2016/03/21

20160321トゥエンティクロス→シェール槍界隈

 春分の日の3連休の最終日は六甲山系のシェール槍に行ってきましたぁ(^_^)コースは、森林植物園→トゥエンティクロス→シェール槍西尾根→シェール槍→シェール槍北尾根→六甲牧場の柵→シェール槍北側の沢→シェール槍→オテルド摩耶、というものでした(^。^)
 風は冷たかったけど、一日快晴で、早春のリハビリハイキングを楽しめましたです(*^_^*)
 シェール槍西尾根、シェール槍北尾根の六甲牧場の柵からシェール槍北側の沢のあたりは踏み跡ほぼ皆無で、短時間ながらプチアドベンチャー気分を楽しめる所でしたです(^。^)
 今回はオテルド摩耶で山行終了、そこでお風呂に入って、バスで下山と相成りましたです(^^ゞ

20160321(月)所要時間3h46m,実働時間3h17m
(プロトレックを忘れて標高は不明)
森林植物園1122→1126登山道入口→1136ヌケ谷道下降点→1146小沢を渡る→1149上着を脱ぐ1150→1157石楠花堰堤→1200トゥエンティクロスに合流→1203八洲嶺堰堤→1212黄連谷石楠花山への分岐→1224桜谷道分岐→1227徳川道分岐→1247八洲嶺第三堰堤→1249マムシ谷・カワウソ池への分岐→1258林道に出る→1305シェール槍西尾根取付
1318→1332約635mコブ→1333コンクリートと針金の境界→1338シェール槍約645mP
1340→1350約665mP→1353六甲牧場の柵→1358堰堤の下→1404堰堤の上→1409コンクリートと針金の境界→1417尾根に登り着く1418→1419シェール槍北尾根約640m→1420シェール槍約645mP
1422→1428シェール槍登山口→1431穂高湖下の休憩所1438→1446奥摩耶ドライブウェイ→1451アゴニー坂入口→1508オテルド摩耶

201603212
シェール槍を巡る今回のコース!

Dsc013792
シェール槍西尾根の取付き!

Dsc013852
シェール槍より穂高湖方面!

Dsc013872
地面に置かれていた道標!

Dsc013892
六甲山牧場の柵!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/10

20151010六甲山行:黒岩西尾根北支尾根、シェール槍北側の沢

20151010
 10/10の土曜日は、4ヶ月振りに六甲山に行ってきました!
 今回のコースは、森林植物園→ヌケ谷→トゥエンティクロス→黒岩西尾根北支尾根→黒岩尾根→摩耶山掬星台→シェール槍→シェール槍北側の沢→オテルド摩耶、というものでした!
 天候は曇やったけど、却って暑くなくて楽でした!黒岩尾根西尾根北支尾根、シェール槍北側の沢は踏み跡程度で一部籔でしたが、そんなに長いコースではなく、踏破することができましたです!
 尚、この山行にあたって、「Tokiwaの山歩記」「六甲山やまある記」を参考にさせていただきました。この場を借りて感謝感謝

20101218ハーブ園東尾根・黒岩西尾根・二十渉第三堰堤南尾根
20110325黒岩尾根枝道・八洲嶺第二堰堤南尾根・新穂高
20131123トエンティクロス・黒岩西尾根・青谷道
20110109黒岩西尾根・布引ハーブ園東尾根
20110205桜谷北尾根・二十渉第三堰堤南尾根

