« 20080907W杯アジア最終予選始まる! | トップページ | 20080928第11回村岡ダブルフルウルトラランニング »

2008/09/19

20080913-16皇海山→日光白根山縦走

 今年の敬老の日の3連休は2年振りに無雪期のテント縦走に出かけてきました!今回のコースは銀山平→六林班峠→皇海山→錫ヶ岳→日光白根山→丸沼高原というもの、群馬栃木県境稜線の内私がまだ歩いていない部分をつなぐコースでした!

 タイムリーにも岳人の2008年9月号P12-23に入下山路は違うものの同じようなコースの記事が載ってました!これは3泊4日の行程!でも、インターネットで検索してみると、逆コースで4泊5日のレポもあれば3泊4日のレポ2泊3日のレポもあるという状況!
 私は火曜日に遅めの夏休みをもらって、3泊4日の行程で計画、あわよくば3日目に下山して4日目に帰阪するということも考えて臨みました!が、ペースは全く上がらず、ほぼ当初の計画通り3泊4日で4日目の朝に下山という結果と相成りました!
 宿泊地は不動沢のコル、宿堂坊山南方の約1805m鞍部付近、五色沼避難小屋でした。小さなテントなら樹林帯の中の下草の無い所の平坦な所あちこちにあるので、水を確保していれば、テント場にはそう困ることがないと感じました。
 水の補給場所は不動沢のコルから不動沢登山道を下った所の水場(下り5分)、三俣山と宿堂坊山の鞍部付近から東に下った沢の源頭(下り4分)、錫の水場(下り1分)でした。庚申山荘には蛇口から水を出せました。六林班峠の水場から峠までは重荷を担いで登り13分でした。丸沼高原の二荒山神社には水場がありました。国境平、カモシカ平、五色沼の水場は確認しませんでした。

 天気は初日の午後から夜にかけてと4日目の早朝に雨が降りましたが、2日目は晴れ時々曇、3日目は曇という感じで、まぁまぁという感じでした!19年ぶりの日光白根山では、曇天ながら360度の展望を楽しむことができましたぁ(^.^)/

 国境平から前白根山付近までは昭文社の山と高原地図に登山道が載っていないですが、踏み跡は概ねはっきりしているし、マーキングがやたら多かったし、大きくコースを外すことは無いと感じました(マーキングが無くなり踏み跡も定かでなくなったらコースミスって感じ)。笹藪も思っていた程の事は無く、背丈を没する笹藪という所はほとんどなかったでした!が、倒木や急な登下降に加え、最近慣れていない重荷にペースは全く上がらず・・・きつかったでした・・・

 初日は皇海山、4日目は日光白根山という日本百名山があるためか何組かのパーティと出会いましたが、2日目は皇海山の下りですれ違った松木渓谷から入山して国境平に幕営していた親子と思しき二人組1パーティと、3日目は錫ヶ岳の下りで颯爽と追い越していったトレイルラン(!)の男性単独行者と出会っただけという静かな縦走登山と楽しむことができました!

 丸沼高原の自然散策路ってのがあって、1周1.5km!ということで、山行の最後に、二荒山神社のシカ避け柵の所にザックを置いて、この自然散策路1周を空荷でトレランしてみました!途中の写真タイム1分を除いて11分、まぁ重荷で3日半歩いた後やし、私としては上出来でしたぁ(^.^)
 下山後は鎌田バス停のすぐ近くの寄居山温泉センターで汗を流しました。

 これで、2001年国境平→袈裟丸連峰、今回、1989年日光白根山→金精峠、2005年金精峠→日光沢温泉→鬼怒沼湿原→黒岩山→尾瀬沼→皿伏山→アヤメ平→鳩待峠、2000年丹後山→平ヶ岳→白沢山→景鶴山→尾瀬ヶ原→鳩待峠→戸倉、2001年中ノ岳→巻機山→白毛門、1993年白毛門→谷川岳→平標山、と袈裟丸山から平標山を線で繋ぐことができましたぁ\(^o^)/
 更には2008年物見山→鬼怒沼湿原→黒岩山→帝釈山、1999年会津田代山←→帝釈山、1986年鳩待峠→至仏山→尾瀬ヶ原→尾瀬沼→燧ヶ岳→御池、1986年大津岐峠→会津駒、1999年会津朝日→会津駒、2004年丹後山→越後駒、1985年越後三山、2006年兎岳←→荒沢岳、と歩いていて、残っている御池~大津岐峠、至仏山~白沢山付近のジャンクションピークの稜線の踏破もその内にしてみたいです!

