« 20090607京都チャリティファンラン | トップページ | 「劒岳・点の記」 »

2009/06/20

20090613上落合橋→八丁峠→両神山→作業道→上落合橋

20090613 6/13の土曜日は東京出張のついでに(どちらがついでなのかぁ!)埼玉県の名山両神山を歩いてきました!両神山に行くのは1985年12月下旬以来23年半振り!コースは、上落合橋→八丁峠→八丁尾根→両神山剣ヶ峰→作業道→上落合橋という周遊コースです。梅雨入り後で天気が心配でしたが、当日は晴れ間も見えるような天候で、遠望は利きませんでしたが雨には全く合わず、両神山の岩尾根歩きを楽しむことができました\(^o^)/

 金曜日の夕方、山手線、西武秩父線を乗り継いで終点の西部秩父駅に到着。駅前の蕎麦屋でクルミソバを食べ(\680)、トヨタレンタカーで車を借りました(ヴィッツ、48hrで\14700)。

Dsc01376武甲温泉で汗を流します(割引期間で\500)。この日の夜は近くのコンビニの駐車場で車中泊でした(-_-)zzz

Dsc01379土曜日は始発電車に乗ってきた東京在住の友人と西部秩父駅で待ち合わせ。
Dsc01378西部秩父駅からうっすらと武甲山を見ることができました。

 西部秩父駅から今回の登山口の上落合橋まで移動です。途中、道の駅大滝温泉でトイレ休憩。6/14の日曜日には「三峰マラソン」って大会があるらしい!知っていたら申し込んでたかもです(^_^)
Dsc01382上落合橋登山口のそばの駐車地。他に3台車が置いてありました。
Dsc01385上落合橋登山口。木の梯子を登って取り付きました。
Dsc01387沢沿いの道から滝が見えました!
Dsc01388山腹をジグザグに登るから見降ろしたらこんな感じでした。
Dsc01389八丁峠直下の分岐にあった道標
Dsc01390八丁峠にて。ここの「展望台」(といっても樹林によって全然展望なし!)のベンチで休憩しました!
Dsc013952赤岩尾根方面
Dsc01397Dsc01398注意を喚起する道標
Dsc01399_2Dsc01400_2八丁尾根の最初の鎖場
Dsc01402_2最初のピークから西岳・東岳方面
Dsc01403_2最初のピークから東岳・両神山方面
Dsc01404_2最初のピークから赤岩尾根方面を振り返る
Dsc01408_2最初のピークと行蔵峠との中間付近から左側を見下ろすとこんな感じでした。
Dsc01409_2行蔵峠手前の鎖場。八丁尾根の鎖場で唯一ここだけ鎖の助けを借りました。
Dsc01410_2Dsc01411_2行蔵峠の道標
Dsc01412Dsc01413Dsc01415西岳の道標。ここでも休憩(^.^)
Dsc01414西岳から行蔵峠を振り返る。
Dsc01416西岳直下から東岳・両神山
Dsc01418西岳直下から東岳。なかなか急登そう・・・
Dsc01421Dsc01423西岳からの下りの鎖場
Dsc01425西岳からの下りにあった庇状の岩
Dsc01430Dsc01429西岳・東岳間の鞍部「風穴」。左側から冷風が吹き上げていました!
Dsc01431Dsc01432東岳への登りより西岳からの下りの岩場を振り返る。
Dsc01433東岳への登りの鎖場
Dsc01436途中にある龍頭神社奥社の祠。ここで稜線の北東側の踏み跡(尾ノ内沢からのルート?)に行ってしまいかけて、少しタイムロス(^^ゞ
Dsc01437正しいルートはやせた岩尾根でした!
Dsc01438西岳を振り返る。
Dsc01439東岳に続くやせ尾根
Dsc01441いったん鎖場を下りました。
Dsc01443東岳への鎖場
Dsc01446西岳方面
Dsc01450Dsc01451Dsc01452Dsc01454Dsc01455Dsc01457東岳に向けてさらに鎖場が続きました。
Dsc01458Dsc01459Dsc01463ようやくベンチのある東岳に到着!

