« 20080323鶴見岳→由布岳 | トップページ | 20080401夜桜ジョギング! »

2008/04/01

20080330芦屋地獄谷、五助尾根、山羊の戸渡

 3/30の日曜日は単独で六甲山に行ってきました!今まで歩いたことの無いコースを探索するのが、今回の目的!ということで、阪急芦屋川駅→芦屋地獄谷→風吹岩→打越山→五助尾根→山羊の戸渡→六甲ケーブル下というコースを歩いてきました!が、この日も雨・・・2週連続の雨中の山歩きとなっちゃいました・・・

 この日は雨の予報、特に午後から降水確率↑とのことで、早起きして6:28の阪急に乗り込み、7時ちょうどに阪急芦屋川駅を歩き始めました。しかし、この時点で既に小雨がぱらつき始めていました・・・
Nec_0761_2阪急芦屋川駅より、結構桜が咲いていました!

 高座の滝まではジョギング+歩き、他にもハイカーがいました。尾根を越えて地獄谷に入ります。この先はガーデンテラス付近までハイカーには誰にも会わず!小便滝はこの日は涸れていました!今回はA懸岩の方に行かずに、少し登ってトラバースして砂防ダム(梅谷第二砂防ダム)を左岸から越えてそのまま地獄谷を詰めていきました。すぐに滝があり、更に奥に二段の滝、この滝が地獄谷で一番滝らしいとのこと、滝の右側を登りトラバースして滝の上に出ました。
Nec_0682_2高座の滝
Nec_0683_2芦屋地獄谷の入口にて
Nec_0684_2芦屋地獄谷にて
Nec_0685_2芦屋地獄谷にて
Nec_0686_2芦屋地獄谷にて
Nec_0687_2涸れた小便滝
Nec_0690_2小便滝の奥の砂防ダムを左岸から越える!
Nec_0692砂防ダムのすぐ先の小滝
Nec_0693二段の滝
Nec_0698二段の滝の上から見下ろす!

 二段の滝から数分で、右から支沢が合流する二俣、「摂津谷歩会」の板があり、右の岩っぽい沢にはテープの目印が見えましたが、左の本流を進みました。
Nec_0699芦屋地獄谷にて
Nec_0700芦屋地獄谷にて
Nec_0702「摂津谷歩会」の板
Nec_0701右から合流する支流

 更に数分でまた二俣、左が本流らしいですが、金鳥山~風吹岩の間に出そうで、ここは右をとります!すぐにまた二俣、赤ペンキで目印が書かれた大岩を右から超えて左俣に入ります。沢の形状が不明瞭になりますが、シダを踏みつけてできたかのような踏み跡があり、そこを登りました。
Nec_0703芦屋地獄谷にて
Nec_0704芦屋地獄谷にて
Nec_0705二つ目の二俣の左俣
Nec_0706二つ目の二俣の右俣
Nec_0707二つ目の二俣から下流方面
Nec_0708赤ペンキ印のある大岩

 徐々に傾斜が急になり、背後の景色が見えてきます。そうこうするうちに送電鉄塔が見えてきた、と思ったら、風吹岩のすぐ西側の送電鉄塔の所に飛び出しました!!!さすがに雨の風吹岩には誰もいず・・・小休止後、先に進みます。
Nec_0709
Nec_0710風吹岩のすぐ西側に出た所
Nec_0711風吹岩にて
Nec_0712風吹岩にて

 次の分岐を左に取り、横池、雌池、打越峠、打越山(打越山にはベンチを修理中の男性がおられた。)と進み、住吉川を木の橋で渡って石切道・住吉駅への分岐点に到着!ここから住吉川沿いの道を行きます。五助ダムを越え、木道が終わるとすぐに五助尾根の取り付き。飛び石伝いに右岸に渡り、少し登った所の「土砂崩壊防備保安林」の看板から五助尾根に入りました!
Nec_0713横池への分岐
Nec_0714横池
Nec_0716雌池
Nec_0719打越峠にて
Nec_0720打越山にて
Nec_0723石切道・住吉駅への分岐にて
Nec_0725五助ダム
Nec_0726五助尾根への取付き
Nec_0727五助尾根入口

 そのすぐ先で阪神大震災で崩壊したというナイフリッジ、でも現状ならそう問題なく通過可能でした!ナイフリッジから登山道に戻る所が土の斜面で滑りやすそうでした!
Nec_0729ナイフリッジ
Nec_0730ナイフリッジを振り返る

 あとは時々笹が出てくる尾根をひたすら進みます!そうこうするうちに四等三角点のある五助山に到着、南東側の景色を見ることができました。少し雨が強くなってきたので、ここで雨具を装着しました。
Nec_0731五助山にて
Nec_0732五助山より
Nec_0733五助山より
Nec_0734五助山にて

 しばし休憩後、尾根を進みます。五助山から数分のところ、尾根に登り着いて右折しましたが、下ってきた時は左に折れ曲がるところをまっすぐ行ってしまいそうな所がありました!テープ印がいくつかあるので間違うことはないと思うけど、要注意個所です!
 途中展望の良い露岩があり、これから行くガーデンテラス方面がよく見えました。笹は一部背丈ほどになるところもあり、大きな岩が2か所ありました!ガーデンテラスの建物が間近に見えてきて、最後の笹の登りを行くと縦走路に飛び出しました!雨でも縦走路には結構なハイカーがいます!!!みんな物好きですわぁ(^.^)
Nec_0736展望の良い露岩からの展望
Nec_0738縦走路に出た所にある道標
Nec_0739笹が被さる五助尾根道を振り返る

