« 20100124皇居ラン! | トップページ | 20100131大阪ハーフ&国際女子マラソンの応援! »

2010/01/31

20100130:山初め摩耶山山行:老婆谷東尾根→摩耶東谷源頭部→掬星台→アゴニー坂→杣谷峠→シェール槍→六甲牧場⇒油コブシ道

20100130_3(老婆谷東尾根→水平道→摩耶東谷源頭部)
20100130_2(アゴニー坂→杣谷峠→シェール槍→六甲牧場→奥摩耶ドライブウェイ)
 1/30の土曜日、ようやく2010年の山初めに行くことができました(^^♪今回は総勢10名、コースは「青谷橋バス停→青谷道→老婆谷東尾根→旧摩耶大杉→史蹟公園→水平道→摩耶東谷源頭部→掬星台→アゴニー坂→(尾根道)→杣谷峠→穂高湖→シェール槍→冒険の里シェール槍コース→六甲牧場の柵→奥摩耶ドライブウェイ→六甲牧場、バスで六甲ケーブル山上駅に移動して油コブシ道→六甲ケーブル下バス停」というものでした!
 天候も良く、この時期にしては温かくていい感じで山歩き初めをすることができました(^◇^)

 青谷橋バス停に集合して、9時半過ぎに出発!青谷道をボチボチ歩いて行って行者堂で小休止、青谷道を4分ほど登った広場で青谷道を外れました。旧摩耶大杉直登尾根をトラバースして、老婆谷の支流を渡り、今回の登路の老婆谷東尾根の取り付き地点に到着しました!
Dsc03202この石が青谷道を外れる目印となります!
Dsc032032こんな踏み跡を登ってトラバースして行きます!
Dsc032042旧摩耶大杉直登尾根と老婆谷東尾根との間の沢を渡ります
 どのあたりから取り付くか偵察に更に進むと老婆谷の第9号コンクリート谷止に到着しました。この堰堤は行者堂から行者尾根を越えて老婆谷に入って2つ目に見る堰堤、ということは老婆谷側からも老婆谷東尾根に取り付けるってことになります、って当たり前か(^^ゞ
Dsc03206左岸から見た老婆谷の第9号コンクリート谷止
 老婆谷の第9号コンクリート谷止から少し戻って、適当に尾根筋に登って行きます。尾根上は踏み跡らしきものはほとんどなくケモノ道程度、テープ等の目印も皆無・・・でも藪は薄くてほぼ尾根に忠実に登って行きました。尾根は細めで、登りに使う分には迷いようがないでした。
 急な尾根をひたすら登り、標高450~460mの尾根の傾斜が緩む辺りで一度休憩しました。
Dsc032092Dsc032102休憩後もひたすら樹林の尾根を登ります!
Dsc032132こんな形の岩が尾根上にありました!
Dsc032142青谷道から外れてから50分かかってようやく旧摩耶大杉のに到着!
Dsc032212上野道に出て、史蹟公園への石段を登っているところです。
Dsc032232史蹟公園からは上野道から外れて、山寺尾根への水平道に入りました。
Dsc032242Dsc032252石組みの水路上堰堤の所から摩耶東谷の源頭部を登りました!
Dsc032262樹林の中の急坂をひたすら登りました!
Dsc03230休業中の星の駅に到着、手摺りを越えて登り着きました(^.^)

