2016/05/16

20160515扇沢←→針ノ木峠

 5/15は時間切れで針ノ木岳頂上は断念、針ノ木峠から滑り始めました!扇沢から大沢小屋までは夏道通りに進みましたが、大沢小屋近くまでは雪なし!枝に結構スキーが引っかかりました・・・大沢小屋から10分ちょい行ったところで雪渓に降りて、シール登行!標高2000m手前で傾斜が強くなる辺りでまたスキーを担ぎ、マヤクボ沢出合あたりでアイゼンを付けて、扇沢の登山口から4時間半以上かかってようやく針ノ木峠に到着!峠に着く手前あたりでガスが晴れるようになって、うっすらと槍ヶ岳も望むことができました(^o^)ノちなみに、登りの途中で結構な数の下りのスキーヤーや登山者とすれ違いましたな!やはり人気のコースですな!
 風も弱くて、30分以上針ノ木峠で休憩して、ガスが晴れた針ノ木雪渓を滑降!登山道に戻るあたりまで24分でした。このまま沢通しに下って行くパーティがいたので、下ろうとしたらすぐに水線が迫り籔もあって、スキーを担いでいると微妙な感じで、ここは穏健に登山道に戻って大沢小屋から夏道を外れて沢沿いのコースを下りました。

扇沢第二無料駐車場(1435)936→941扇沢無料駐車場(1455)→947登山口(1485)(1425とする)954→1000車道に出る(1455)→1001車道を外れる(1460)→1005車道を横切る(1480)→1010車道を横切る(1505)→1018車道に出る(1535)→1020案内板・登山道に入る(1540)→1025水場(?)→1032小沢(?)→1047「ブナ林」(1630)→1051「湧き水」(1625)→1101雪渓を横切る(1645)→1110大沢小屋(1680)
1116→1129登山道を外れる(1735)→1130雪渓に降りる・シール歩行開始(1735-1740)1140→1224スキーを担ぐ(1980-1985)1233→1318アイゼン装着(2240-2245)1334→1432針ノ木峠2536m(2525)
(2535とする)1509→1516マヤクボ雪渓出合(2245)1518→1533登山道入口(1755)→1533スキーを担ぐ(1750-1755)1545→1548引き返し地点(1740)→1550スキーを担いだ地点(1750)→1550登山道入口(1760)→1559大沢小屋(1705-1700)
1600→1603雪渓に降りる(1680)→1630車道に出る(1525)→1632車道を外れる(?)→1635車道に出る(?)→1636車道を外れる(?)→1640扇沢登山口(1460)→1647扇沢無料駐車場(?)→1652扇沢第二無料駐車場(1405)

Dsc020952

Dsc021552

Dsc021652

Dsc021662

Dsc021772

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20160514位ヶ原山荘←→乗鞍岳剣ヶ峰

 5/14は9:40発の2便目の春山バスで乗鞍観光センターから位ヶ原山荘まで行きました。やはり人気の乗鞍岳、結構な数のスキーヤー、ボーダー、登山者がいました。行きはバス2台、帰りの15:34発最終バスは3台出てました。
 位ヶ原山荘の少し先からシール登行開始、何とかうまい具合に雪が繋がっていて、蚕玉岳までスキー外すことなく登ることができました。蚕玉岳頂上にスキーをデポして、剣ヶ峰を往復、戻ってきて少し休んでから滑降開始!ゆるゆる滑っても蚕玉岳から位ヶ原山荘近くの登山口まで18分でした!

位ヶ原山荘前(2355とする)1034→1037登山口(2360-2365)1039→1059急登の上(2460)→1108急登出前(2495)→1131車道(2620)→1203rest・肩ノ小屋付近(2735-2740)1212→1302朝日岳蚕玉岳鞍部(2930-2925)1304→1312蚕玉岳(2955)1324→1336剣ヶ峰(3000)
(3025とする)1402→1409蚕玉岳(2980)1429→1430朝日岳蚕玉岳鞍部(2955)→1436大雪渓・肩ノ小屋口付近の車道(2625)→1438慰霊碑(2590)→1447登山口(2385)1450→1454位ヶ原山荘前(2375)

Dsc020582

Dsc020672

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20160513猿倉←→小日向ノコル

 GWの次の週末、金曜日に休みを貰って、北アルプスでBC×3を楽しんできました!天気はまずまずでしたが、山ではスッキリは晴れず、遠望はききませんでした・・・でも、比較的静かな北アルプスでのBCスキーを楽しむことができましたです(^_^)v

