« 20090403花見ジョギング! | トップページ | 20090412第23回芦屋国際ファンラン »

2009/04/11

20090405赤子谷尾根、赤子谷右股、赤子谷中尾根の西尾根

2009040513200904052 2009年4月最初の日曜日は、また六甲山を歩いてきました!山麓は桜がほぼ満開やったけど、山中はまだまだ春浅きって感じでしたが、春の日差しと風が心地よかったでした(^o^)
(高度計付腕時計を持っていくのを忘れたので、地図の赤線は今まで以上に不正確と思います(^_^ゞ)

Dsc09969家を出るのがかなり遅くなって、11:35の宝塚発有馬方面行のバスに乗り込み、一本松バス停で下車(\220)、今回は一本松バス停がスタート地点です。
Dsc09970バス停の所に「蓬莱峡新橋」という橋があります。
Dsc09971ジョギングモードで3,4分下った所の「まさよし橋」で川を渡ります。
Dsc09972Dsc09973林道入口にあるゲートは左手に少し下った川沿いの道で迂回します。
Dsc09974Dsc09976左側に「西宝橋」を見て、そのすぐ先が登山口の小さな橋!
Dsc09978Dsc09979右岸側の道を登り、砂防ダムを越えて平坦になった所が赤子谷尾根への分岐点。「MPC」って何の略でしょう?
Dsc09980Dsc09981砂防ダムの上流側を左岸に渡った少し行った所が赤子谷尾根取付きでした!
Dsc09982沢上の部分をジグザグに約2分登ると尾根上に出ました!右下から少年野球の掛け声が聞こえてきました!尾根上に出ると左折して登っていきました。
Dsc09983右方向にも道が延びていましたが、行かないように木の枝が置かれていました!
Dsc09986テープ印が結構あり踏み跡もしっかりしている尾根道を登っていくと「三原」と彫られた小さな石柱がありました!
Dsc09988その少し先にも石柱があって、右下に下る踏み跡が分岐していました!
Dsc09989そのまた少し先で尾根上のコブを越えましたが、ここが332mPか?
Dsc09990北東方向の展望が開けた所もありましたが、ほとんどは雑木林の中の尾根道です。
Dsc09992約395mPの東方に「左折点」、道は直角に左折して下ります!直進方向は木の枝で塞いでありました。
Dsc09995少し進むと今度は「右折点」、左折方向は木の枝で塞いでありましたが、踏み跡は続いていました!

 昨年の4/27に歩いた時は逆方向から来てここを直進したのかと思い、あえてこの分岐は左折してみました。
Dsc09998尾根道をずっと下っていくと、尾根から道が左に外れる所に、見覚えのあるトサカのような岩!やはり、2008/4/27はさっきの「右折点」の三叉路を逆方向から直進してしまって赤子谷右俣に下りついたことが証明できました(^_^)

 「右折点」に戻り少し行って道が左に下り始めるあたりから右=北に道を外れて、約395mPを目指しました!
Dsc00004雑木林の中の約395mP頂上では木にヒモがくくり付けてあるだけでした!
Dsc00005約395mPから東に進むと、先程の「左折点」。今度はここを右折します!
Dsc00006先程の「右折点」を右折すると、時計回りに一周して、北に道を外れた地点に戻ってきました!

 あとは尾根沿いの道を進みました。約360m鞍部、約405mP、約395m鞍部とシダが増えてくる道を進んでナガモッコク尾根との合流点の約475mPに到着です!
Dsc00012Dsc00013約475mPにはこんな目印がありました!赤子谷尾根を示す表示板は去年は有ったけど、今回は発見できませんでした。
Dsc00019Dsc00018進路を南に変えて、約455m鞍部からの登りを終えると、岩原山573mに到着です!
Dsc00021さらに南に下ると、六甲全山縦走路に出ました!

