1740)→1550スキーを担いだ地点(1750)→1550登山道入口(1760)→1559大沢小屋(1705-1700)
1600→1603雪渓に降りる(1680)→1630車道に出る(1525)→1632車道を外れる(?)→1635車道に出る(?)→1636車道を外れる(?)→1640扇沢登山口(1460)→1647扇沢無料駐車場(?)→1652扇沢第二無料駐車場(1405)

Dsc020952

Dsc021552

Dsc021652

Dsc021662

Dsc021772

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20160514位ヶ原山荘←→乗鞍岳剣ヶ峰

 5/14は9:40発の2便目の春山バスで乗鞍観光センターから位ヶ原山荘まで行きました。やはり人気の乗鞍岳、結構な数のスキーヤー、ボーダー、登山者がいました。行きはバス2台、帰りの15:34発最終バスは3台出てました。
 位ヶ原山荘の少し先からシール登行開始、何とかうまい具合に雪が繋がっていて、蚕玉岳までスキー外すことなく登ることができました。蚕玉岳頂上にスキーをデポして、剣ヶ峰を往復、戻ってきて少し休んでから滑降開始!ゆるゆる滑っても蚕玉岳から位ヶ原山荘近くの登山口まで18分でした!

位ヶ原山荘前(2355とする)1034→1037登山口(2360-2365)1039→1059急登の上(2460)→1108急登出前(2495)→1131車道(2620)→1203rest・肩ノ小屋付近(2735-2740)1212→1302朝日岳蚕玉岳鞍部(2930-2925)1304→1312蚕玉岳(2955)1324→1336剣ヶ峰(3000)
(3025とする)1402→1409蚕玉岳(2980)1429→1430朝日岳蚕玉岳鞍部(2955)→1436大雪渓・肩ノ小屋口付近の車道(2625)→1438慰霊碑(2590)→1447登山口(2385)1450→1454位ヶ原山荘前(2375)

Dsc020582

Dsc020672

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20160513猿倉←→小日向ノコル

 GWの次の週末、金曜日に休みを貰って、北アルプスでBC×3を楽しんできました!天気はまずまずでしたが、山ではスッキリは晴れず、遠望はききませんでした・・・でも、比較的静かな北アルプスでのBCスキーを楽しむことができましたです(^_^)v

コース:
5/13 猿倉駐車場←→小日向ノコル
5/14 位ヶ原山荘←→乗鞍岳剣ヶ峰
5/15 扇沢←→針ノ木峠

 5/13は当初は鑓温泉まで行きたかったけど、出発が10時半頃になってしまい、小日向ノコルまでとなりました。夏道が雪に隠れた1400-1450m付近からは籔がうっとしく、ルートが分かりにくかった。ずっとスキーを担いで、シール歩行を始めたのは猿倉台地から左方向(南方向)にトラバースする途中からでした。小日向ノコルまでは何とかシールで登りました。小日向ノコルで休んでいると、朝5時に出発して、鑓温泉まで行って帰りの途中の女性単独行者がやってきたけど、この日出会った唯一の登山者でした。猿倉駐車場には結構車はあったので、多くの人は大雪渓の方に行ったのしょう!帰路は籔がうっとしくなる約1480m付近からスキーを担ぎました。ルートが分かりにくかったけど、どうにか水芭蕉平に戻り、夏道に復帰することができましたです!

猿倉駐車場(1235とする)1024→1027猿倉バス停・猿倉荘(1245)1037→1045林道(1290)→1051鑓温泉分岐(1315)→1124水芭蕉平約1455m(1450)→1208左へ移動(1585)→1216シール歩行開始(1605-1600)1226→1317小日向ノコル(1815)
(1825とする)1425→1437「左へ移動」地点(?)→1441スキーを外して移動(1555)→1448スキーを外した段差(1530)→1500スキーを担ぐ(1495)1506→1521水芭蕉平(1465)→1528夏道(1465)→1542鑓温泉分岐・林道(1335)→1545林道外れる(1305)→1553猿倉荘(1260)→1556猿倉駐車場(1255)

Dsc019782

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/26

20150424-0426立山界隈BCスキー

 2015年の4月下旬、アルペンルートが開通した週末の次の週末に金曜日に休みをもらって、立山界隈にBCスキーに行ってきました!
 雷鳥沢のキャンプ場をベースとして、初日は設営と雷鳥沢滑降。2日目は池ノ平山を目指すも時間切れで標高約2290m付近で敗退、でも、池ノ平山の斜面は全く貸し切りで素晴らしかった。3日目は大走りコースの尾根を滑降して撤収。
3日間とも最高の天気\(^o^)/春スキーを堪能してきましたです!

