« 20090412第23回芦屋国際ファンラン | トップページ | 20090419西山谷→紅葉谷道 »

2009/04/19

20090418赤子谷中尾根→赤子谷左俣(中・左・中・右)→行者山

20090418
 4/18の土曜日は、翌日六甲山に行く予定でおとなしくしておこうと思っていたけど春の陽気に誘われて六甲山に行ってしましました(^^ゞ4/5に続いて赤子谷界隈を歩いてきました(^.^)今回は一本松バス停→中尾根→左俣中→左俣左→左俣中→左俣右→行者山→行者山東観峰→光ヶ丘北バス停、というコースでした!登って下りてを4回繰り返すというコースでしたが、ツツジも新緑も綺麗で、春の午後の山歩きを楽しめましたです(^O^)/

Dsc00099宝塚からバスに乗って9分、一本松バス停で下車。今日も一本松バス停が出発点です!家を出るのが随分遅くなって、出発は12時をだいぶん過ぎてしまってました(^^ゞ
Dsc00100その内、下山後にビーコンスタジアムでバッティングしてみたいもんです(^.^)
Dsc00107赤子谷右俣と左俣の分岐にある大きなケルン!
Dsc00108右俣への道は尾根を登って行き、中尾根と右俣との分岐に着きます。今日は中俣を登るので左側の尾根道を登って行きました。
Dsc00110Dsc00112Dsc00113Dsc00116樹林の尾根ですが、所々ザレた部分もあってロープが掛けられている所もありました!
Dsc00115山ツツジが綺麗!
Dsc00117Dsc00120Dsc00118Dsc00119手元の高度計で420m地点に展望地!北側の展望良好!
Dsc00123約460mのちょっとした平坦地で尾根の東側(進行方向左側)に道が分岐!どこに行くかは???
Dsc00127約485m地点で右方向から尾根が合流。その尾根にもテープ目印と踏み跡がありました!下って行けば赤子谷右俣に下れるのでしょうか?
Dsc00128約490mこんな看板がありました!
Dsc00133約515mPです!
Dsc00135主稜線上の約525mPの頂上付近にある岩。4/5の時に見た記憶があります!
Dsc00137約525mPから南東にテープ印に沿って下って、このササ籔の中の踏み跡から全山縦走路に出ました!
Dsc00142Dsc00143 Dsc00145ここから下って行きました。
Dsc00149約13分下ると写真の小滝が出てきました!

縦走路から屋買う26分下るとゴルジュの上流側の約250m二股に到着!
Dsc00157約250m二股から赤子谷左俣左俣の入口。
Dsc00160約250m二股から見たゴルジュ。
Dsc00163赤子谷左俣左俣に入ってすぐの滝。テープ目印やロープに従い、右岸を巻きました。
Dsc00165この滝も目印を追って、右岸を巻きました。
Dsc00166こういうテープ目印がいくつもあって助かりました!
Dsc00167更に遡行していきます。
Dsc00168こういうテープ印もありました。
Dsc00170なぜかポリ容器が捨てられたいました!ここの二股は左の方に行きました!
Dsc00178Dsc00176ポリ容器の二俣から数分の登りで、尾根道に飛び出して、しばし休憩。この尾根道は生瀬高台近くから来ている送電鉄塔の巡視路と思われます。
Dsc00185山ツツジと新緑と春の青空が綺麗でした(^O^)
Dsc00186尾根道を登っていくとすぐに巻道になって、また尾根に戻った所に木の枝で塞いである分岐に着きました。
Dsc00187枝を越えて進むと約435mP。更に道は先に下っていたけど、送電鉄塔に行くのかも?
Dsc00190分岐に戻る途中、木々の枝の合間に赤子谷左俣中俣下降点にある送電鉄塔を見ることができました!
Dsc00197Dsc00191縦走路に出てきた所です。
Dsc00201縦走路を西に進み、この分岐を右に登って岩倉山三角点を目指しました。
Dsc00202岩倉山三角点にて!
Dsc00205三角点の石柱は倒れているよう!
Dsc00206縦走路に戻る途中にあった祠と石碑。
Dsc00207再び赤子谷左俣中俣下降点の送電鉄塔に戻ってきました!また、ここから下って行きました!
Dsc00211約275m二俣から赤子谷左俣右俣を見たら、こんな感じ!
Dsc00213こういう小滝がありました。
Dsc00214ロープが掛けられた所もありました。
Dsc00215更に溯ります。
Dsc00218こういうようにテープ目印が付けられていました。後ろにはトラロープが見えています!
Dsc00220約275m二俣から12分、源頭の様相になってきていました。
Dsc00221Dsc00222Dsc00223道形がはっきりしてきたと思ったら、窪地の手前の尾根上の所で道と出合いました!
Dsc00224道の向こう側の窪地!
Dsc00226Dsc00227緩やかに登り、ちょっとした峠状を越えて平坦な道を進むと、トラロープが張ってある譲葉台への分岐点で縦走路に出ました!