 ここでもしばし休憩。ここまで単独行男性、男性3人組、男性2人組とすれ違い、東岳で休んでいる間に男性単独行者が追い抜いていきました!
Dsc01461樹林に覆われた両神山への稜線
Dsc01462稜線の東側の光景はこんな感じでした。
Dsc01465東岳を過ぎると穏やかな樹林の尾根道となります!
Dsc01466頂上直下の鎖場。下りてくるパーティがいました!
Dsc01468Dsc01474Dsc01476Dsc01478Dsc01484Dsc01487登山口から3時間半チョイかかってようやく両神山山頂に到着\(^o^)/
Dsc01479山頂でおやつタイム(*^_^*)
Dsc01485霞んで遠望は×、奥秩父の山々もうっすら見えただけでした・・・
Dsc01488ギザギザの赤岩尾根方面

 30分休憩して下山開始しました!
Dsc01489頂上からすぐに鎖場の下り
Dsc01490頂上を名残を惜しんで振り返りました!
Dsc01491日向大谷への分岐
Dsc01492Dsc01493梵天尾根への分岐、作業道をここから下り始めます。
Dsc01494「通行止め」となっており、ここから先は自己責任です!

 ただ、ルートはしっかりしていました。沢を横切る所で滑りやすい所があり、そこは要注意でした!この時は水が流れていた沢は1ヶ所だけでしたが、雨後は特に注意が必要と感じました。
Dsc01496Dsc01499樹林の中の道を斜めに下って行きます。
Dsc01500ロープが掛けられている所もありました。
Dsc01502滑りやすそうな沢の横断ヶ所
Dsc01506Dsc01508水流のある沢、ここでしばし休憩(^_^)
Dsc01512滑りやすそうな沢の横断ヶ所
Dsc01513尾根に乗って下っていくと車道(落合橋)が見えてきました!
Dsc01515登山口の駐車地と上落合橋
Dsc01516岩に「危険」と書かれています。
Dsc01517車道のすぐ手前
Dsc01520下山口!ここにも「通行止」の表示が・・・
Dsc01521駐車場!車がだいぶん入れ替わっていました!

Dsc01527下山後に寄って汗を流した道の駅にある「両神温泉薬師の湯」(\600)
Dsc01525Dsc01526友人を西武秩父駅で降ろして別れた後に行った「星音の湯」(\700)。23時までやっていて、仮眠室もあって、爆睡してました(-_-)zzz

 この日もコンビニの駐車場で車中泊でした(^_^;)

 翌日は日向大谷から両神山に登るか、二子山に登るかと考えてましたが、目覚ましのセット時間を間違え、予定より遅くに雨音で目が醒め、一気にモチベーションダウン↓ということで、登山はあっさり中止して帰阪とあいなりました(^^ゞ

【参考URL】
20090510:http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-38766.html
20090505:http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-38329.html
20051112-13:http://homepage3.nifty.com/hik/syasin479.html
20031102:http://azoce.sytes.net/ryokami/report/003/index.htm
20030330:http://www.geocities.jp/ryokami3/mr467.html

20090613(土)所要時間5h22m、実働時間3h58m
上落合橋(1145とする=757)759(1150)→847八丁峠(1495)857→907最初の鎖(1545)→915最初のP(1590)→931行蔵峠(1605)→938西岳(1605)949→1007風穴(1415)→1015龍頭神社奥社の祠・ルートミス(1440-35)1021→1048東岳(1650)1101→1130(1710)両神山剣ヶ峰(1725とする)1200→1204日向大谷への分岐(1710)→1206梵天尾根への分岐・「作業道」入口(1695)→1234水流のある沢(1415-20)1248→1256尾根に乗る(1415)→1321上落合橋(1165)

|

« 20090607京都チャリティファンラン | トップページ | 「劒岳・点の記」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92847/45401416

この記事へのトラックバック一覧です: 20090613上落合橋→八丁峠→両神山→作業道→上落合橋:

« 20090607京都チャリティファンラン | トップページ | 「劒岳・点の記」 »