« 20080503-05帝釈山脈縦走3:2033mP→馬坂峠→帝釈山往復→檜枝岐 | トップページ | 20080511船坂谷、白水尾根 »

2008/05/15

20080506摩耶東谷

200805062

 GW後半の4連休、帝釈山脈縦走山行は1日早く切り上げて帰宅し、5月6日は溜まった用事や仕事を終わらせるべく、おとなしくしておくつもりでしたが、低気圧一過の快晴に気が変わり、午前中に諸々の用事を終わらせて、昼から自宅を出て摩耶山に行ってきました(^_^ゞ今回の登路は摩耶東谷とし、その後は六甲アルプスか地獄谷東尾根を下ろうかとも思いましたが、時間も遅めやったし、結構疲れがあったので、あっさり軟弱にバスで下山とあいなりました(~o~)
 体は重かったですが、天気はすこぶる良く、春のプチ沢歩きを楽しむことができました(^_^)

 阪急で十三から六甲まで行き、バスで五毛に着いたら既に午後1時過ぎ、そそくさと身繕いして出発、まずは長峰堰堤の登山口へ!登山道に入り、ダムを越えた杣谷と山寺尾根の分岐に下ります。08/4/5に摩耶東谷に入った時は、山寺尾根の方に少し登った石垣の間から摩耶東谷に入りましたが、今回は杣谷と山寺尾根の分岐のあたりの畑の辺から西の方に谷に入りました。
Dsc03803今回のスタートの五毛バス停
Dsc03806柵の右側の道から摩耶東谷に入りました!


 私有地らしき所の横を通り沢沿いに歩いていくと、一つ目の砂防ダム(深谷砂防ダム)の手前で薮の中の急な踏み跡を右上に上り、石垣の間からの良い道に合流、そのすぐ先が深谷砂防ダムの上となります。
Dsc03807摩耶東谷に入ってすぐの辺り
Dsc03812深谷砂防ダムの手前で良い道に出ました!
Dsc03814こんな感じの広い道を進みます!


 進んでいくと徐々に沢が近づき、木の橋で右岸に渡ります。上に砂防ダムが見える滝の下で左岸に渡り、深谷第二砂防ダムを越え、今回は階段を登らずに直に川床に下りました。すぐに不動滝の下、シャガの咲く滝上の小屋のそばを過ぎて、深谷第三砂防ダム下、ここで山寺尾根の約600mPへの尾根道を分けて、深谷第三砂防ダムを左岸から越えて沢沿いに進みます!
Dsc03815この木橋で右岸に渡ります!
Dsc03818上に砂防ダムが見える滝!
Dsc03823深谷第二砂防ダムから直接コンクリートの階段を下りました!
Dsc03824不動滝
Dsc03830不動滝前の古い小屋
Dsc03835深谷第三砂防ダム
Dsc03838深谷第三砂防ダム上に立つ
Dsc03839小滝が続きます!
Dsc03843小滝が更に続きます!
Dsc03844上の小滝の巻道です!


 滝を巻いたりして進むと。スリットが入った深谷第四ダム、その先でゴルジュを通過します。途中左に沢を分け、ゴルジュの奥に滝、右岸側にロープが設置されていて、ロープを頼りに登ったけど、全体重を掛けるのはちょっとはばかられるようなロープ、他の人にはお奨めできません!途中沢を左に分ける所でから巻き道が右岸にあります。
Dsc03845更に小滝が続きます!
Dsc03847上の小滝の奥にスリットの入った深谷第四砂防ダム
Dsc03860ゴルジュの入り口です!
Dsc03868ゴルジュ途中から下流方面
Dsc03870ゴルジュの途中から上流方面
Dsc03872ゴルジュの右岸側から合流する沢。この沢を詰めると上野道に出られるのか?
Dsc03879ゴルジュを振り返る
Dsc03880ゴルジュの突き当り
Dsc03884ゴルジュの突き当りの滝
Dsc03885上の滝の左側。残置ロープが垂れています。
Dsc03886滝の下からゴルジュを振り返る
Dsc03891滝の上からの俯瞰。滝とロープがかかった斜面。
Dsc03895滝の右岸側の巻道の下部です。


 更に小滝を越えていくと、石組みの古い堰堤、簡単に越えられます。そこを過ぎて少し登ると、水が涸れました。更に登っていくと、水路状の堰堤、以後、踏み跡は徐々に薄くなり、水路の主に左岸側の歩きやすい所を水路に付かず離れず登っていくという感じでした。
Dsc03896更に上流に小滝。
Dsc03899石組みの古い堰堤
Dsc03901石組みの古い堰堤を越えて上流側は水が涸れていました!
Dsc03907水路状の堰堤。落ち葉や石や枝で埋もれつつあります。
Dsc03913水路状の堰堤が続き、主に左岸側の藪の斜面を登りました。


 薮の中、徐々に急になる斜面を登っていくと、木々の間にロープウェイ星の駅の赤い色を発見(^-^)それから少し登ると駅舎の南側に飛び出しました!柵を越えて、駅舎の入口前に到着です\(^o^)/
Dsc03914藪を見上げると赤いものが見えました!
Dsc03915赤いものをズームアップした写真です!
Dsc03919見上げると、枝葉の合間にロープウェイの駅舎!
Nec_0804ロープウェイの駅舎!


 この時点で午後3時過ぎ、地獄谷東尾根から六甲の北側に越えることも考えていたけど、しばらく休んでいると阪急六甲駅行きのバスがやってきて、一気にモチベーションダウン(^_^ゞたこ焼き(10個\400)を食いながらバスで下山、銭湯にも浸からずに帰宅とあいなりました(~o~)
Nec_0807たこ焼き!
Nec_0806阪急六甲行きのバス!


 出発が遅く登りだけの短時間の山行となっちゃいました(^_^;)疲れが残っていたけど、春の快晴の中、結構楽しんでプチ沢歩きを楽しめたし、行ってヨカッタでした(^o^)

20080506(火)所要時間1h50m、実働時間1h44m
五毛バス停(80とする)1317→1329長峰堰堤登山口(165)→1333摩耶東谷入口(畑の間)(195)→1337石垣からの道に合流(215)→1339深谷砂防ダム(230)→1354不動滝の下(320)→1359深谷第三砂防ダム下(340)→1412深谷第四砂防ダム(380)→1424ゴルジュ奥の滝の下(430)1425→1427ゴルジュ奥の滝の上(偵察含む)(440)1431→1436石組の砂防ダム(465)→1446水路状堰堤の下(540)1447→1507掬星台(685)

|

« 20080503-05帝釈山脈縦走3:2033mP→馬坂峠→帝釈山往復→檜枝岐 | トップページ | 20080511船坂谷、白水尾根 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92847/41219860

この記事へのトラックバック一覧です: 20080506摩耶東谷:

« 20080503-05帝釈山脈縦走3:2033mP→馬坂峠→帝釈山往復→檜枝岐 | トップページ | 20080511船坂谷、白水尾根 »