 茨木市駅から十三、高速神戸、新開地で乗り換えて、北鈴蘭台駅に到着、森林植物園行きの無料送迎バスに乗ったが、結構な人数でほぼ座席は一杯な感じだった!
 約10分で森林植物園正門前のバス停に到着!森林植物園の外側にはトイレは無かった。身繕いをして、出発!まずは車道歩き。
 しばらく行くと思いのほか早くに登山道入り口に到着!しばらくは車道に概ね沿った道、予定していた登山口からは車道を離れてヌケ谷道を下っていった!
 約125m下ってトゥエンティクロスに合流!少し下流に進んだところで左岸に橋で渡り、そのあたりから仮称「黒岩尾根西尾根北支尾根」を登り始めた。よく見ると橋の袂から笹に埋もれかけた踏み跡が登って行っていた!少し登った所に掘立小屋の残骸のようなのがあった。しばらくは踏み跡を登って行ったが、尾根上に直には越えられない岩が出てくると、踏み跡は不明瞭になり、籔っぽくなってきた。岩はどれも右側を通過したが、籔がうっとしかった。
 そうこうする内に約450mで明瞭な踏み跡に合流!この踏み跡は、119プレート「ち27-9」あたりから登ってきている踏み跡=黒岩西尾根と思われた。
 ここからは踏み跡がはっきりし、籔もなく歩くことができた!
 順調に登り、「78」の標柱のあるピークに到着!ここを左折すると黒岩尾根の枝道か?今回は右折した。2分程でベンチが二つあり、正面の展望が開けた。ここが、二十渉第三堰堤南尾根の下降開始地点であろう。
 更に進むとすぐに黒岩尾根の登山道に合流した。「119ばんつうほうプレートち50-1」の案内標柱と汚れた案内板と「P80」の小さい標柱がある所!しばし休憩して、黒岩尾根の登山道を登り、掬星台にいった。
 黒岩尾根では誰にも遭わなかったが、掬星台近くまで行くと人が多い!CAFE702でカレーライスの昼食、\650.
 昼食後は、車道を進み、アゴニー坂が下り着く地点のすぐ手前から車道を外れて下って行き、徳川道の分岐点の十字路を直進していくと、シェール道の林道に出た。
 シェール道を右折し、穂高砂防ダムを越えるとすぐにシェール槍への分岐点。団体ハイカーが何班にも分かれてやってきているようだった。
 しばし休憩後、シェール槍に登り、展望を少し楽しんで、記念写真を撮ってもらって、シェール槍西尾根に偵察。
 シェール槍頂上から西方のコブまでは何とか踏み跡らしきものがあったが、その先は急な下りとなり、踏み跡もわからなくなり、そのまま下って行けばシェール道に出るとは思われたが無理はせず、今回は引き返した。
 シェール槍西方のコブから少し下った鞍部からはコンクリート製の杭が連なっていて、針金で杭が繋げられており、杭と針金に沿って北側の沢に向かって下ることとした。途中、下方に向かって右方に杭は続いていたが、そのまま真っすぐ下ると国土地理院地図の約590m付近の堰堤に下り着いた。
 堰堤から慎重に下って、沢沿いに下っていくと、もう一個堰堤があり、そのすぐ下方でシェール道の林道に出ることができた。
 シェール道の林道を少し登って、元の道を戻り、車道に出て摩耶ロッジ前バス停まで戻って少し登って、オテルド摩耶に到着!本日の山行はここで終了。風呂+ビール+おつまみのセット\1000で汗を流して、プチに打ち上げして、16:01のバスで阪急六甲駅に出て帰宅と相成りました!
 次回、行く時は、藪漕ぎになると思うけどシェール槍西尾根を登ってみたいもんです(^_^)

2015/10/10森林植物園→黒岩尾根西尾根北支尾根→黒岩尾根→掬星台→シェール槍→オテルド摩耶
所要時間4h54m、実働時間3h56m
森林植物園正門(445とする)920→924登山道入口(455)→934ヌケ谷道下降点(475)→950石楠花堰堤(380)→953トゥエンティクロスに合流(365)→956黒岩西尾根北支尾根取付(360)→1015黒岩西尾根に合流(455)→1044「78」のP(620)→1046ベンチ(615)→1048黒岩尾根に合流(620)
1053→1056ベンチ(615)→1102約585m鞍部(585)→1114桜谷西尾根下降点(650)→1117アドベンチャールート&地蔵谷分岐(645)→1127ベンチ・桜谷道分岐(?)→1128広場(690)→1135掬星台約685m\650(695)
1216→1235車道外れる(640)→1240徳川道分岐(615)→1246シェール道の林道に出る(590)→1247穂高砂防ダム手前の分岐(590)→1250シェール槍分岐(615)1255→1304シェール槍約645mP(660)
1307→1321シェール槍西尾根の引き返し地点(640)→1322コンクリートの杭・下降開始地点(635)→1326コンクリートの杭から離れる(610)→1328堰堤(600)1332→1338シェール道の林道に出る(570)→1343シェール道から外れる(585)→1351徳川道分岐(610)→1357車道に出る(645)→1412摩耶ロッジ前バス停(670)→1414オテルド摩耶(690)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/21