20150424(金)所要時間5h10m,実働時間2h43m
室堂(2430とする)954→1006みくりが池温泉(2405)→1022雷鳥荘(2375)→1031雷鳥沢キャンプ場(2275-2290)
1205→1349剣御前小屋(2790)1434→1437滑降開始地点(2760)1445→1459滑降終了地点(2295)→1504雷鳥沢キャンプ場(2305)
休憩時間=94,45,8=2h27m

20150425(土)所要時間16h02m,実働時間12h33m
雷鳥沢キャンプ場(2320)(2280とする)340→530剣御前小屋(2765)545→559剣沢小屋分岐付近(2465)→609武蔵谷出合(2195)→612平蔵谷出合(2100)→618長次郎谷出合(1930)→622別山沢出合(1855-1850)624→627真砂沢出合(1765)631→702剣沢二股(1580)
725→748三ノ窓谷出合(1680)→829小窓谷出合(1810)832→852約1885m二俣(1895)901→919平ノ池(1980)922→935尾根に乗る(2040)→1101約2290m引き返し地点(2290)
1138→1148平ノ池(1975-1980)1153→1155約1885m二俣(1900-1895)1156→1200小窓谷出合(1805)→1209三ノ窓谷出合(1675)1211→1214剣沢二股(1575-1580)
1215→1221rest・シール装着(15951590)1254→1319ハシゴ谷出合(1640)→1359真砂沢出合(1765)→1417別山沢出合(1850)1445→1507長次郎谷出合(?)→1541平蔵谷出合(2100-2105)1551→1708rest(2415-2410)1724→1847剣御前小屋(2750-2755)1857→1901滑降開始地点(2730)1906→1933滑降終了地点(2260)1935→1942雷鳥沢キャンプ場(2275)
休憩時間=15,2,4;23,3,9,3;37,5,1,2;1,33,28,10,16;10,5,2=3h29m

20150426(日)所要時間8h39m,実働時間5h50m
雷鳥沢キャンプ場(2255)(2280とする)615→803別山乗越(2750)→832P(2825)→835巻道分岐(2815)→850別山南峰(2865)851→902別山北峰(2875-2855)
951→959別山南峰(2855-2860)1009→1047巻道分岐(2790-2795)→1101巻道合流点(2835)→1104大走りコース分岐(2840-2835)1110→1117滑降開始地点(2785)
1159→1203尾根右折地点(2640)→1212滑降終了地点(2260)→1217雷鳥沢キャンプ場(2265)
(2280とする)1318→1348分岐(2325)→1440室堂山荘(2460)→1454室堂(2425)
休憩時間=1,49,10,6;42;61=2h49m

Dsc068282
雷鳥沢の下り!

Dsc068322
雷鳥沢のキャンプ地にて

Dsc068382
雷鳥沢のキャンプ地での朝焼け!

Dsc068442
別山乗越付近からの剱岳

Dsc068632
朝の剣沢を滑降!

Dsc068852
剣沢二俣付近、近藤岩

Dsc068882
三ノ窓雪渓

Dsc068962
目指すは純白の池ノ平山!

Dsc069082
小窓雪渓!

Dsc069372
池ノ平にて

Dsc069622
池ノ平山への登り!

Dsc069892
池ノ平山頂上には時間切れで辿り着けず・・・約2290m引き返し地点より裏劔!

Dsc069982
約2290m引き返し地点から滑る斜面の俯瞰!

Dsc070242
剱岳!

Dsc071162
夕闇せまる頃、ようやく別山乗越に帰還!

Dsc071262
3日目のテント場の朝!

Dsc071452
剱岳m、後立山方面!

Dsc071892
立山!

