« 20090628西滝ヶ谷・水晶谷・極楽渓 | トップページ | 20090718-20別山尾根←→剱岳往復1 »

2009/07/10

20090705オテルド摩耶東尾根→摩耶東谷左俣→旧摩耶大杉直登尾根

20090705200907052 この日は梅雨の合間で雨でなさそうな天気予報だったので、性懲りもなくまた六甲山に歩きに行ってきました(^_^)
 コースは先週行けなかったオテルド摩耶付近から608m標高点を経て杣谷まで東に延びる尾根(オテルド摩耶東尾根あるいは木袋谷右岸尾根あるいは木袋谷南尾根)を下り、摩耶東谷の不動滝の少し上流から西に延びる支流(摩耶東谷左俣)を登り、上野道から青谷道に入り、途中から旧摩耶大杉に行く尾根(旧摩耶大杉直登尾根あるいは老婆谷左岸尾根あるいは老婆谷東尾根)を登り、上野道から掬星台を経てオテルド摩耶までというものでした!
 オテルド摩耶東尾根は下り口は藪っぽかったですが、途中は踏み跡もはっきりしていて、テープの目印も多く、少し岩場もあって楽しい尾根道でした。途中、約635m、約615m、608m、約515mと4つのコブを経て下って行きました。最後の所で6/27で引き返した崩れた沢状というかルンゼみたいな所に出て、浮き石だらけの所をどうにか下って杣谷出ることができました。
 摩耶東谷へは山寺尾根道の途中の石段の所から入り、不動滝の少し上流を右折せず直進して砂防ダムを越えて登って行きました。テープの目印はあるけど踏み跡は不明瞭で、適当に沢沿いに登りました。約415m付近で尾根に出て(この辺は2万5千図でもわかりづらい)、左に少し行って、適当に右に尾根を外れてトラバースしていくと5分程で木に赤ペンキ印のある所に出ます。そこからはテープの目印もあって、徐々に沢も近づき、上野道の約475m鞍部に出ました。
 2008/11/09にここに来た時には、上野道約475m鞍部から下ってきて、約415m地点で尾根に出て、そのまま尾根伝いに摩耶東谷に下り着いたと思われました。
 しばし、休憩後、上野道を登り、青谷道を下り、旧摩耶大杉直登尾根取付、行者堂を過ぎて、岩屋尾根取付まで偵察に行き、また戻ってきて旧摩耶大杉直登尾根取付でまた、休憩しました!この頃からヘリコプターの音がえらくしてたけど、理由は???でした。
 旧摩耶大杉直登尾根は踏み跡も薄く、目印も少ないですが、下草はほとんどなく、とにかく上方へ薄い道型を辿ってひたすら登るという感じでした!標高差約230m、樹林の尾根をひたすら登って、旧摩耶大杉の裏側に登り着きました!左側を回り込んで石組みの所に出て、「これより先は危険につき、通行できません。」という看板の裏側から飛び出したって感じでした!
 上野道まで行き、史蹟公園から摩耶山三角点まで登り、掬星台を経て摩耶ロッジ前バス停に到着、今日の周遊コースはここで終了としました!その後は、オテルド摩耶で風呂に入り(タオル付きで\525)、16:41のバスで阪急六甲道まで出て帰宅とあいなりました!