 ここで、大休止(^_^)休んでる間に、5組通過していったけど、その内2組はトレランスタイル!さすがに全山縦走路です!!
 大休止後、赤子谷右俣の中俣を下ろうと思いましたが、下降点がよくわからず、とりあえず岩原山の東山腹の巻道を辿りました!最初平坦から少し登って尾根を乗越し、先ほど登ってきた岩原山山頂に向かう道と合流!ここまで約10分かかりました。
Dsc00025歩いてきた巻道を振り返るとこんな感じ!この三叉路には目印は見当たりませんでした。
Dsc00028Dsc00030Dsc00031ナガモッコク尾根を約455m鞍部まで下り、赤子谷右俣の右俣を下ります。南北に長さのある鞍部の一番北側の辺りから東に下るとテープの目印が出てきました!

 最初は雑木林に落ち葉の斜面、その内水流が出てきて左右に渡りつつ下ります。
Dsc00033下っていくとゴルジュが出てきます!
Dsc00034_2Dsc00036_2Dsc00037_2右岸側にロープが設置された巻道がありました!
Dsc00038_2巻道から沢に戻った所から上流を見たらこんな感じ。

 少し下ると、赤子谷右俣との出合、約280m二俣です。
Dsc00039_2出合から上流側見るとこんな感じでした。

 出合から少し登ると、出合の右岸側を巻いてきた登山道に出ました。ここから右俣の登山道を登っていくと、約10分で右俣の中俣と左俣との三叉路です。
Dsc00041_2赤子谷右俣の左俣方面
Dsc00042_2赤子谷右俣の中俣方面
Dsc00044_2Dsc00046_2昨年は右俣の左俣を登りましたが、今回は右俣の中俣を登りました!踏み跡はもひとつはっきりしない所も多かったですが、ヒモとかテープの目印は結構多かったです。
Dsc00051_2Dsc00050_2踏み跡不明瞭な落ち葉の積もる疎林の斜面をテープの目印を追いつつ登っていくと、さっき大休止した六甲全山縦走路の33の道標の所に飛び出しました!

 再び大休止(^o^)休んでる間に3組通過しましたが、その内1組は男女3人組のトレランパーティでした!
Dsc00052_2Dsc00053_2休憩後、縦走路を東方にトレランモードで、赤子谷右俣左への下降点の約495m鞍部まで行きました!
Dsc00054_2ここからすぐ東の約525mP登りましたが、目印らしきものは無し。踏み跡も薄い!
Dsc00055_2約525mP頂上付近には、写真のような岩がありました!
Dsc00056_2ここからはテープの目印や踏み跡も見られるようになりました!が、踏み跡はどうも尾根の西側と辿るようになりました・・・
Dsc00057_2再び尾根上に出た所です!しかし、どうもこの尾根は西の方に下っていく尾根の様でした・・・
Dsc00058_2写真ではわかりにくいけど、三叉路に下りつきました!
Dsc00059_2Dsc00060_2途中にあった道標です。
Dsc00061_2写真ではわかりにくいけど、また三叉路に出ました。右上に沢を登っていく道がありましたが、左下に下りました!
Dsc00063_2Dsc00064_2結局赤子谷右俣の登山道には、約280m二俣と約335m二俣の間の写真の道標の所に下り着きました!

 その後は沢沿いの道を下っていきましたが、途中の砂防ダムの所で高巻き道には入らず、沢沿いに下りました!
Dsc00072_2高巻き道分岐の砂防ダムを下った所から砂防ダムを見上げたらこんな感じ!
Dsc00073_2Dsc00074_2高巻き道分岐から二つ目の砂防ダム。右岸側をロープを補助に下りました。
Dsc00076三つ目の砂防ダムの上から見下ろすとこんな感じ!ここはとても下れず高巻き道を行きました。
Dsc00077Dsc00078Dsc00080Dsc00083ロープが設置された高巻き道です。
Dsc00079巻き道から見下ろした砂防ダム
Dsc00081Dsc00082巻き道から下ってきた所から振り返った砂防ダム

Dsc00085そのまま右岸側の高巻き道を下って、左岸側をゆるゆる下っていくと、赤子谷尾根の取付きに出ました!
Dsc00090帰路は西宝橋を渡って、林道に出て、生瀬高台に出ました!
Dsc00093生瀬高台のゲート。ゲートの右側を通ることができました。
Dsc00094桜が綺麗!

