« 20081113関門海峡ジョグ | トップページ | 20081116金山→背振山縦走 »

2008/11/28

20081115犬ヶ岳→英彦山縦走

 小倉への出張のついでに、週末は福岡県の山歩きをしてきました(^_^)11/15の土曜日は福岡大分県境の犬ヶ岳から英彦山まで(途中の鷹巣山はパスして車道歩き(^_^ゞ)を歩いてきました!午前中は好天に恵まれ、山麓から途中までは紅葉もまずまず、英彦山に着く頃には天気は崩れ、最後は雨中の下山となりましたが、たっぷり秋の山歩きを楽しむことができました!

 小倉駅からJR日豊本線に乗って宇島駅に行き(\910)、少しでも時間を節約しようと予約していたタクシーで犬ヶ岳の登山口まで行きました(\4700)!そこには求菩岳荘とふきのとうという店があり、大竿峠への登山口となっていました。少し戻って橋を渡り、駐車場と綺麗なトイレのあるところから分岐する林道に入って、まずは笈吊峠を目指します!
 紅葉の綺麗な林道をしばし歩いていくとようやく登山道に入りました!途中ちょっとした鎖場もありましたが、順調に登ると経読林道に到着!右折してしばらく林道を歩きまた登山道に入りました。
 徐々に道が急になり、県境稜線の笈吊峠に到着!ベンチと机がありました!犬ヶ岳へは西に向かいますが、その前に昭文社の山と高原地図に書かれている茶臼岳1039mPを空荷で往復しました!一つピークを越えて目指す次のピークの北側を縦走路は巻いていっていました。ピークの東側で稜線に戻った所からピークに登ると、頂上付近は伐採されていて、素晴らしい展望\(^o^)/東方に犬ヶ岳は目の前やったけど、英彦山はまだまだ遠い!由布岳や九重連山も見ることができました!
 笈吊峠に戻ってしばらく行くと笈吊岩の鎖場、登りきると迂回路と合流です。ここから先は石楠花のトンネル、5月頃はなかなか綺麗なそうな!
 三の岳(大日岳)はよくわからん内に通過(^_^;)途中、耶馬渓から登ってきたという男性単独行者と遭遇。途中紅葉がなかなか綺麗でした!
 急な登りを登りきると犬ヶ岳頂上!避難小屋兼展望台があるけど、樹林に囲まれた頂上なので眺望はイマイチ・・・頂上付近は落葉していて冬枯れの様相でした!
 耶馬渓からの男性単独行者に写真を撮ってもらって、英彦山に向けて縦走開始!二の岳もよぉわからん内に通過したみたいで、大竿峠に下り着きました!樹林の気持ちよい尾根を登っていくと、「野峠4000m」という道標、この後、500m毎にこの手の道標がありました。更に登っていくと、展望の開けた一の岳到着!ここは笹の宿ともいうそうな!求菩提山方面への分岐点でもあります!ここは樹林が切れ、特に南側の展望が良い所(^_^)でも、先はまだまだ長いので、数分休憩して更に西に進みました!
 一の岳から野峠まで3.8km、アップダウンはあるけど、一の岳は約1120m、野峠は721mで下り基調で淡々と歩いて行きます!野峠に車を置いて、犬ヶ岳や一の岳を往復するハイカーが結構いるみたいで、途中何組かのパーティとすれ違いました!
 「野峠まで2000m」の道標の手前には、右側に稜線の北側を走る林道へ下る道の分岐がありました!
 910mPを越えて下っていくと鎖のある岩場が2ヵ所、樹林が切れて展望良好でした(^.^)が、この頃には早くも雲が広がってきていました(>_<)
 野峠に下り着くと、結構な数の車が駐車していました!犬ヶ岳方面だけでなく鷹巣山方面に行くハイカーも多いのでしょう!鷹巣山も岩場があったりして面白そうやけど、時間の都合もあるので、野峠→豊前坊は車道を歩きました!結構車が通り注意が必要!
 みやこ町・添田町の境までは登り基調でその先は平坦または下りが多くなりました。鷹巣山登山口や鷹巣地蔵、三叉路を過ぎると豊前坊は近かったでした!
 豊前坊はまさに観光地の様相、きれいなトイレを使わせてもらい、高住神社入り口のそばの店できなこ餅・しょうゆ餅(各\100)とゼンザイ(\300)で栄養補給&大休止(^o^)/
 高住神社までは参道、そこから登山道に入り、英彦山を目指します。下ってくるパーティは結構多いが、既に13時半を回っており、今にも雨が降りそうで、今から登るパーティはいませんでした(^_^ゞ
 逆鉾岩、屏風岩、筆立岩などの奇岩を過ぎて登っていくと、望雲台への分岐、空荷で往復しました。鎖場を登り、岩壁を鎖に沿ってトラバースして、もう一つ鎖場を登ると手摺に登りつきました!が、その向こうはまさに断崖絶壁(゚o゚)航空写真のような光景が広がりってすこぶる展望良好(^o^)でも、高所恐怖症の人には厳ちぃ!!!
 往路を戻って更に登っていきます。結構雨が降り出し、雨具とザックカバーを装着!木の階段を登りきると道は直角に右に曲がります!左への踏み跡は薬師峠から直に来るものでしょうか???鎖場を越えて急登を越えると、北岳頂上に到着!祠があって、一番高い地点周囲は聖地ということでロープが張られて立ち入り禁止となっていました!設置された温度計では9℃となっていました!
 下は笹原の落葉した樹林の道を一度下って登り返すと、中岳頂上の一角に到着、「英彦山山頂」の標柱と休憩所があります!ここで雨を避けて20分程休憩(^_^)でも、じっとしてると結構寒い(-_-)
 石段を登ると、中岳頂上で、立派な上宮があります。中岳から南岳は割と近く、少し下って登り返すと、三角点と小さな祠と展望台兼避難小屋のある南岳頂上にようやく到着しました!ここが英彦山の最高点といことです!中岳頂上の二棟ある上宮がすぐそこに見えました!ちなみに、展望台は古くて危ないとのことで上には登らないようにロープが張ってありました・・・
 雨の中、記念写真を撮って下山開始!雨で岩が濡れているので、鎖場の下りは慎重に行きます。材木石、右方向への登山道分岐を過ぎると、大きな鬼杉に到着!鬼杉の所には行けないようになっていて、側には水場と英彦山野鳥の森観察舎がありました!
 当初は玉屋神社経由で下山することを考えていましたが、時間も遅いし、バスの時間もあるので、鬼杉から直に車道に下るコースを取る事としました。
 鬼杉から約10分の下りで登山口に到着、後は車道歩き、玉屋神社入口と鳥居のある車道の分岐を過ぎて、登山口から20分余でしゃくなげ荘に到着しました!
 ここで温泉に浸かりたかったけど、バスの時間が迫っていたので断念・・・(;_;)しゃくなげ荘入口のバス停からバスで彦山駅に出て、小倉に戻りました!

(写真は後日にアップの予定(^_^;))

|

« 20081113関門海峡ジョグ | トップページ | 20081116金山→背振山縦走 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92847/43250324

この記事へのトラックバック一覧です: 20081115犬ヶ岳→英彦山縦走:

» 手打そばの知識サイト [手打そばの知識サイト]
手打そば作りのための知識を載せています [続きを読む]

受信: 2008/11/28 03:07

« 20081113関門海峡ジョグ | トップページ | 20081116金山→背振山縦走 »