Dsc072302
大走りコースの俯瞰!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/11

20140511立山BC スキー

20140511立山BC<br />
 スキー
5/11日曜日は夜行日帰りで立山にBCスキーに来ています(o^o^o)
天気も雪も雰囲気もすこぶるいい感じ(^^)v一日だけやけど残雪の立山を楽しみま〜す(^O^)ノ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/05/12

20130511-12立山山スキー

20130511-12立山山スキー宿泊した雷鳥沢ヒュッテにて
20130511-12立山山スキー雷鳥荘付近より奥大日岳方面
20130511-12立山山スキー室堂より浄土山方面
20130511-12立山山スキー約2845mPより雄山方面
20130511-12立山山スキー約2845mPより五色ヶ原・薬師岳・黒部五郎岳方面
20130511-12立山山スキー約2845mPより槍ヶ岳・裏銀座・水晶岳方面
20130511-12立山山スキー黒部平にて滑ってきた斜面、黒ゴマMIXソフトクリームとともに

今年も立山に山スキー行ってきました(^^)v2004年、2005年2007年2008年2009年2010年2012年に続いて、8回目でした!

5/11は雨の天気予報、翌日の好天を期待して、京都0909発のサンダーバードで出発!室堂着は15時前、予報通りで結構な雨(-ω-)1時間位待機して出発!テント泊の予定で雨の中設営していたら、ぬわんとテントのポールが折れてしもーた( ̄□ ̄;)!!修理を試みるもうまくいかず、結局雷鳥沢ヒュッテに素泊まりしました…(^^ゞ6000円也!雨の日の山小屋は天国ですな(^^)

5/12は大快晴\(^O^)/室堂に一度戻ってから、富山大学研究所の約2845mPに登り御山谷に一滑り、東一ノ越まで歩いて、タンボ平から黒部平まで滑って、また室堂に戻って、あと一滑りを考えたけど、人の多さに辟易として、そそくさと帰途につきましたぁ(o^o^o)

やっぱこの時期の立山山スキーはいいですなぁ(^^)また来年も行きたいっす(^.^)b

【以下追記】
20130511(土)所要時間1h25m,実働時間0h57m,コースタイムhm
室堂(2430とする)1558→1642雷鳥沢ヒュッテ(2305)→1648雷鳥沢キャンプ場(2280-85)1716→1723雷鳥沢ヒュッテ(2310)素泊まり\6000

20130512(日)所要時間5h13m,実働時間3h11m,コースタイムhm
雷鳥沢ヒュッテ(2285)546→602雷鳥荘(2355-60)607→639室堂(2410)
714→723室堂山荘(2430)→803一ノ越へのルートと分かれる(2605)→840約2845mP(2805)(2845とする)
932→943東一ノ越へのルート・スキーを担ぐ(2520)950→1007東一ノ越約2475m(2485)1030→1059黒部平1830m(1840)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/30

20120429立山山スキー2日目!

20120429立山山スキー2日目!
20120429立山山スキー2日目!
20120429立山山スキー2日目!
20120429立山山スキー2日目!
20120429立山山スキー2日目!
20120429立山山スキー2日目!
立山春山スキーの2日目は、テントを撤収して、雷鳥沢キャンプ場から室堂に戻り、雄山に登って御前谷を黒部平まで滑りましたぁε=┏( ・_・)┛重い雪に苦労したけど、天気は良く、楽しめましたぁ(^.^)b

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/04/28

20120428立山山スキー!

20120428立山山スキー!
20120428立山山スキー!
20120428立山山スキー!
2012年のGW前半は2年振りに立山に春山スキーに来てます(^^)vめっちゃいい天気o(^-^)o1日目はこれから雷鳥沢を滑りますo(^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/29

