« 20081108東京マラソン三連敗というか四連敗・・・ | トップページ | 20081113関門海峡ジョグ »

2008/11/13

20081109青谷東尾根→摩耶東谷→掬星台→鍋蓋北尾根→牛ノ背

 6月末以来4ヶ月ちょい振りに昼間に六甲山に行ってきました(^_^)コースは阪急王子公園駅→青谷東尾根→上野道約475m鞍部→摩耶東谷→掬星台→市ヶ原→鍋蓋北尾根→牛ノ背→すずらんの湯」というもの、総勢7人で歩いてきました!!紅葉にはまだ少し早い感じでしたが、綺麗なところもあり、秋の摩耶山界隈のハイキングを楽しむことができましたです(^o^)/

 阪急王子公園駅に集合して8時過ぎに出発!青谷道の入り口付近で家が近くのメンバー二人と合流です。青谷東尾根の取り付きは、播州野歩記六甲山やまある記神戸背山の道といったHP通りに発見することができました!取り付きはコンクリートの階段状、しばらく登ると尾根上にすぐに出ます。最初は笹がうるさいいきなりの急登!でも、一つ目の送電鉄塔からの景色は良かったっす(^_^)二つ目の送電鉄塔を越えると急登は無くなり、アップダウンを幾つか過ぎると上野道に飛び出しましたぁ!しかし、途中にあったコンクリートの構造物はいったい何なんだろう???
 そのすぐ先の約475m鞍部から摩耶東谷に向けての下り!黄色いテープ印に沿って下りました。途中でテープの目印も踏み跡も不明瞭になって、偵察に出動、沢に下ると滝があって沢通しに下るのは危険・・・どうにか尾根伝いに下るルート(摩耶東谷と虹の駅を結ぶルートか?)を見つけて沢筋に下りつきました!!で、摩耶東谷本流に出るつもりで下っていきます。二つあった滝は右岸から下りましたが、最初の滝は念のためお助けロープを使いました!
 少し下ると深谷第三砂防ダムに到着(゚o゚)どうやら既に摩耶東谷本流に出ていたみたいでした・・・ということで、気を取り直して掬星台に向けて登り始めました!
 スリットの入った深谷第四砂防ダム、ゴルジュ、ロープのかかった壁、石組みの古い堰堤、浮石だらけの沢、踏み跡のほとんどない水路状堰堤沿いの急な斜面と難路を乗り越えて、歩き始めから4時間以上かかって、12時半前に何とか掬星台に飛び出しました(^o^)
 当初の予定ではシュラインロードから六甲アルプスを下るつもりでしたが、ここまで時間が掛かり過ぎていたので計画変更、天狗道・市ヶ原経由で鍋蓋北尾根から直にすずらんの湯を目指すことにしました!
 この日は神戸市主催の全縦大会、天狗道はた~くさんの全縦参加者とすれ違いつつの下り!途中で職場の仲間と遭遇、エールを送りましたぁ!市ヶ原でしばし休憩し、登り返して、鍋蓋北尾根、牛の背、二軒茶屋を経て苦闘(?)8時間余りの末、ようやくすずらんの湯に到着\(^o^)/
 風呂に入り(休日は\900!)、打ち上げをして、宴会の途中&帰りの電車は例によって爆睡(-_-)zzz家に着いた時には21時を回ってましたぁ(^_^ゞ

20081109(日)所要時間8h13m,実働時間6h11m
阪急王子公園駅(45とする)805→821青谷橋バス停(105)→825青谷道登山口(130)→827看板前(140)832→835青谷東尾根取付(170)→904rest(380)912→917一つ目の送電鉄塔(425)919→927二つ目の送電鉄塔(470)928→941コンクリートの構造物(515)942→944上野道に出る(505)945→947約475m鞍部(500-495)949→1004偵察引返点(400)→1012テープ目印のある尾根(440)→1022尾根から左に外れる(400)→1024沢に下り立つ・お助けロープを出した滝(385-80)1031→1034ロープのかかった滝(375)→1043深谷第三砂防ダム(370-365)1048→1054下りて来た踏み跡の分岐(385)→1100深谷第四砂防ダム(スリット式)(400)1104→1109ゴルジュ入口(425)→1114ゴルジュ奥のロープの掛かった壁(460)1128→1131石組みの堰堤(475)→1137rest(510)1150→1159水路状堰堤の下(565)1200→1210山寺尾根・史蹟公園分岐(625-30)→1226掬星台(720)(685とする)1307
→1328行者尾根分岐(625)1331→1437市ヶ原(245-40)1446→1526鍋蓋北尾根分岐(470-75)1530→1546牛の背分岐(365)→1557牛の背登山口(305-10)1558→1604有馬街道(二軒茶屋付近)(290)→1618すずらんの湯(355)
Dsc079852青谷東尾根の取付地点
Dsc079872青谷東尾根にて
Dsc079932青谷東尾根の一つ目の鉄塔より六アイ方面
Dsc079962青谷東尾根の一つ目の鉄塔よりポーアイ方面
Dsc080012青谷東尾根にて
Dsc080022謎のコンクリートの構造物
Dsc080032上野道に出た地点!
Dsc080082上野道約475m鞍部から摩耶東谷への下降地点
Dsc080112偵察引き返し地点より下流側の滝を見下ろす!
Dsc080212深谷第三砂防ダムにて
Dsc080252深谷第四砂防ダムとその手前の小滝
Dsc080352ゴルジュの入口にて
Dsc080382ゴルジュ奥のロープの掛かった壁
Dsc080392石組みの古い堰堤
Dsc080412水路状の堰堤
Dsc080442山寺尾根へのトラバース道
Dsc080492多くの全縦参加者で賑わう摩耶山掬星台
Dsc080552市ヶ原~大龍寺山門の間の紅葉
Dsc080562鍋蓋北尾根分岐の道標
Dsc080572牛ノ背分岐の道標
Dsc080592牛ノ背の登山口の道標
Dsc08060こういう反対運動もあるらしい!
Dsc08064最後はすずらんの湯(~_~)

|

« 20081108東京マラソン三連敗というか四連敗・・・ | トップページ | 20081113関門海峡ジョグ »

コメント

青谷道を素直に登らず、なんと冒険チックなコースですねぇ。
面白そう~。 でも、こんなコースはYAMAYAMAさんならではですね。
紅葉観に行きたいなぁと思うんですが、同じ日にうちのダンナが東六甲から紅葉谷に行ったんですが、ハイカーも大勢居たと言っていました。
気候がいいから人が多くてもしょうがないですね。

投稿: YOKKO | 2008/11/14 10:29

YOKKOさん、こんばんわぁ!
今回の青谷東尾根や摩耶東谷ではさすがに誰にも会いませんでしたわいな!かなりの物好きしか行かないコースですねぇ(^_^ゞ
紅葉谷は有馬温泉へ下るメジャーコースの一つやし、やっぱ人多いでしょうねぇ!!!
鍋蓋北尾根から牛ノ背でも誰にも会わなかったけど、このコースは道は幅広いし、傾斜もそんなに急じゃないので、トレランには良さそうなコースに思えましたです(^_^)

投稿: YAMAYAMA | 2008/11/17 02:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92847/43097244

この記事へのトラックバック一覧です: 20081109青谷東尾根→摩耶東谷→掬星台→鍋蓋北尾根→牛ノ背:

« 20081108東京マラソン三連敗というか四連敗・・・ | トップページ | 20081113関門海峡ジョグ »