コース:
5/13 猿倉駐車場←→小日向ノコル
5/14 位ヶ原山荘←→乗鞍岳剣ヶ峰
5/15 扇沢←→針ノ木峠

 5/13は当初は鑓温泉まで行きたかったけど、出発が10時半頃になってしまい、小日向ノコルまでとなりました。夏道が雪に隠れた1400-1450m付近からは籔がうっとしく、ルートが分かりにくかった。ずっとスキーを担いで、シール歩行を始めたのは猿倉台地から左方向(南方向)にトラバースする途中からでした。小日向ノコルまでは何とかシールで登りました。小日向ノコルで休んでいると、朝5時に出発して、鑓温泉まで行って帰りの途中の女性単独行者がやってきたけど、この日出会った唯一の登山者でした。猿倉駐車場には結構車はあったので、多くの人は大雪渓の方に行ったのしょう!帰路は籔がうっとしくなる約1480m付近からスキーを担ぎました。ルートが分かりにくかったけど、どうにか水芭蕉平に戻り、夏道に復帰することができましたです!

猿倉駐車場(1235とする)1024→1027猿倉バス停・猿倉荘(1245)1037→1045林道(1290)→1051鑓温泉分岐(1315)→1124水芭蕉平約1455m(1450)→1208左へ移動(1585)→1216シール歩行開始(1605-1600)1226→1317小日向ノコル(1815)
(1825とする)1425→1437「左へ移動」地点(?)→1441スキーを外して移動(1555)→1448スキーを外した段差(1530)→1500スキーを担ぐ(1495)1506→1521水芭蕉平(1465)→1528夏道(1465)→1542鑓温泉分岐・林道(1335)→1545林道外れる(1305)→1553猿倉荘(1260)→1556猿倉駐車場(1255)

Dsc019782

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/01

20160429-0501GWの槍ヶ岳(上高地・槍沢から往復、テント泊)

20160429-0501GWの槍ヶ岳(上高地・槍沢から往復、テント泊)
2016年GWの前半は北アルプスの槍ヶ岳に行ってきました!
コースは上高地→ババ平・槍沢キャンプ指定地(幕営)→槍ヶ岳・大喰岳→ババ平・槍沢キャンプ指定地(幕営)→上高地、という往復コース!
うまい具合に晴れている間に頂上に辿り着けて良かった(^_^)
下山はガス&強風の中、吹雪の様相でしたな!テントに帰ってからも翌朝まで雪or雨or霰って感じで、テント場でも新雪が少し積もりましたです!
しかし、久々の重荷にはかなりへこたれた・・・(>_<)
今度槍沢に行く時は小屋泊まりでスキーを持って行きたいもんです(^○^)

Dsc015532

Dsc015672

Dsc015822

Dsc016902

Dsc016342

Dsc016422

Dsc016462

Dsc016842

Dsc016852

Dsc016912

Dsc017002


Dsc017172

Dsc017312

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/06

20150906笠ヶ岳

20150906笠ヶ岳
20150906笠ヶ岳
今日は笠ヶ岳!
頂上はガスが行ったり来たりでしたぁ…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/09/05

20150905奥丸山

20150905奥丸山
20150905奥丸山
20150905奥丸山
20150905奥丸山
槍から穂高、笠ヶ岳から双六が綺麗に見えてます\(^o^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20150905南岳小屋付近

20150905南岳小屋付近
大キレットの下り口付近にある「ブタ岩」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20150905天狗原

20150905天狗原
逆さ槍が素晴らしいっす!

【以下追記】
今回のコースは、
15/9/4三郷スカイラインゲート→鍋冠山→大滝山→蝶ヶ岳→横尾山荘(泊)
15/9/5横尾山荘→槍沢ロッジ→天狗原→南岳→南岳新道→槍平→奥丸山→ワサビ平小屋(泊)
15/9/6ワサビ平小屋→笠新道→抜戸岳→笠ヶ岳→笠新道→新穂高温泉
という、北アルプス南部を横断する感じのものでした。
初日はガスガス、2日目は大快晴\(^o^)/、3日目は雨という目まぐるしく変わる天気でした。
3日目は当初はクリヤ谷を下る予定でしたが、雨が続く予報で、小屋の方の意見を素直に聞いて笠新道を往復するコースに変更しましたです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/09

20150807〜09 槍穂高縦走

20150807〜09<br />
 槍穂高縦走
20150807〜09<br />
 槍穂高縦走
20150807〜09<br />
 槍穂高縦走
20150807〜09<br />
 槍穂高縦走
8/7〜8/9は上高地から槍穂高を縦走してきましたぁ(o^o^o)
天気はめっちゃ良くて、初日の槍沢の登りは熱中症になりかけてましたぁ(*_*)
14回目の槍ヶ岳、7回目の大キレット、9回目の奥穂高岳、やはり何回来てもいいもんですな(^O^)/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015/04/26