20100424-25立山山スキー2

4月25日(日)
 朝暗い内から起きだすと、満天の星空\(^o^)/
Dsc03956テント撤収中。バックは奥大日岳。
Dsc03957立山方面
Dsc03960昨日行った浄土山方面
Dsc03958これから登る雷鳥沢方面
Dsc03972テントを撤収し、大型ザックはデポして、スキーを担ぎ、アイゼン+ピッケルで6時過ぎに出発!その頃には、奥大日岳に朝日が当たって綺麗でした!写真の山小屋はロッジ立山連峰。
Dsc03984今回は夏道の通る尾根を登りました!箱庭のような室堂方面。中央が雷鳥沢のテント場。
Dsc03983奥大日岳。右側に登山者。
Dsc03994上方を見上げるとこんな感じ!
Dsc039972右方から太陽が顔を出してきました!
Dsc040032雷鳥平キャンプ地。GW前だし、テントの数は少なかったでした。
Dsc04016別山乗越の公衆トイレは使用可能みたいでした!
Dsc04030剣御前小屋の営業は2010年は4/25から=この日からと書いていましたが、いまだひっそりしていました。
Dsc04020薬師岳方面。手前の山小屋は室道三荘か!
Dsc04027別山乗越から剣沢方面。背景は白馬~五竜の後立山の稜線。剣御前小屋の裏手から別山に向かいました!
Dsc04032別山への道から剱岳方面
Dsc04034別山への道から別山方面
Dsc04049途中にテントを張っている登山者もいました!
Dsc04053別山の巻き道の分岐点にて。さすがにこの時期にはトレースはありませんでした。
Dsc040552振り返るとこんな感じ。
Dsc04065別山南峰にて。祠と立山方面。
Dsc04076別山南峰より別山北峰
Dsc04080別山北峰より別山南峰
Dsc04084別山北峰北側直下より別山沢の俯瞰。当初は別山沢を滑る予定でしたが、ガリガリのアイスバーンの急斜面・・・私のスキーの拙い技術では転倒の可能性大!で、一度転倒すればかなり滑落すること間違いなし!!ということであっさり別山沢は断念しちゃいました(^^ゞ
Dsc04089白馬連峰方面。眼下に剣沢。名残惜しいけど、往路を戻り始めました。
Dsc04097剱岳はいつ見ても素晴らしい!
Dsc04098別山南峰。登山者が一人写っています!
Dsc04099雪に埋もれた別山南峰の祠。真砂沢の滑降も考えていたけど、時間的に結構厳しい感じなので、大走りコースを滑り下りて雷鳥平キャンプ地に戻ることとしました。
Dsc04109途中、真砂沢に滑り始める二人組がいました。おそらく私と同じ頃にキャンプ地を出発した男女二人組と思われました。
Dsc04112道標にはエビのシッポ
Dsc04114室堂、雷鳥平方面。遥か遠方の山影は白山!
Dsc04116雷鳥平、奥大日岳方面。
Dsc04121内蔵助山荘への分岐点にて。
Dsc04126大走りコース分岐にて。大走りコースの尾根も上部はやはりガリガリのアイスバーン!転倒しないように横滑りを駆使して下りました(^_^;)
Dsc041302大走りコースと途中からの俯瞰
Dsc041312の尾根の右折点付近から見上げるとこんな感じ!
Dsc041332滑ってきたシュプールを見ることができました!キャンプ地まで、かなりゆっくり滑っても約30分でした。
Dsc04138雷鳥荘付近からの雷鳥沢、別山方面
Dsc04139雷鳥平キャンプ地のテントは更に減っていました。
Dsc041402雪に埋もれたみくりが池と立山
Dsc04143キャンプ地から1時間12分かかってやっとこさ室堂到着!

 室堂はた~くさんの観光客であふれかえっていました・・・14時前に着いて、バスに乗ったのは15時頃、美女平でも待ち時間が結構あって、富山駅に着いたのは18時過ぎ、サンダーバードは19:56まで無かったので、駅に近い銭湯「観音湯」(\400)で汗を流してから帰路につきましたぁ(^o^)

 今回は、結局滑ったのは、浄土山の斜面と大走りコースの斜面のみ・・・本当は御山谷、御前谷、別山沢あたりを目論んでたんですが、私のスキー技術では、チャンスはなかなか無いかもです・・・結局今シーズンも山スキーはこの1回のみ、じゃなり不完全燃焼でシーズンが終わっちゃいました・・・来シーズンはもう少し何とかしたいです!

20100425(日)所要時間7h53m、実働時間5h47m
雷鳥沢キャンプ地(2230)(2275とする)605→747別山乗越(2760-2755)757→832巻き道分岐手前のP・直下にテントあり(?)834→838巻道分岐(2825-2820)839→856別山南峰(2880)859→909別山北峰(2880)916→919引き返し点(2865)924→928別山北峰(2880)951→959別山南峰(2870)1000→1015写真タイム・真砂沢下降点の上(?)1020→1055内蔵助山荘への分岐(?)→1108大走りコース下降点(2850-2845)
1136→1146尾根右折点(2655)→1208雷鳥沢キャンプ地(2250-2255)
1246→1256雷鳥沢ヒュッテ(2275)1258→1318雷鳥荘(2355)→1341みくりが池温泉(2385)→1358室堂(2405)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20100424-25立山山スキー1