縦走路を横切って、ゆずり葉台・行者山方面に下って行きました。
Dsc00234Dsc00231行者山への分岐とそこにある道標
Dsc00232その道標にあった地図
Dsc00238Dsc00239Dsc00240Dsc00241行者山頂上にて
Dsc00242行者山東展望台の道標
Dsc00243Dsc00245Dsc00246Dsc002502行者山東展望台からの眺望は素晴らしかった!
Dsc00252展望台の先で振り返ると、稜線の送電鉄塔と反射板を見ることができました!
Dsc00256Dsc00258Dsc00260行者山東観峰にて
Dsc00261光ヶ丘への分岐にある道標
Dsc00263行者山登り口への分岐点の道標
Dsc00266光ヶ丘の登山口にて
Dsc00267Dsc00268光ヶ丘北バス停にて。ナチュールスパ宝塚までジョギングモードで行こうと思ってたけど、バスがちょうど待っていたので、飛び乗って阪急逆瀬川駅に出ました(^^ゞその後は阪急で宝塚に行って、ナチュールスパ宝塚で汗を流して(\800)、帰宅とあいなりました!

 早くも虫が出てき始めていましたが、山ツツジは結構綺麗やったし、標高の低いところはこれくらいの時期が一番快適という感じでした(^.^)で、今回は、赤子谷中尾根と左俣を登ったり下ったりして、とりあえずはこの界隈の宿題をだいぶん済ませたって感じですが、送電鉄塔を巡る道等、まだまだ未踏破のルートが残っています。また、秋になって涼しくなったら、ボチボチ歩いてみたいものです(^O^)/

20090418(日)所要時間5h23m,実働時間3h30m
一本松バス停(105とする)1225→1228まさよし橋(80)→1232ゲート(115)→1235西宝橋(125)→1235登山口の小橋(130)→1238赤子谷二俣分岐(150)→1242赤子谷中尾根分岐(190)→1307展望地(420)→1312約465m分岐(460-465)1313→1315約485m尾根合流点・分岐(480)1317→1319約495mP(490)→1320約490m鞍部(485)1321→1324約515mP(515)→1326約510m鞍部(505)→1330約525mP(515)→1334縦走路(490)→1336譲葉分岐(470)→1337鉄塔・赤子谷左俣中下降点(475)
1406→1426約275m二俣(285)→1432約250m二俣(250)1434→1456ポリ容器のある二俣・左へ(365)1502→1509尾根道(415)1541→1543分岐(435)→1544約435mP(4??)1545→1547分岐(435)→1550縦走路35(475)1556→1557分岐(480)→1557岩倉山(495-490)1559→1600縦走路に合流(480)→1601鉄塔・赤子谷左俣中下降点(480)
→1618約275m二俣(285)1619→1642窪地手前の尾根上の道(465-470)1644→1650縦走路・譲葉分岐(480)
→1658分岐(365)1700→1701分岐(370)→1705行者山(415)1707→1710行者山東展望台(400)1714→1720行者山東観峰(380-385)1738→1740光ヶ丘分岐(370)1741→1747登山口・車道(235)→1748光ヶ丘北バス停(225)

|

« 20090412第23回芦屋国際ファンラン | トップページ | 20090419西山谷→紅葉谷道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92847/44715699

この記事へのトラックバック一覧です: 20090418赤子谷中尾根→赤子谷左俣(中・左・中・右)→行者山:

« 20090412第23回芦屋国際ファンラン | トップページ | 20090419西山谷→紅葉谷道 »