20080913(土)所要時間9h26m,実働時間6h54m
銀山平奥のゲート(795)838→900旧ゲート(850)901→939一ノ鳥居・登山口(1025-30)943→1017鏡岩(1215)1018→1056猿田ノ彦神社跡・庚申山分岐(1430)1057→1104庚申山荘(1460-65)1138→1148分岐(1495)→1153天下見晴(1520)1157→1202分岐(1495)→1303沢(1560)1321→1422雨具タイム(1690-95)1427→1433沢・六林班峠の水場(1715)→1446六林班峠(1775-70)1515→1608約1955mP・岩のP(1625)1625→1643鋸山1998mP(1960)(2000とする)1651→1722不動沢ノコル約1865m(1870-65)1732→1737不動沢の最終水場(1795-1800)1757→1804不動沢ノコル(1870)(幕営)

20080914(日)所要時間10h43m,実働時間7h09m
不動沢ノコル(1865)550→642皇海山2143.6m△(2135)(2145とする)712→828ニゴリ沢(モミジ尾根)分岐(1615)833→834「国境平」・水場分岐(1620-15)904→910約1595m砂の鞍部(1910-05)915→937日向山1695mP(1705)939→949カモシカ平・約1615m鞍部(1635-40)1009→1033 1736mP(1745-40)1034→1108 1828mPの肩(1820)1110→1115 1828mP・岩峰・カマ二峰(1835)1130→1133 1828mPの肩(1820)1135→1221 1847mP(1860)→1233rest(1850-55)1246→1320三俣山1980.2m△(1985)1405→1455水場分岐の鞍部・約1705m(1725)1504→1508ヤジノ沢源頭の水場(1680)1532→1538水場分岐の鞍部(1725)1547→1625約1845mP(1860-55)1627→1633約1805m鞍部付近(1815)(幕営)

20080915(月)所要時間13h04m,実働時間9h55m
約1805m鞍部付近(1815)527→609宿堂坊山1968.0m△(1975-80)636→653ネギト沢ノコル・約1845m鞍部(1860-55)656→743 1991mP(2000)744→815約2030mP(2045-40)817→832三林班沢ノ頭・約2065mP(2080-75)834→916 2077mP(2080)941→1110約2225m鞍部(2230)1123→1200池塘・約2270m(2270)→1204錫ヶ岳2388.0m△(2385-90)1223→1249池塘のある鞍部・約2215m(2230)→1304錫の水場分岐(2185)1310→1311錫の水場(2170)1330→1334錫の水場分岐(2185)(2170とする)1349→1445約2275m鞍部(2285)1447→1531白桧山2394mP(2390)(2395とする)1547→1635白根隠山・約2415mP(2415)1625→1653 2385mP(2385)1654→1704約2365mP(2365)1708→1715一般道に出る(2325)1716→1725五色沼避難小屋(2245-50)1735→1755南側窪地・引き返し点(2205-10)1802→1807南側窪地への下降点(2220)1813→1831五色沼避難小屋(2250)(泊)

20080916(火)所要時間4h03m,実働時間2h26m
五色沼避難小屋(2270)(2245とする)531→610雨具&写真タイム(2465-70)619→625尾根分岐の道標・約2500m(2505-00)630→645火口原への下降点の道標・約2545m(2545)647→651奥白根神社(2560)654→657奥白根山2578mP(2575)752→755奥白根神社(2555)→827「地獄ナギ」・約2150m(2160)→835七色平分岐・約2115m(2120)836→837七色平(2120)842→843七色平分岐(2120)848→901不動岩(20??)902→907二荒山神社・約2000m(2010)913→(自然散策路1周1.5kmトレラン)→922燧ヶ岳展望所・約2035mP(2045)923→925二荒山神社(2010)929→934丸沼高原ゴンドラ山頂駅・天空の足湯・約1990m(2000)