 2010年のGW直前の週末、好天の天気予報に引かれて、なんとか今年も立山に山スキーに行ってきました\(^o^)/4年連続6度目です(^_^)普通の週末なので、一泊二日という日程でした。
 今回は、1日目は天気はイマイチで、時折晴れ間は差すものの時には雪がちらつき、時にはガスに巻かれるという感じ・・・結局、雷鳥沢にテントを設営してから、浄土山南東峰(富山大学立山研究所のP)から一ノ越直下を経て雷鳥沢キャンプ場まで滑ったのみでした。
 2日目は快晴!で、別山沢を滑るべく別山北峰まで行くも、別山沢上部はアイスバーン状態の急斜面で、YAMAYAMAのスキー技術では厳しいと思いあっさり断念(+o+)真砂沢に転進することも考えましたが、時間的に厳しくなってしまい、結局大走りコースを滑ってキャンプ場に戻って、室堂に戻りました・・・
 今年のGW立山山スキーはかなり不完全燃焼に終わっちゃいました。今シーズンも山スキーはこの1回のみになりそう・・・来シーズンこそはもう少し行ってみたいものです!


4月23日(金)、24日(土)
 4/22金曜日の夜、大阪駅まで出て「きたぐに」に乗り込みました。始発から乗ったのでしっかり座ることができました。富山駅から富山地鉄に乗って立山駅へ到着!屋外に移設された券売所兼整理券発行所には既に結構な行列ができてました・・・どうにか7:20発のケーブルカーに乗ることができ(立山駅着は6:32)、美女平からバスに乗り込みました。スキーとザックで荷物代は\300×2でした。

Dsc03860観光客、登山者、スキーヤー、ボーダーでごった返す室堂で荷繕い。時々雪がちらつくイマイチの天候。待っててもすぐ回復する天気では無さそうだったので、室堂到着の約1時間後に雷鳥沢のテント場に向けて出発しました!
Dsc03881Dsc03870雷鳥荘付近から雷鳥沢キャンプ地を見るとこんな感じ!GW前なので、テントは少ないでした。雷鳥荘からキャンプ地まではスキーで下りました。
Dsc03898誰かの整地した跡にちゃっかりテントを設営して、しばし天気の様子見してました。
Dsc03899少しずつ天気が良くなる雰囲気があったので、とりあえず浄土山に向けて出発しました。
Dsc03901安直に雪上車の圧雪跡をシールを付けて登って行きます。
Dsc03907途中から雪上車の圧雪跡を外れて登って行きました。一ノ越に近づくと雪が固くなり、シールではスリップするようになったので、スキーを担ぎ、アイゼン&ピッケルで登りました。
Dsc03908一ノ越の南方で稜線に上がりましたが、ガスが渦巻いてました・・・
Dsc03917クラストした雪の斜面を登って行きました!
Dsc03920浄土山南東峰約2845mPに到着!ガスが去来してスッキリしませんでした・・・ガスがはれてくるのをしばし待っていました!
Dsc03922少しガスが切れました!浄土山です!
Dsc03925龍王岳!
Dsc03928頃合いを見て滑り始めました!一ノ越方面を見るとこんな感じ!この斜面を滑って行きました。
Dsc039302一度転倒したら結構すべり落ちました(*_*)見上げるとこんな感じ!
Dsc039312ガスの去来する中、ゆっくり滑り下りて雷鳥沢キャンプ地近くまできました!浄土山南東峰約2845mPから滑り始めてキャンプ地まで今回は39分でした!
Dsc03933テントのフライシートには少し雪が積もってました。
Dsc03937Dsc03943夕食前に雷鳥沢ヒュッテで温泉入浴(^.^)500円で、17時まででした!
Dsc03944Dsc03948温泉でのんびりして、17時半過ぎにやっと外に出てきたら、かな~り晴天(^.^)明日の好天が期待できましたっす!夜はかなり冷え込んだけど、月明かりが明るかったでした。

20100424(土)所要時間6h03m、実働時間3h26m
室堂(2450とする)924→938みくりが池温泉(2425)→955雷鳥荘・スキーを履く(2390)1010→1017雷鳥沢キャンプ地(2285)
1152→1230雪上車道から外れる(2405)→1304アイゼンタイム(2615-2620)1319→1335一ノ越南方の稜線に出る(2705-2710)1337→1418浄土山南東峰約2845mP(2855-2860)1448→1527雷鳥沢キャンプ地(2270)

| | コメント (0) | トラックバック (0)