 今度はオテルド摩耶東尾根を登ってみたいけど、取付きの崩れた沢をどう越えるかが問題っす・・・

20090705(日)所要時間5h19m、実働時間3h36m
摩耶ロッジ前バス停(665とする)・オテルド摩耶(685)956→958分岐(695)→1003ジャグジー前(690)1004→1008テープ目印付ける(670)→1011約635mP(640)→1018分岐(615)1022→1023岩のある約615mP(615)1024→1025分岐(615)→1030 608mP(610)1031→1034岩の右巻き始め(595)1036→1040露岸下端(580)→1043テーブル状の岩(545)1046→1049滑りやすい岩場(530)→1052大岩のある約515m(520)→1102「紐」(445)→1104崩れた沢状手前(430)1108→1116杣谷(400)
1132→1133摩耶第三砂防ダム上(410)1140→1141杣谷道(415)→1143左岸から右岸(385)→1144放置バイク(370)→1149左岸から右岸(345)→1157摩耶砂防ダム下(285)→1204ハチノス谷西尾根取付→1208山寺尾根分岐(215)→1210摩耶東谷分岐(225)→1212深谷砂防ダム上→1218木橋→1226不動滝・分岐(335-340)1254→1255砂防ダム上→1305尾根(425)→1307尾根外れる(425)→1312木に赤ペンキマーク→1314砂防ダム(460)→1315沢横切る(465)→1318上野道約475m鞍部(490-485)1328→青谷道分岐1333(535)→1342旧摩耶大杉直登尾根取付(370-365)1343→1347行者堂(340)→1353岩屋尾根取付(335)→1358行者堂(340)→1402旧摩耶大杉直登尾根取付(365)
1423→1431尾根分岐(435)→1433小鞍部(450)→1439緑のヒモの目印(505)→1440尾根分岐(520)→1445小鞍部(555)→1449旧摩耶大杉(595)1451→1452分岐(595)→1454史蹟公園(615)→1455分岐(615)→1504摩耶山三角点(700)→1507掬星台(690)1509→1515摩耶ロッジ前バス停(665)

Dsc01781今回のスタートは、超楽して標高約665mの摩耶ロッジ前バス停(^^ゞ
Dsc01783あじさいが綺麗!
Dsc01787この道標から岩の丘方面に少し行きます。
Dsc01789Dsc01790ここがオテルド摩耶東尾根の入口!
Dsc01791Dsc01792テープの目印があります。
Dsc01793オテルド摩耶の敷地のすぐ横を通って行きます。
Dsc01794少し下って振り返るとこんな感じ
Dsc01799まっすぐ下らず、尾根に戻る感じで斜上すると、オテルド摩耶の屋外ジャグジーの所に出ました!思わず入ってのんびりしてみたくなります(^_^)
Dsc01797オテルド摩耶東尾根への下り口。最初の数メートルは藪っぽかったですが、踏み跡は概ねはっきりついていました!テープの目印もまずまずありました!
Dsc01802約635mP付近。背の低い笹の樹林帯です。
Dsc01803Dsc01804少し行くと大きな岩がありました!
Dsc01805ちょっとした岩場を下りました。
Dsc01807三叉路。ここは右が正解!
Dsc01808Dsc01809三叉路を左に行くと岩のある約615mPで行き止まりとなります。
Dsc01812掬星台方面
Dsc01813Dsc01814樹林の中の608mP
Dsc01815この岩は上から見て右側を下ったような記憶が・・・(曖昧です(^^ゞ)
Dsc01816山寺尾根
Dsc01817降りてきた道を振り返りました。
Dsc01818掬星台方面
Dsc01821展望の良い岩の上からの景色。岩は上から見て右側を巻いて下りました。
Dsc01823なかなか良い眺めです!
Dsc01826長峰山方面
Dsc01827長峰山とハチノス谷西尾根方面
Dsc01831右側を巻いて下った岩場を振り返りました。
Dsc01832岩が重なる道
Dsc01834下ってきた尾根を振り返りました。
Dsc01836倒木を鋸で切った跡がありました!踏み跡もはっきりしていたし、過去には結構人が通っていたのかも・・・
Dsc01837Dsc01838岩が重なる道
Dsc01839約540m付近にあったテーブル状の岩
Dsc01842大岩のある約515mP
Dsc01843杣谷に向かって急降下する道
Dsc01846目印として残されている(?)ヒモというか電線みたいなものを発見!標高は約440m。ここから左(北)に踏み跡はトラバースして行きました。この地点から右側の谷に向かう踏み跡も分岐していました。
Dsc01847Dsc01848Dsc018496/27に引き返した地点の対岸に到着!崩れたルンゼ状の沢が間にあり、対岸のロープのある場所まで横断するのはかなり危険に思えたので、こちら側を少し下って対岸がなだらかになる所付近で、対岸に渡りました!その下りには浮き石が非常に多く、落石を起こしながらの下り・・・かなりの危険個所でこれがためにこの尾根は他の人には全く薦められないと思いました。
Dsc01851踏み跡の無い樹林の中を下って、どうにか杣谷まで下り着きました。
Dsc01852ルンゼ上の沢の下部には落石がいっぱい・・・
Dsc01854杣谷に下り着いた場所のすぐ下流側は摩耶第三砂防ダムによる池でした!
Dsc01857摩耶第三砂防ダム
Dsc01863オテルド摩耶東尾根の南側の沢の杣谷との合流点は滝となっています。摩耶第三砂防ダム上より撮影しました。
Dsc01865摩耶第三砂防ダム上より
Dsc01872この場所で杣谷道と合流しました。