20150321大月地獄谷→仮称・天狗岩駅東尾根

*阪急茨木市駅818発の準急に乗って出発!阪急岡本駅には900着だった。
*国道2号線沿いにあるJR本山駅前バス停で集合!この日の山行は3名パーティだった。
*神戸市バス31系統に乗って、渦森橋バス停で下車、\220。
*春分の日=お彼岸の中日であり、霊園に行くのに渦森橋バス停で降りる人が多かったが、登山者はいなかった。
*身繕いをして、0952に出発。取り付きに行くまで前に赤い大きめのザックを担いだ男性単独行者がいたけど、どのコースに行ったかは不明・・・
*最初のヘアピンカーブの所から、登山道に入った。
*最初の堰堤の荒神山第二堰堤で、ヘルメットを装着した。
*越えた堰堤と滝は、
  荒神山第二堰堤:左岸を越える
  石組みの堰堤:左岸側を越える、梯子は消失、倒木を足場に越える
  A-2
  荒神山第三堰堤:右岸側を越える
  荒神山第四堰堤:左岸側を越える、大西谷二俣手前
    この手前で男性に、2014/8月の大雨で非常に谷が荒れていて危険、とえらい脅された!
  紅葉谷堰堤:右岸側を越える、ガードレールあり
  紅葉谷第四堰堤
  紅葉谷第二堰堤
  F0紅葉滝:左岸側に残置ロープ
  ステップのある堰堤:右岸にステップ、下はシャワー的
  鋼製堰堤:そのまま通過
  F1地獄大滝:右岸側に巻道
  F2:左岸側に残置ロープ
  D1:右岸にステップ、ここから仮称・天狗岩駅東尾根にエスケープした
  D2:左岸にステップ、上流側に池も簡単に通過
  D3:左岸にステップ、上流側に池、敗退
*D3の上流側は、池になっていて、3日前から2日前にかけての雨の影響か、ほんの2~3mの距離やけど、水は深くて、水に浸かるというよりは泳がないと突破できない状況となっていて、あえなく敗退・・・(>_<)
*左岸側の斜面を登って石切道に這い上がろうかとも思ったけど、崖で到底無理!ということで、登って来た道を引き返し始めた。
*砂防ダムを二つ戻って、D1を右岸から越えるが、右岸側は斜面が緩く、すぐに天狗岩駅跡から伸びる尾根に登れそうであり、この尾根=仮称・天狗岩駅東尾根を登ることとした!
*テープの目印があり、踏み跡もある!
*すぐに尾根に登り着くと露岩が2つ!結構景色が良い!
*露岩からは踏み跡もはっきりして、テープ目印も結構あり、踏み跡に従って、登っていく!
*最初は急斜面を左方に向かってトラバースして登っていく感じ!
*九十九折れしながら、尾根に登り着くと、更に踏み跡は明瞭となった!
*更に急登すると小平地、ここで小休止。笹が出てきて頂上部が近いことがわかる!
*ドライブウェイの車やバイクの音が近づいてくると、不意に前方に建物が現れた!旧・ロープウェイ天狗岩駅!平成16年に廃止されたとのこと!ここからは林道歩き。
*六甲ガーデンテラスに行く予定やったので、右に登る階段を登ると、OKANO邸跡地!ここで休憩して、荷物を整理!
*少し登山道を進み、下ると舗装道に出て、左折して登っていくと、旧・六甲オリエンタルホテル!そこで、トライブウェイに出て、左折していくと、本来飛び出すはずだったみよし観音像!
*そこから一登りで六甲ガーデンテラスに到着!フードテラスで昼食&デザートタイム(●^o^●)
*1名が帰宅を急ぐとのことであり、今回はここで山行終了!下山は当初は五助尾根を下る予定だったが、バスとケーブルとバスで下山することとした!
*ということで、フードテラスでプチに打ち上げ!(^^)!私は六甲おろしうどんとはちみつソフトクリームを食した(^◇^)
*バスで六甲ケーブル山上駅に出て、緑のケーブルカーで下り、市バスで、2名は阪急六甲駅で下車して帰宅と相成った。もう1名はJR六甲道駅まで行った。

