« 20080726-27裏銀座→高天原→雲ノ平→新穂高温泉0 | トップページ | 20080726-27裏銀座→高天原→雲ノ平→新穂高温泉2日目 »

2008/08/27

20080726-27裏銀座→高天原→雲ノ平→新穂高温泉1日目

7月25日、26日
 7/25はなかなか職場から抜けられず、バスの出発時間=9時半ギリギリで新大阪に到着!でも、結局出発は10時過ぎでした・・・バスの中で晩御飯の弁当を食べたけど、この日は隣の席が空いていたので、結構休むことができてヨカッタ(^_^)
 信濃大町駅到着は定刻通り午前5時頃、眠っている所を起こされたって感じでバスを降りたら、高瀬ダム行きの登山者を募るタクシーの運転手達がいて、客が4人揃ったので、5時過ぎに出発です!朝食のおにぎりはタクシーの中で食べることとなりました。タクシーの中で、今日は高天原まで行きたい、と言うとみんなに結構驚かれてしまいました。
 七倉のゲートは5時半に開くとのこと、待ち時間の間に登山届けを提出します。高瀬ダムに着いて、身繕いをして、6時過ぎに出発です!!!
 ダムの上を進みトンネルを越え、濁沢のキャンプ地を過ぎるとブナ立尾根の取り付きの手前に最後の水場、ここで水を補給してブナ立尾根を登り始めました。取り付きに「12」の表示、烏帽子小屋が「0」で小屋までの行程を12分割して表示してあるって感じです。先に行くパーティをパスして登っていくと、烏帽子小屋から下山してくるパーティとすれ違い始めます。
 2208.5m三角点が「4」、その後も快調に登っていき、最後の水場から2時間8分で烏帽子小屋に到着することができました!小屋の前はイワギキョウとかが咲いているお花畑になっていて、他のパーティが休んでいました。結構雲が多く、三ツ岳方面はガスっていました・・・
 しばし、休憩して三ツ岳を目指します。登るにつれ雲の中に入り、展望が利かなくなりました。三角点みたいな標柱のある三ツ岳北の肩から巻き道になり、三ツ岳本峰と南峰の間の鞍部から三角点のある三ツ岳本峰を往復しました!なかなか頂上を踏む機会が無い山なので、あえて頂上を踏んで来ました(^_^)
 鞍部に戻り、三ツ岳南峰を越えると、逆向きに縦走してくるパーティとすれ違い始めました!下り基調の道がまた登りになり、砂礫の稜線を進んでいくと、野口五郎小屋に到着しました!ここで、ポカリスエットの500mlペットボトルを1本購入、500円でした。ここでも「ランニング登山ですか」と尋ねられたが、やはりそのような輩が増えてるのでしょう!
 野口五郎小屋からは一登りで野口五郎岳、まずは避雷針みたいな金属棒のあるピークに立ち、三角点と山名表示のあるピークに立ちました。裏銀座の延々続く稜線が雲間に見ることができました!
 しばし休憩後、縦走路を進みます。ここまでの稜線も花がたくさん咲いていて、景色がイマイチやったけど、目を楽しませてくれました。真砂岳頂上への分岐、竹村新道への分岐を過ぎ、東川乗越はいつの間にか過ぎ、水晶小屋への登りになります!赤っぽい岩の稜線になると、水晶小屋は近い!
 小さいけども新装なった水晶小屋には13時前に到着、ここまで高瀬ダムから7時間弱、時間が遅ければ、三俣山荘あるいは雲ノ平方面に行くことも考えていたけど、予定通り高天原の温泉に浸かりに行くことにしました!ここでも1本\500のポカリスエットの500mlペットボトルを購入して休憩です。
 水晶小屋から直に水晶岳に行く道は通行止めになっていて、水晶小屋の裏のピーク赤岳にまず登ってから尾根伝いに水晶岳に向かいます。水晶岳南峰頂上はガスの中で展望無し・・・でもさすが日本百名山だけあって結構登山者は多いでした!三角点のある北峰にも登り、温泉沢ノ頭の分岐点に向かいました。
 少し下るとガスの下に出て、高天原の湿原と高天原山荘の赤い屋根が小さく見えます。温泉沢道分岐で腰をかけて休憩後、稜線に名残を惜しみつつ、高天原温泉に向けて下り始めました。
 最初は尾根の下り、浮石が多くて神経を使いました!尾根の分岐から右側の尾根に移り、雪渓のすぐ下流側で温泉沢に下りつきました!ここでしばし休憩!あとは道は踏み跡程度で何回も沢を渡る沢歩きな感じ、でもペンキ印やケルンは多くあって、大きく迷うことはないと思いました。
 沢に降り立ってから30分以上かかってやっとこさ4年ぶりの高天原温泉に到着!右岸には女性用露天風呂、混浴露天風呂、女性用の浴槽とあり、左岸にも全然囲いのない湯船が二つありました!誰もいない混浴露天風呂でとりあえず今日の汗を流します!まさに極楽極楽\(^o^)/出ようとするころ男性二人組みがビールを持ってやってきましたが、何故か海パンをはいてはりました!!!
 温泉を出て、高天原山荘までは約1kmの登り、半袖Tシャツにランパン、裸足にシューズで汗をかかないようにゆっくりゆっくり登って行きました!温泉から20分近くかかってようやく今宵の宿の高天原山荘に到着!一泊二食付きで\8400。
 4年前に来た時は結構満杯やったけど、今回はかなり空いていて1階の寝床は大の字になって寝れる位の余裕でした(^_^)17時半からの夕食後は近くの湿原のそばの道をブラブラ、写真をパチパチ、で、暗くなるころにはもう寝込んでいました(-_-)zzz

20080726(土)所要時間10h23m、実働時間8h31m、コースタイム16h50m
高瀬ダム(1280とする)608→623最後の水場(1310-15)629→837烏帽子小屋(2440)846→925約2775m三ツ岳北の肩(2675)→935約2795m三ツ岳本峰西鞍部(2695)→942三ツ岳本峰2844.6m△(2740)952→956約2795m三ツ岳本峰西鞍部(2690)→1003三ツ岳南峰約2830mP(2725-20)1004→1045野口五郎小屋約2865m(2760)1104→1116野口五郎岳2924.3m△(2810)(2925とする)1127→1140真砂岳分岐(2830)1141→1144竹村新道分岐(2795-90)1146→1238水晶小屋手前のP(2835)1239→1255水晶小屋約2900m(2900-2895)1310→1311赤岳約2910mP(2910)1313→1333水晶岳南峰2986mP(2980-70)1337→1340水晶岳北峰2977.7m△(2970)1342→1412温泉沢道分岐(2880-85)1426→1433尾根分岐約2775m(2770)1435→1508沢に下り立つ(2305)1511→1547高天原温泉約2050m(2105)1613→1631高天原山荘約2125m(2170)(泊)

(続く)

|

« 20080726-27裏銀座→高天原→雲ノ平→新穂高温泉0 | トップページ | 20080726-27裏銀座→高天原→雲ノ平→新穂高温泉2日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92847/42286688

この記事へのトラックバック一覧です: 20080726-27裏銀座→高天原→雲ノ平→新穂高温泉1日目:

« 20080726-27裏銀座→高天原→雲ノ平→新穂高温泉0 | トップページ | 20080726-27裏銀座→高天原→雲ノ平→新穂高温泉2日目 »