Dsc06590六林班峠の幕営地
Dsc06637不動沢ノコル、ここには他パーティがテントを設営していた。
Dsc06633狭い平地にどうにか設営!
Dsc06659皇海山頂上
Dsc06749国境平の水場下降点にて
Dsc06759国境平より皇海山
Dsc06792カモシカ平
Dsc068081736mPより岩峰の1828mP
Dsc068501828mPより錫ヶ岳・三俣山
Dsc06906三俣山・宿堂坊山間の最低鞍部付近の水場を示す道標
Dsc069372日目のテント場
Dsc069292日目のテント場から中禅寺湖が見えた!
Dsc06947
朝日の映る中禅寺湖
Dsc06952宿堂坊山山頂
Dsc06981ネギト沢ノコルのテント場、笹が伸びてきていてあまり快適そうに見えなかった。
Dsc06990三林班沢ノ頭にて
Dsc069952077mP直下のペンキで書かれている岩
Dsc07002錫ヶ岳を望む!
Dsc07023錫ヶ岳手前の笹藪の急登を俯瞰
Dsc07025錫ヶ岳頂上直下の池塘
Dsc07033錫ヶ岳頂上
Dsc07060_2錫ヶ岳の下りから男体山と中禅寺湖
Dsc07077錫ヶ岳の下りから日光白根山・白桧山
Dsc07085
錫ヶ岳の下りで颯爽と追い抜いて行ったランニング登山の男性単独行者
Dsc07089池塘のある鞍部
Dsc07098錫の水場への下降点のテント場
Dsc07095錫の水場
Dsc07120白桧山への笹の尾根
Dsc07144白桧山頂上にて
Dsc07154笹の尾根の向こうに白根隠山
Dsc07164日光白根山南東の窪地と五色山
Dsc07202白根隠山の下りから五色沼と五色山
Dsc07216やっと一般登山道に合流!
Dsc07227五色沼避難小屋
Dsc07241日光白根山南東の窪地にて
Dsc07246日光白根山南東の窪地にて
Dsc07315日光白根山への登りより錫ヶ岳方面
Dsc07357日光白根山頂上より南方を望む!皇海山、三俣山、宿堂坊山など歩いてきた稜線が延々連なって見えた!
Dsc07369気温は約6℃
Dsc07343至仏山・燧ヶ岳方面
Dsc07423日光白根山の下りより丸沼高原ロープウェイ山頂駅
Dsc07441七色平避難小屋
Dsc07444大日如来
Dsc07449不動岩を見上げる
Dsc07459二荒山神社の水場
Dsc07465自然散策路の燧ヶ岳の展望所より
Dsc07472丸沼高原ロープウェイ山頂駅付近より日光白根山
Dsc07481天空の足湯にて
Dsc07497この3つが丸沼高原の売りらしい!
Dsc07501下山後に入浴した寄居山温泉センター

|

« 20080907W杯アジア最終予選始まる! | トップページ | 20080928第11回村岡ダブルフルウルトラランニング »

コメント

YAMAYAMAさん、おじゃまします。

北アや南アと山行日数が凄いですね。そして山域が広範囲です。私は今年、日光/足尾、赤城、榛名だけ。(今年のトレランレースも赤城と日光白根)以前は元山ヤと言うのもあって躊躇なく北アも南アも走ったんですが、今は近場に目標を作って満足してしまいます。トレランで繋げたい北アの後立山連峰、もう一度走ってみたいですね。

YAMAYAMAさん、錫ヶ岳の私の写っている写真、拝借させて下さい。(もう私のブログに載せました。無断でゴメンナサイ。)

投稿: enduro_fuji | 2008/09/20 16:41

enduro_fujiさん、こんばんわ!
はい、写真の件、了解です!
私もランニング登山の真似事みたいな早歩き登山をしたりなんぞしてますが、北アルプスや南アルプスまで行けるのはせいぜい一夏に3回位ってとこです!それでも、恵まれている方かもしれませんが(^_^)
あと、私の方も無断でリンクさせてもらいますネ!
また、お暇な時に、このブログも見に来て下さいませぇ!!!

投稿: YAMAYAMA | 2008/09/21 21:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92847/42521417

この記事へのトラックバック一覧です: 20080913-16皇海山→日光白根山縦走:

« 20080907W杯アジア最終予選始まる! | トップページ | 20080928第11回村岡ダブルフルウルトラランニング »