20150321(土)所要時間4h26m、実働時間3h35m
渦森橋バス停(210とする)952→1001最初のヘアピンカーブ(265)→1005荒神山第二堰堤・ヘルメット装着(285)1006→1016石組の堰堤(?)→1017対岸に階段(?)→1020A2(?)→1030荒神山第三堰堤(325)→1040荒神山第四堰堤手前(335)1042→1045荒神山第四堰堤(350)→1104紅葉谷堰堤・ガードレールのある堰堤(?)→1113紅葉谷第四砂防ダム(?)→1126紅葉谷第二砂防ダム(445)→1129A5(445)→1137F0(紅葉滝)下(465)→1142シャワーな堰堤下(?)→1145鋼製堰堤(490)→1146A6(?)→1148地獄大滝の手前(500)1210→1214F2手前(?)→1219D1下(540)→1220D1(?)→1224D2(?)→1228D3(595-600)
1244→12??D2(?)→1254D1(555-560)
1258→1306露岩×2(590)→1308パイプと木の橋(?)→1316尾根に乗る(640)→1327小rest(705)1330→1337天狗岩駅跡下(755)→1339天狗岩駅跡入口(765)
→1344OKANO邸跡地(780)1347→1350車道(780)→1352三叉路(790)→1408みよし観音(855)→1418六甲ガーデンテラス・フードテラス(900)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/21

20141221(日)有馬三山→六甲最高峰→魚屋道

 2014年の山納めは、ドタキャン者がいたりして、結局総勢6名で六甲山に行ってきました。コースは、有馬温泉→有馬三山→極楽茶屋跡→六甲最高峰→魚屋道→有馬温泉、というものでした。雪は無く、天気もまずまずで、冬枯れの低山歩きを楽しむことができました!

*有馬温泉までは、今回は梅田からの直通バスを利用した。片道1370円。
*有馬温泉の阪急バスセンターで10時過ぎに待ち合わせ、トイレ等を済ませて、バスセンターの向かいの登山口から1017に出発!
*ゆっくり登り始めて妙見寺に約30分で到着!風は冷たいけど良い天気!妙見寺のすぐ先に落葉山の標柱があった!まずは有馬三山の一座目(^_^)
*落葉山から下り、高丸山尾根有野団地への分岐、鞍部の有馬温泉への分岐を過ぎるとまた登り!
*落葉山から約30分で二座目の灰形山に到着!しばし休憩!
*下って、地図の案内板がある鞍部の分岐過ぎるとまた登り!
*鞍部から約30分の登りで三座目の湯槽谷山に到着!ここでも小休憩。
*下りきった鞍部は湯槽谷道分岐。ここから縦走路への登りが始まる!登りがきつくなるとメンバーの発語数がテキメンに減るところが興味深かった(~o~)
*三角点を過ぎ、有馬ロープウェイの鉄塔を過ぎ、黙々とひたすら登っていくと稜線を越えて、少し下ると極楽茶屋跡の車道に到着!紅葉谷道は通行禁止となっていた!
*極楽茶屋跡からは登山道ではなく車道を車に注意しつつ徒競争的に速歩き、最高峰手前から登山道に入る。登山道に入っての登りで、堀井くんの脚が攣ってしまった!
*登山口から3:34かかってやっとこさ六甲最高峰に到着!休憩するには寒いし、一軒茶屋に入るべく、記念写真を撮ったらすぐに下り始めた。
*最高峰周辺も含めて、この日は雪は皆無だった!
*一軒茶屋で昼食タイム!西村はきつねうどんを注文、\500。テルモスのホットココアとともに冬場のハイキングには重宝します!
*一軒茶屋で約40分休憩して下山開始!当初の計画では瑞宝寺谷西尾根を下る予定だったが、穏健に魚屋道を下ることとした。
*少し下った所の白石谷分岐にも柵が作られてて通行止め状態!
*筆屋道分岐、休憩舎、炭屋道分岐と順調に過ぎて下って行き、一軒茶屋から1:11で登山口に下り着いた。
*ここからは温泉街の下り、10分チョイで金の湯に到着、ここで本日の山行は終了と相成りました!
*かなり芋の煮っ転がし状態だった金の湯で汗を流し(\650)、グリル六甲で夕食&打ち上げタイム。1日20食限定の六甲カレー\1500はなかなか美味しかった(●^o^●)
*阪急バスセンターに戻り、行きと同じく梅田直通バス1840発に乗り、1935に梅田到着!1950発の阪急に乗り、2007に茨木市駅に到着しましたっす。