掬星台で大休止、適宜みんな昼飯タイムでした!
大休止後は杣谷峠に向かいました!アゴニー坂の下りの途中から右側の笹の中の踏み跡に入りました!
Dsc032322背の低い笹の尾根の踏み跡を辿ります。
途中からトラバース道を行きました!
Dsc032332トラバース道の途中にある大岩。ここから踏み跡が下ってましたが、どこに下るんやろー???
木ノ袋谷北東尾根に到着して、右折します。この尾根を下って下山も考えていたけど、時間が早かったので先に進みました。
Dsc032342笹の尾根なおも進みます。
約655mPから北に右折して展望の良いピーク、鉄塔のあるピークから杣谷峠の休憩所の裏側から峠に降りてくるつもりだったけど、約655mPから直進して、まさに峠の切り通しにつながる尾根を辿り最後は沢筋を下って杣谷峠に到着しました!
Dsc03236小休止後。杣谷峠から穂高湖畔に下り、対岸に見えるシェール槍を目指しました!
Dsc03240シェール槍への登り!
Dsc032452シェール槍からの展望
Dsc032512シェール槍から六甲牧場
Dsc032502Dsc032522シェール槍からは往路を戻らず六甲牧場に至る尾根を歩きました!藪と思いきや、まぁまぁの道が付けられていて、歩きやすかった!
Dsc03258Dsc03260テープの目印もありました!
Dsc03253途中に「冒険の里シェール槍コース」という道標が地面に置かれていました!かつてはこういう名称で整備されてた時もあったみたいです!
Dsc03256古いロープが設置されているところもありました!
約665mPと思しきピークからは、東に下る踏み跡もありましたが、六甲牧場の方に行こうと思い北に延びる尾根を進みました。
Dsc03261すると、六甲牧場の柵に突き当りました!ここは右折し柵に沿って道なきコースを進んで行きました。
Dsc03263樹間に六甲牧場が見えました!
Dsc03265ちょっとした尾根を越えて下ると、落葉が積もった広い道に出ました。
Dsc03267そのまま柵沿いに進んでいくとちょっとしたダム湖に突き当たり柵は水没(*_*)やむなく六甲牧場の敷地内を通らせてもらうこととなりました。
Dsc032702沢沿いの広い道を進みました!
Dsc03273古い木橋を二つ渡りました!
Dsc03276ここまで通ってきた道は「せせらぎの道」というらしい!が、ほとんど手入れされている様子は無かったでした・・・
Dsc03285どうにか奥摩耶ドライブウェイに出て、六甲山牧場バス停に到着!あと少しでバスがやってくるということで、バスで六甲ケーブル山上駅まで行きました!
Dsc03286六甲ケーブル山上駅です。
Dsc03291まだ時間があったので、ケーブルでなく、油コブシ道経由で六甲ケーブル下まで下山しました。
Dsc03300車道に出た所の背後にあるのは老人ホームの避難用のスロープ?
Dsc03302下山後はバスでJR六甲道駅に出て、灘温泉六甲道店で汗を流しまし、美人韓六甲口店で宴会のみのメンバーとも合流して新年会&打ち上げでしたぁ(~o~)案の定、途中からYAMAYAMAは爆睡状態でしたぁ(-.-)zzz

老婆谷東尾根は踏み跡もケモノ道程度で、目印も皆無、少なくとも私には発見できなかったですが、登りに使う分には尾根は細目で登り一辺倒で、迷うことは無いでしょう!ただ、下り始めは尾根が不明瞭で難しそう・・・
シェール槍から六甲牧場への尾根には予想に反してまぁしっかりした道があり、テープの目印もあり、「冒険の里 シェール槍」コースという道標もありました!この界隈、結構楽しめそうな気がします(^_^)

20100130(土)所要時間4h49m,実働時間3h35m
青谷橋バス停(100とする)936→943青谷道入口(130)→1014行者堂(335)
1017→1021青谷道から外れる(365)1022→1026沢を渡る(370)→1031老婆谷・第9号コンクリート谷止(?)1033→1047尾根の平坦地・rest(480)1052→1112旧摩耶大杉(615-610)
1113→1116上野道(615)→1118史蹟公園(630)1123→1127水平道入口(625)→1132摩耶東谷源頭部(625)→1149掬星台(715)
(690とする)1227→1244アゴニー坂から外れる(655)→1250木ノ袋谷北東尾根に出る(665)→1251木ノ袋谷北東尾根から外れる(665)1253→1307杣谷峠(610)1310→1312穂高湖(595)1315→1322シェール槍取付き(?)→1328シェール槍(655-650)
1336→1344「冒険の里シェール槍コース」の道標(?)→1346古いロープ(?)→1351六甲牧場の柵(665)→1358溝のある平坦な幅広い道(?)→1400小さな砂防ダムの湖(?)→1407六甲牧場内の整備された歩道に出る(655)→1411奥摩耶ドライブウェイ(670)1414→1425六甲牧場バス停(680)

六甲牧場バス停1438=(バス\290)=1451六甲ケーブル山上駅バス停

20100130(土)所要時間0h58m,実働時間0h57m
1506六甲ケーブル山上駅バス停(745)→1509油コブシ道下降点(745)→1521寒天山道分岐(645)→1524きつい道ゆるい道分岐(625)→1527東屋のある休憩所広場(590)→1533森林管理道分岐(?)→1536きつい道ゆるい道分岐(?)→1539(430)送電鉄塔1540→1555登山口(290)→1604六甲ケーブル下バス停(240)

|

« 20100124皇居ラン! | トップページ | 20100131大阪ハーフ&国際女子マラソンの応援! »