Dsc01876写真ではわかりにくいけど、杣谷の滝で、シャワークライミングをしているパーティがいました。涼しそう!
Dsc01878杣谷堰堤のすぐ上流側の山寺尾根分岐の道標
Dsc01879摩耶東谷の入口
Dsc01882不動滝
Dsc01887Dsc01888不動滝のすぐ先で、右折せず直進し、摩耶東谷左俣に入って砂防ダムを越えて行きました。踏み跡は薄いけど、それなりにテープの目印がありました。
Dsc01891途中にあった慰霊のプレート
Dsc01893そのまま沢筋を進んで行くと、約415m付近で尾根に出て(ネット情報によると、この尾根を登って行くと虹の駅付近に出るとのこと、虹の駅尾根・忠道尾根という呼び方もあるそうです。)、そこからは2008/11/09に通ったルートでした。少し南に行き、登りとなる手前から尾根を乗っ越す感じで西に山腹を進むと木に赤ペンキのマークがある所に出ました。この先はテープの目印が多く見られました。
Dsc01894Dsc01895途中にあった古い砂防ダム
Dsc01897上野道には約475m鞍部で合流。登ってきたルートを振り返るとこんな感じ。
Dsc01899そばにあった石塔

Dsc01910行者堂
Dsc01913Dsc01916岩屋尾根の取付。ここから旧摩耶大杉直登尾根取付に引き返しました。
Dsc01905旧摩耶大杉直登尾根取付にある道標
Dsc01907この奥に入って行きました!
Dsc01922旧摩耶大杉直登尾根には明瞭な踏み跡はなく、なんとなく道っぽい所をひたすら登って行きました。
Dsc01923約470m付近の小鞍部
Dsc01924緑のヒモの目印
Dsc01925Dsc01927ひたすら登って行きます。
Dsc01928約560m付近の小鞍部
Dsc01929取付から約25分で旧摩耶大杉の裏側に登り着きました!
Dsc01931Dsc01932登り着いた西側から見るとこんな感じ!
Dsc01933通行禁止の立て札。下りはかなりルートファインディングが難しそう・・・
Dsc01936旧摩耶大杉
Dsc01937そばにある説明板
Dsc01941旧摩耶大杉への分岐にあった廃屋は取り壊されて瓦礫の山となっていました!ここにまた何か作られるのでしょうか?
Dsc01943階段を一登りすれば史蹟公園。
Dsc01944あじさいが綺麗!
Dsc01947Dsc01948この前「点の記」を見たこともあったし、久々に摩耶山三角点に行きました!
Dsc01951オテルド摩耶のグラスハウスでブルーベリーヨーグルトソフトクリーム(\350)を食し、風呂に入って今日の山行は終了(^o^)丿

旧摩耶大杉直登尾根の参考URL:http://bansyu.com/0833osugi/osugi.htm

|

« 20090628西滝ヶ谷・水晶谷・極楽渓 | トップページ | 20090718-20別山尾根←→剱岳往復1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92847/45573394

この記事へのトラックバック一覧です: 20090705オテルド摩耶東尾根→摩耶東谷左俣→旧摩耶大杉直登尾根:

« 20090628西滝ヶ谷・水晶谷・極楽渓 | トップページ | 20090718-20別山尾根←→剱岳往復1 »