20141221(日)所要時間5h45m,実働時間4h44m,コースタイムhm
有馬温泉(375とする)1017→1046妙見寺(545)1049→1050落葉山(?)→1052高丸山尾根有野団地への分岐(?)→1055鞍部・有馬温泉への分岐(500)→1120灰形山619mP(645-640)1127→1135鞍部・分岐(585)→1205湯槽谷山801mP(830)(800とする)1211→1223鞍部・湯槽谷道分岐(690)→1233三角点(750)→1239ロープウェイの鉄塔(730)→1310最高点(?)→1313車道(880)
1316→1341六甲最高峰の登り口(895)→1351六甲最高峰(945-950)1354→1400一軒茶屋(895-890)
1439→1443白石谷分岐(?)→1517筆屋道分岐(640)→1519休憩舎(630)→1523炭屋道分岐(625)→1550登山口(425)→1602金の湯(365)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/04/12

20140412六甲山

4/12の土曜日、六甲山にきています!総勢6人で鵯越駅から宝塚を目指しますo(^-^)o果たして顛末は如何に(o^o^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/04/06

20140406六甲山3分の2縦走:神鉄鵯越駅→ナチュールスパ宝塚

 4/6の日曜日は六甲山に行ってきました!神鉄鵯越駅から六甲全山縦走路を辿り、宝塚までというコースでした!
 4月やというのにメッチャ寒くて、冬な感じ!菊水山の下りで雹か霰かが降るし、頂上付近では少しだけやけど雪が残ってましたな!とても4月の六甲山とは思えん寒の戻りでした!
 1145に鵯越駅を出て、最後は暗くなるのと競争で、1905に宝塚到着!一昨年は7時間かからんかったけど、途中から結構へばって、今回は7時間20分かかっちゃいました!このペースなら全山縦走なら11~12時間はかかりそうですな・・・
 下山後は、宝塚温泉「ナチュールスパ宝塚」で冷えた体を暖めて汗を流して、帰宅と相成りましたです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/07

20130707オテルド摩耶東尾根

Dsc081682
 6/23のランニング大会で左ふくらはぎの肉離れを再発して、2週間休養(>_<)良くなってきたので、摩耶山界隈にリハビリハイクに行ってきました!が、おりからの猛暑に最初からバテバテ・・・足の調子はまぁまぁって感じでしたが、暑さに相当弱い自分を再認識してしまいましたです・・・(*_*)
 今回のコースは、五毛バス停→杣谷約405m二俣→仮称・オテルド摩耶東尾根(木ノ袋谷右岸尾根or木ノ袋谷南尾根)→摩耶山石舞台(旧・岩の丘)→オテルド摩耶、ここで先に進む元気は無く、風呂に入ってビールで乾杯して、というショートコースになっちゃいましたです(^^ゞ
 オテルド摩耶東尾根は2009/07/052009/11/152009/12/26に続いて3年半ぶり4回目でしたが、以前に来た時より急で岩場が多いように感じたのは、やはり暑さのせい???約405m二俣から尾根に取りつくまでが核心部!ルンゼ状の沢を渡る時に、岩が剥がれて右手首に擦り傷!まるでリストカットみたいになっちゃいましたです(+o+)最後、オテルド摩耶の屋外ジャグジー前に登りついた時には、やはり思わず飛び込みたくなりますな(^◇^)
 風呂&ビール後は爆睡しつつバスで下山して、阪急六甲駅で蕎麦食ってコーヒータイムして帰宅と相成りましたです(^O^)
 ちなみに、久々に杣谷に来たら、登り始めて堰堤を越えて川床に下りる所が、道が崩壊したのか、迂回路になってましたです!

20130707(日)所要時間3h16m,実働時間2h35m
五毛バス停(80とする)1002→1020登山口(155-160)1021→1031山寺尾根分岐(200)→1033沢床に下りつく(?)→1059二連の砂防ダム(325)1101→1109バイクポイント(?)→1115摩耶第三砂防ダム(?)→1119約405m二俣(390)(405とする)1132→ケガタイム含む→1158オテルド摩耶東尾根登り始め(435)→1209約515mコブ手前の小平地(505-510)1220→1231テーブル岩(535)1232→1246 608mコブ(600)→1252rest(630)1257→1305オテルド摩耶屋外ジャグジー前(675)1306→1309一般道に合流(680)→1309摩耶山石舞台(旧・岩の丘)(685-675)1316→1318オテルド摩耶(670)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/14