コメント

YAMAYAMAさん、こんばんは。

老婆谷東尾根歩かれたんですね^^
どんな雰囲気でしたか?
東側の摩耶大杉直登尾根を歩いた時に
「西側の尾根も歩けそうだな」と思っていた場所です。

摩耶東谷源頭部は堀がある部分でしょうか?
摩耶東谷の支沢でロープウェイの西側に突き上げていて最終的に観音道になる沢、
ロープウェイから見ると、かなり急のようですが遡行できるんでしょうかね?
この沢の山行記録はまだ発見できていません。

シェール槍には登りましたが
冒険の里シェール槍コースは初耳でした。
また調べてみたいと思います。

投稿: Tokiwa | 2010/02/02 00:12

Tokiwaさん、こんばんわぁ!
老婆谷東尾根は踏み跡も薄くケモノ道程度で、テープ等の目印も皆無!でも尾根は細めで登りに使う分には迷いようがなく、藪もこの時期は薄くて、歩きやすかったでした。旧摩耶大杉直登尾根もそうですが、下りは特に下り始めが難しそうです。

摩耶東谷は仰る通り、石組みの水路があるところです!水路の左岸側を適当に藪を避けて登っていくと、摩耶ケーブル駅に飛び出します!!

摩耶東谷の支沢については、YAMAYAMAは未経験ですが、下記のブログで「摩耶東谷左俣」としてレポがUpされてます。
http://blogs.yahoo.co.jp/gen3_333/58373991.html
途中からは、藪を避けて摩耶ロープウェイの下の尾根から星の駅に登りついたみたいですネ!確かに急そうです・・・

前から、シェール槍から六甲牧場に至る尾根を辿ってみたかったんですが、その真ん中あたりで「冒険の里シェール槍コース」と書かれた道標が置かれていたのです!YAMAYAMAも初めて知りました!しかし、そもそも「冒険の里」ってどこのことなんでしょう???尾根筋には踏み跡もテープの目印もあって歩きやすかったでした。六甲牧場の柵に突き当たってからは柵沿いに東に向かいましたが、踏み跡無し・・・途中で柵がダム湖に沈み、一部六甲牧場の敷地内に入らせてもらってどうにか奥摩耶ドライブウェイに出ることができました!

この界隈はいろいろ楽しめそうな気がしています(^。^)

Tokiwaさんは摩耶東山の西尾根&東尾根を歩いてられたんですネ!また、課題が一つ増えたって感じ、その内に歩いてみたいです!(^^)!

投稿: YAMAYAMA | 2010/02/03 02:29

YAMAYAMAさん、こんばんは^^

老婆谷東尾根は雰囲気が旧摩耶大杉直登尾根に似てそうなので、
この付近を歩く時、コースに組み込んでみたいと思います。

教えて頂いたブログ拝見しました!
ロープウェイ西の支沢はやはり厳しいコースのようですね。
YAMAYAMAさんの歩かれた老婆谷中俣も厳しそうなですが
歩いてみたいコースなので、この2コースはもう少し
調査や下見してからチャレンジしたいと思います。

冒険の里は調べてみると、自然の家関係の施設のようです。
http://www.kobe-sizennoie.com/katudounaiyou.html
今は事故や怪我にうるさいので
使われていないコースなのかも知れませんね。

投稿: Tokiwa | 2010/02/04 00:31

Tokiwaさん、こんばんわぁ!
老婆谷東尾根と旧摩耶大杉直登尾根は確かに似た雰囲気ですねぇ!!

老婆谷中俣も摩耶東谷左俣も等高線を見る限り同じ位急で、沢筋をずっと辿れないから、どのように巻きルートをとるかがポイントって感じですネ!
荒地山界隈の道畔谷中俣も同じ位急な感じがして、一度行ってみたいと思っています!!

「冒険の里」ってのは事前の家関係なんですか!途中、六甲牧場の方に行かずに東の方に行く踏み跡がありましたが、そっちを辿れば、自然の家の辺りに行けたのかも・・・機会があれば、その付近の探索もしてみたいですが、いつになるやら・・・

投稿: YAMAYAMA | 2010/02/04 23:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92847/47442867

この記事へのトラックバック一覧です: 20100130:山初め摩耶山山行:老婆谷東尾根→摩耶東谷源頭部→掬星台→アゴニー坂→杣谷峠→シェール槍→六甲牧場⇒油コブシ道:

« 20100124皇居ラン! | トップページ | 20100131大阪ハーフ&国際女子マラソンの応援! »