20150424-0426立山界隈BCスキー

 2015年の4月下旬、アルペンルートが開通した週末の次の週末に金曜日に休みをもらって、立山界隈にBCスキーに行ってきました!
 雷鳥沢のキャンプ場をベースとして、初日は設営と雷鳥沢滑降。2日目は池ノ平山を目指すも時間切れで標高約2290m付近で敗退、でも、池ノ平山の斜面は全く貸し切りで素晴らしかった。3日目は大走りコースの尾根を滑降して撤収。
3日間とも最高の天気\(^o^)/春スキーを堪能してきましたです!

20150424(金)所要時間5h10m,実働時間2h43m
室堂(2430とする)954→1006みくりが池温泉(2405)→1022雷鳥荘(2375)→1031雷鳥沢キャンプ場(2275-2290)
1205→1349剣御前小屋(2790)1434→1437滑降開始地点(2760)1445→1459滑降終了地点(2295)→1504雷鳥沢キャンプ場(2305)
休憩時間=94,45,8=2h27m

20150425(土)所要時間16h02m,実働時間12h33m
雷鳥沢キャンプ場(2320)(2280とする)340→530剣御前小屋(2765)545→559剣沢小屋分岐付近(2465)→609武蔵谷出合(2195)→612平蔵谷出合(2100)→618長次郎谷出合(1930)→622別山沢出合(1855-1850)624→627真砂沢出合(1765)631→702剣沢二股(1580)
725→748三ノ窓谷出合(1680)→829小窓谷出合(1810)832→852約1885m二俣(1895)901→919平ノ池(1980)922→935尾根に乗る(2040)→1101約2290m引き返し地点(2290)
1138→1148平ノ池(1975-1980)1153→1155約1885m二俣(1900-1895)1156→1200小窓谷出合(1805)→1209三ノ窓谷出合(1675)1211→1214剣沢二股(1575-1580)
1215→1221rest・シール装着(15951590)1254→1319ハシゴ谷出合(1640)→1359真砂沢出合(1765)→1417別山沢出合(1850)1445→1507長次郎谷出合(?)→1541平蔵谷出合(2100-2105)1551→1708rest(2415-2410)1724→1847剣御前小屋(2750-2755)1857→1901滑降開始地点(2730)1906→1933滑降終了地点(2260)1935→1942雷鳥沢キャンプ場(2275)
休憩時間=15,2,4;23,3,9,3;37,5,1,2;1,33,28,10,16;10,5,2=3h29m

20150426(日)所要時間8h39m,実働時間5h50m
雷鳥沢キャンプ場(2255)(2280とする)615→803別山乗越(2750)→832P(2825)→835巻道分岐(2815)→850別山南峰(2865)851→902別山北峰(2875-2855)
951→959別山南峰(2855-2860)1009→1047巻道分岐(2790-2795)→1101巻道合流点(2835)→1104大走りコース分岐(2840-2835)1110→1117滑降開始地点(2785)
1159→1203尾根右折地点(2640)→1212滑降終了地点(2260)→1217雷鳥沢キャンプ場(2265)
(2280とする)1318→1348分岐(2325)→1440室堂山荘(2460)→1454室堂(2425)
休憩時間=1,49,10,6;42;61=2h49m

Dsc068282
雷鳥沢の下り!

Dsc068322
雷鳥沢のキャンプ地にて

Dsc068382
雷鳥沢のキャンプ地での朝焼け!

Dsc068442
別山乗越付近からの剱岳

Dsc068632
朝の剣沢を滑降!

Dsc068852
剣沢二俣付近、近藤岩

Dsc068882
三ノ窓雪渓

Dsc068962
目指すは純白の池ノ平山!

Dsc069082
小窓雪渓!

Dsc069372
池ノ平にて

Dsc069622
池ノ平山への登り!

Dsc069892
池ノ平山頂上には時間切れで辿り着けず・・・約2290m引き返し地点より裏劔!

Dsc069982
約2290m引き返し地点から滑る斜面の俯瞰!

Dsc070242
剱岳!

Dsc071162
夕闇せまる頃、ようやく別山乗越に帰還!

Dsc071262
3日目のテント場の朝!

Dsc071452
剱岳m、後立山方面!

Dsc071892
立山!

Dsc072302
大走りコースの俯瞰!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