20130414六甲山:西山谷→油コブシ道

 4/14の日曜日は例年なら芦屋ファンランに行っている日やけど、今年はグズグズしていたら定員に達してしまっていて、不参加・・・ということで、春の六甲山を歩きに行ってきました(^o^)
 今回のコースは、渦森台4丁目バス停→西山谷→油コブシ道→六甲ケーブル山麓駅、というものでした!当初の計画では下山は地獄谷東尾根から六甲アルプスを経て神鉄六甲駅に下山の予定でしたが、まぁ無理はせずに油コブシ道を下る事にしました。!
 今回は、3人パーティ、3時間4分でサンライズドライブウェイに登り着く事ができましたです!
 西山谷は6回目ですが、一番沢沿いに進む事ができたって感じでしたが、やはり滝の番号はよくわかりませんでした・・・今回、西山谷では下ってきたザイルを担いだ男性単独行者に出会ったのみ!静かな沢歩きを楽しめましたです(^◇^)
 油コブシ道はトレラン向けの整備されたハイキングコース!途中、マウンテンバイクのパーティが颯爽と抜かして下って行かはりましたな!この前の日の東六甲縦走路でもすれ違ったし、やはり愛好者人口が増えているのでしょう!
 下山後は、バスで六甲ケーブル山麓駅からJR六甲道駅まで行って、摂津本山駅に戻り、車で来ていたメンバーの車に便乗して、西宮の「鳴尾温泉熊野の郷」まで行って汗を流して、そこのレストランで軽く打ち上げして、阪急武庫之荘駅まで送ってもらって解散と相成りました!

渦森台四丁目(300とする)951→957登山道入口(305)958→1002B-1(?)→→1010千丈谷第二堰堤(335)→1017千丈谷第三堰堤(?)→1021F1手前(360)→1025F3手前(?)→1028F4手前(?)→1032F5手前(400)→1042千丈谷第五堰堤(?)→1048千丈谷第五堰堤の下(420)→1054F6手前→1057F7西山大滝手前(455)
1058→1111千丈谷第四砂防ダム(?)→1114二股(ルートミスあり)(505)1115→1118F10手前(?)→1124千丈谷第六砂防ダム(550)1125→1128F12手前(?)→1130F13手前(?)→1133堰堤(?)→1138堰堤(?)→1143二股(タイムロスあり)(580)1147→1157堰堤(?)→1203ステップのある堰堤(625)1208→12??二股(?)→1217F15ソーメン滝手前(650)
→1226F16手前(660)→1230F17愛情の滝手前(?)→1236F18手前(?)→1247堰堤(?)→1250蟻地獄の堰堤手前(?)→1255サンライズドライブウェイ(750)
1256→1303記念碑台への分岐(760)→1310六甲ケーブル山上駅(760)1320→1323油コブシ道下り口(?)→1339寒天山道分岐(665)→1357きつい道ゆるい道分岐(?)→1418登山口(?)→1428六甲ケーブル山麓駅(275)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/13

20130413六甲山

20130413六甲山
20130413六甲山
4/13土曜日は、凝りもせず、また六甲山に来てます(^.^)b
宝塚を1310に出発して、六甲最高峰を経てガーデンテラスに1606に到着o(^-^)o
これから鵯越駅を目指すけど、果たしてどこまで行けるかいねぇ(o^o^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/07

20130407六甲山:鈴蘭台駅→宝塚

20130407六甲山
20130407六甲山
20130407六甲山
20130407六甲山
STYに向けて、4/7の日曜日は2週続けて六甲山に行って来ました(^-^)
今回は鵯越駅から歩く予定がカメラを電車に忘れて、鈴蘭台駅で回収できたけど遅くなってしまい、菊水山と鍋蓋山はパスして、鈴蘭台駅→再度公園→市ガ原→縦走路→宝塚というコースでした(^^ゞ
天気は回復したけど、風が強くて寒かった(*_*)頂上部では雪がちらついてた(☆。☆)時間が遅かったからか、ガーデンテラスも最高峰も閑散としてて、東六甲縦走路では誰にも会わんかった!
12:45鈴蘭台駅発、18:50ナチュールスパ宝塚着、6:05かかって何とか辿り着けたけど、疲れましたっす(>_<)
もう1回位山に行きたいけど、難しいかも…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