« 20121020大峰・釈迦ガ岳 | トップページ | 20121025帰宅ラン&天神の湯 »

2012/10/21

20121021大峰・八経ガ岳

10/21の日曜日は27年振りに近畿地方最高峰、大峰の八経ガ岳に登りましたぁ(^.^)V!
秋晴れの快晴でまさに絶景\(^O^)/秋のハイキングを満喫できましたぁ(^^)
下山後は洞川温泉で汗を流しましたぁ(^-^)

【以下追記、覚え書き】
*昨夜の宿泊先の春さくらコテージを4時半頃に出発!熊渡にはたくさんの車が路上駐車!最初何かと思ってしまった!今度来るときは弥山川コースを登ってみたいもの!
*行者還トンネル西口の登山口には5:15に到着!何とか3台車を置くスペースを見つけることができたが、もう少し遅かったらもう少し下った所の駐車場に止めることになりそうだった。
*まだ暗い中、ヘッドランプを点けて5時半頃に出発!奥駆道目指してひたすら登る感じ!
*奥駆出合に着く頃にはすっかり明るくなり、朝日を受けた紅葉が綺麗!
*奥駆出合からはなだらかなアップダウンの道が理源大師像のある聖宝ノ宿跡まで続き、その後は傾斜が増して、木の階段や梯子を越えて、弥山小屋に到着!
*弥山への登りの途中で、ノースフェイスのウィメンズアカデミーの一行とすれ違った。
*弥山小屋のトイレは1回\100の有料トイレ。
*しばし休憩後に出発!下った分+αを登って、快晴の中、八経ヶ岳頂上に到着\(^o^)/27年ぶり3回目である!
*あまりに良い天気で、頂上には50分以上長居してしまったが、団体も含めてた~くさんのハイカーが登って来て降りて行った!やはり近畿地方および大峰山脈の最高峰で日本百名山に一つやし、世界遺産やし、超人気なのだろう!ツアーの中には九州からの団体も居たとのことである!
*相当のんびりして弥山小屋に戻り、弥山頂上まで行って
*八経ヶ岳から弥山小屋に戻る途中と弥山山頂、弥山小屋から聖宝の宿跡への下りで出会った団体のガイドは「登る女」で中山エミリーさん達のガイドをしていた人だった!
*結局2時間チョイかかって全員駐車場に下山!その後は村営洞川温泉センターで汗を流し、レンタカーを返却して、JR五条駅近くのガストでかるく打ち上げ&夕食タイムして、それぞれ帰宅とあいなりました!

20121021(日)所要時間8h14m,実働時間6h13m,コースタイム6h30m
行者還トンネル西口(1100)531→549脱衣タイム(1185)553→643奥駆出合(1490)647→713弁天の森(1585)→743聖宝ノ宿跡・聖宝理源大師像(1545)746→801脱衣タイム(1615)803→828脱衣タイム(1755-60)829→846弥山小屋(1845)
903→936八経ガ岳(1880)(1915とする)1028→1053弥山小屋(1880)1104→1109弥山(1895)1118→1122弥山小屋・國見八方覗(1880)
1138→1217聖宝ノ宿跡・聖宝理源大師像(1580)→1242弁天の森(1620)→1259奥駆出合(1515)1301→1345行者還トンネル西口(1130)
Dsc055432弥山からの八経ヶ岳。左奥に前日登った釈迦ヶ岳が見えています!

|

« 20121020大峰・釈迦ガ岳 | トップページ | 20121025帰宅ラン&天神の湯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92847/55943238

この記事へのトラックバック一覧です: 20121021大峰・八経ガ岳:

« 20121020大峰・釈迦ガ岳 | トップページ | 20121025帰宅ラン&天神の湯 »