 以後は車道をジョギングモード!生瀬高台から宝生ヶ丘を通って下り、武庫川右岸の車道を下流方向に進んで、ナチュールスパ宝塚で汗を流して帰宅と相成りました!

 赤子谷中尾根だけでなく、左俣の左、左俣の右、送電鉄塔を巡る道(岩倉山北尾根?)などまだまだ赤子谷界隈には宿題が多く残されてますです!

20090405(日)所要時間5h22m,実働時間4h10m
一本松バス停1155→1159まさよし橋→1203ゲート→1205西宝橋→1206登山口の小橋→1207赤子谷尾根分岐→1209赤子谷尾根取付1212→1214赤子谷尾根上に出る→1227石柱「三原」→1228二つ目の石柱・分岐→1230 332mP(?)→1236「左折点」1238→1242「右折点」→1249引返点→1300「右折点」→1301約395mP分岐→1303約395mP→1304「左折点」→1305「右折点」→1306約395mP分岐→1308約360m鞍部→1320約475mP・ナガモッコク尾根→1321約455m鞍部1323→1333岩原山573mP→1337約535m全山縦走路
約535m全山縦走路1401→1411巻き道終わり→1415約455m鞍部→1429ゴルジュ手前の巻道始め→1433約280m二俣→1443三叉路・右へ→1500約535m全山縦走路
約535m全山縦走路1525→1528約495m赤子谷右俣左下降点1530→1532約525mP→1543尾根上に出る→1548三叉路に下り着く・右へ→1554三叉路・左下へ→1605赤子谷右俣→1608約280m二俣→1614約230m二俣→1624高巻き道分岐の砂防ダムの下→1629三つ目の砂防ダム・巻道始め→1634巻道終わり→1637赤子谷尾根取付→1638赤子谷尾根分岐→1641登山口の小橋→1641西宝橋→1647林道→1648生瀬高台ゲート1702→1711武庫川沿いの車道→1717ナチュールスパ宝塚

|

« 20090403花見ジョギング! | トップページ | 20090412第23回芦屋国際ファンラン »

コメント

こんばんは~
いつもながら素晴らしいスピードですね!w(゚o゚)wわたしの3倍の速さです(笑)
このあたりも枝道が多く歩けば歩くほどに課題が増えていったエリアです。
関電巡視路の鉄塔めぐり?コースもありますよ~
このところ夏日で六甲は暑くなってきましたが
YAMAYAMAさんの素晴らしい脚力でまためぐってみてくださいね。

投稿: ぶうちゃんママ | 2009/04/11 21:24

ぶうちゃんママさん、こんばんわぁ!
素早いレス、ありがとうございま~す(^o^)丿
確かに六甲山は地図に載ってない道がたくさんたくさんたくさんあって、何回行っても行きつくすことが無いですよねぇ!!
1回でたくさん歩いて赤線を引こうと思うんで、ついつい登って降りて登って降りてと欲張っちゃってしまいますです(^^ゞ
この日はまだ日陰でじっとしてると肌寒い位でしたが、これから気温上がってくるとしんどそう・・・その前に、あと何回か行ってみたいものです)^o^(
関電巡視路の鉄塔めぐり?コース、インターネットで見たことがありますが、そこも是非歩いてみたいもんです、ハイ(^O^)/

投稿: YAMAYAMA | 2009/04/11 22:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92847/44608193

この記事へのトラックバック一覧です: 20090405赤子谷尾根、赤子谷右股、赤子谷中尾根の西尾根:

» あなたを満足させることができるのは、この高級腕時計たち。 [本格志向あなたのための高級腕時計]
個性的でありながらも、あなたを引き立てるような存在。 そんな高級腕時計を、TPOに合わせて、さりげなく身につけたい・・・。 もしかしたら、その高級腕時計があなたの運命を変えるかもしれません。 [続きを読む]

受信: 2009/04/12 23:47

« 20090403花見ジョギング! | トップページ | 20090412第23回芦屋国際ファンラン »