« 20081102小秀山 | トップページ | 20081108一周忌 »

2008/11/09

20081103南木曽岳

11月3日(月)
 前日のうちに中津川まで移動しておいて、蘭キャンプ場の奥の蘭コース登山口には、6時前に到着。登山口の駐車場には私の他に3台車がありました!ここにはトイレと避難小屋があります。少し身繕いをしてトイレを済ませて、6時20分に出発!
 今日は天気は曇、すっきりしませんが雨は降らなさそうでした。すぐに林道を外れると男滝・女滝への分岐、ここには帰りに寄ることにしました!
 東屋を過ぎると一度林道に出て緩く登っていきます。金時の産湯の池のすぐ先が登山道入口。しばらく登っていくと、右から下山道が合流し、そのすぐ先に大きな岩小屋の「金時ノ洞窟」。なおも沢沿いを登って行きます!水流が一度伏流水となるという「喉の滝」を過ぎると傾斜が強まります!
 秋篠宮家の木に定められたという「高野槇林」の表示板を過ぎるてしばらく行くと尾根に出て、第一の鎖場、といっても急な木の階段という感じでした。
 樹林が途切れた所が第二の鎖場、対入禁止のテープが張ってあり、岩場の右側に桟道が整備されていましたが、岩場を登りました(^_^ゞ桟道からの道との合流点からは南側の展望が開けましたが、やはり雲が多くて靄っていて、すっきりした展望にはなりませんでした。
 「かぶと岩」の表示を過ぎると頂上は大分近くに感じました。頂上への最後の登りの手前に、「金時沼」への道標がありましたが、道は笹が被さって埋もれかけており、行くのは断念しました(^_^;)
 そこから3分程の登りで樹林に囲まれた広場の南木曽岳三角点に到着(^o^)/「南木曽岳頂上」の看板の裏手に少し進むと少しだけ樹林が切れて展望を得られますが、ショボイ!記念撮影をして少しだけ休憩して先に進みました。
 1分ほど行くと大きな岩と小さな祠があり、岩には「南木曽岳山大神」とか「大山之神」とか彫られています。この時、岩に彫られた文字は肉眼で見るより、デジカメの液晶で見た方がハッキリする事に気が付きました(^_^)岩と祠とは反対側にはちょっとした木の階段があり、「柿其渓谷・御嶽・乗鞍・展望台」とか「見晴台」とかの道標があります。登ってみると岩の上に出て、展望が開けますが、この日は靄で御嶽も乗鞍も全然見れず・・・
 少し進むと樹林が少なくなり笹原となって展望が開けてきます!背丈を没する笹の中に道が開かれており、ちょっとしたピークを越えて下ると、避難小屋到着!綺麗な小屋で泊まってみたくなります!ただ、トイレは排泄物テンコ盛り&超悪臭状態・・・何とかして欲しいです!!!
 ほんの少し登ると上の原コースの合流点、そのすぐ上が展望が開けたピークの展望台です!ここが実質的に南木曽岳のピークと言っていい感じのところで、他にも登山者が何人かいました!靄っていましたが、うっすらと雪化粧した中央アルプスを見ることができました(^o^)
 避難小屋に戻って、カップヌードルのランチタイム&コーヒーブレイク(^_^)結局避難小屋や展望台付近に1時間以上長居して先に進みます。
 避難小屋の中に水場の案内があったので、折角やし見に行くことにしました!展望台から下り切った鞍部に水場を示す道標、2分程下るとかつての避難小屋である好吉小屋の裏に水場確認!水量は少なく水を汲むには時間はかかりそうやったけど、頂上直下の水場としては十分なものでした!ちなみに好吉小屋は笹薮に囲まれて中にはは入れそうにありませんでした。
 分岐に戻り、登っていくと大きな岩のある1675mPに登りつきます。歩いてきた頂上稜線を眺めることができました!そのすぐ先に「摩利支天大神展望台」への分岐。摩利支天も大きな岩の展望台、高度感があって、なかなかスリルがありました(~o~)
 分岐に戻ると、昨日の小秀山でも出会った老夫婦を再開!同じような考え方の人はいるものです!ここから10分弱急な道を下ると「第一展望台」の表示があり、木の階段を少し登ると大岩の展望台、やはり高度感満点でしたぁ!
 ところどころ鎖を取り付けられた急な木の階段をボチボチ下っていきます!水音が徐々に近づいてくると、ようやく朝に通った登山道と下山道の合流点に下り着きました!
 以後は傾斜も緩みトロトロと紅葉の林の中の道を下って行きます。林道に出てしばし下って、遊歩道に入り、行きはパスした男滝・女滝を見に行きました!分岐から数分かかって沢に下った所の上流側に二段になった男滝、その奥の沢の上流側に女滝、なかなか立派な滝です!両方とも滝のすぐ手前まで行くことができました!
 分岐まで戻ってそこからはすぐに登山口の駐車場に帰り着きました!が、滝から同じ道を戻らずとも下っていったら駐車場に着いたみたいで、少し遠回りしちゃいました・・・(^_^ゞ
 少し荷物を整理して、南木曽温泉 木曽路館に向かいました(\700)。温泉は2階、ここの露天風呂は景色がなかなか良かったです(^_^)3階で御飯で食べて、4階の休憩室でしばし昼寝(-_-)zzzもう少しで寝過ごすとこでした(^_^;)荷物を整理して帰路につきましたが、結局南木曽温泉に4時間もいちゃいました(^_^ゞ
 中津川まで戻って、レンタカーを返却!このレンタカー店は駅から離れているのに、残念ながら送迎サービスは無く、駅までタクシーを使わなくてはならないのが不親切でした・・・ただ、タクシー利用者は\500のレンタカー料金の割引がありました。しかし、タクシー料金は行きは\920、帰りは\840+100でした・・・
 中津川からはセントラルライナーで名古屋に出て、のぞみで帰阪とあいなりました!

 今回、小秀山は絶好のハイキング日和で、御嶽山と中央アルプスの展望に恵まれ、南木曽岳も靄ってはいましたが中央アルプスを望むことができたし、両山ともコースは滝あり岩場あり笹原の高原あり紅葉ありと変化に富んでいて、楽しむことができました!両山ともそれなりに登山者もいて、ワンデイハイクにある程度人気の山なんやと思った次第です!

(写真は後日にアップ予定)

|

« 20081102小秀山 | トップページ | 20081108一周忌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92847/43054759

この記事へのトラックバック一覧です: 20081103南木曽岳:

« 20081102小秀山 | トップページ | 20081108一周忌 »