 ガーデンテラスのフードテラスで、阪神も出だし好調やし、六甲おろしうどん\700で軽い昼ごはん(^o^)ストーブがうれしいくらいに結構気温は低目でした!
Nec_0740六甲おろしうどん

 30分以上大休止し、当初貸し切り状態のフードテラスも混雑してきたので、先に進みました。縦走路を辿り、杣谷峠から長峰山方面に向かいます。自然の家の裏手を通り、長峰山への三叉路は左に進み、また自然の家の裏手を通り、登り着いたちょっとしたピークが山羊の戸渡尾根の入口です。右に進む所を、偵察に左に下っていくと、自然の家のグラウンドに出て、三国池下から下りつく奥摩耶ドライブウェイのすぐ近くの車道に出ました!
Nec_0741杣谷峠の道標
Nec_0742長峰山への分岐にて
Nec_0743長峰山への分岐にて
Nec_0745山羊の戸渡の入口のピークにて
Nec_0746山羊の戸渡の入口のピークにて
Nec_0747自然の家のグラウンドからの登り口

 基の分岐に戻り、山羊の戸渡りを進みます。分岐からすぐに「もどれ」の標識!樹林のやせ尾根を進みますが、道はしっかりしていて迷うことはありません。恐竜の背のような痩せた岩稜は右側に巻き道があります。その先のピークの手前にインターネットで見たことのあるアクリル板の「山羊の戸渡」の道標が地面に落ちていました!
Nec_0748「もどれ」の標識!
Nec_0749岩場、右から巻きます!
Nec_0750「山羊の戸渡」のアクリル板の道標!

 そのすぐ上が約635mP、2007.2.5の日付の「山羊の戸渡り」の山名版が地面に置かれていた!ここからは滑りやすいやせ尾根の急降下、スリップしないようにゆっくり下ります。
Nec_0751約635mPにあった「山羊の戸渡り」の道標
Nec_0752約635mP
Nec_0753約635mPから下る方向を見下ろす!

 途中、コルの先に岩場あり、登った所が約515mP。そこから約100mの下りで六甲川の二俣に下り着きました!飛び石伝いに沢を渡り、左岸の踏み跡を進むと標高約405mのヘアピンカーブの所で車道に出ました!
Nec_0754約515mP手前の岩場
Nec_0755六甲川に下りついた所
Nec_0756六甲川に下りついた所
Nec_0757六甲川に下りついた所
Nec_0758六甲川に下りついた所
Nec_0759車道に出る手前の広場に出てくる所の木の階段
Nec_0760標高約405mのヘアピンカーブ、山羊の戸渡の登山口

 ここからは車道の下り、ジョギングモードで10分で六甲ケーブル下のバス停に到着!雨の中ここから六甲駅まで行く根性は無く、本日の山行はここで終了(^.^)10分毎にあるバスで、阪急六甲駅に出て、駅の近くの銭湯「富士温泉」で汗を流して、帰宅しました!

 この日は雨で結構気温も下がって、ガーデンテラス付近では手袋なしだと手がかじかんで、フードテラスのストーブがうれしい、って感じでした!でも雨自体はそれ程強くはならず、まぁ予定のコースをのんびり歩くことができました(^O^)/
 次の土曜日はのんびり宴会ハイキングの予定、是非晴れて欲しいけど、二度あることは三度あるって言うし、果たして大丈夫なのかぁ???

20083030(日)所要時間6h38m、実働時間5h08m
阪急芦屋川駅(30)700→715高座滝(185)716→729小便滝・約265m二股(275)730→745二段の滝上(310)747→758約340m二俣・右へ(355)800→812風吹岩447m(460)816→823横池(470)→840打越峠(445-50)854→901打越山481.6mP(500)→921石切道住吉駅分岐(305)→930五助尾根取付(340)→931「土砂崩壊防備保安林」(450)→934ナイフリッジの先(360)→1001五助山636.6m△(665-670)1014→1028露岩(735-40)1030→1052六甲全山縦走路(925)1054→1057ガーデンテラス(フードテラス)(915)(875とする)1133→1148記念碑台(785)1151→1158丁字ヶ辻(765)→1204三国池下(740)→1212奥摩耶ドライブウェイ(620)→1217杣谷峠(610-15)1218→1230長峰山分岐(670)→1235山羊の戸渡尾根入口(655)→1238奥摩耶ドライブウェイ(自然の家グラウンド入口へ偵察)(620)→1243山羊の戸渡尾根入口(655)→1253ナイフリッジの岩場の上(620)→1256「山羊の戸渡」(640)1257→1258約635mP(645-40)1303→1314岩場の手前の鞍部(515)→1315約515mP(530)→1323六甲川・約415m二俣(410)1325→1328車道・約405mヘアピンカーブ(405)→1338六甲ケーブル下バス停約245m(240)

|

« 20080323鶴見岳→由布岳 | トップページ | 20080401夜桜ジョギング! »

コメント

YAMAYAMAさん、こんにちは~
昨日こちらで教わった山羊戸渡に行ってきました。
私の歩く速度はYAMAYAMAさんの半分以下なので芦屋地獄谷、五助山はそれぞれ別の日ですが…(笑)
晴れてとても楽しく歩くことが出来ました。
又、いろんなコースを教えてくださいね。

投稿: ぶうちゃんママ | 2008/04/21 15:09

ぶうちゃんママさん、こんばんわぁ!で、YAMAYAMAブログにカキコ、ありがとうございますm(__)m
4/20の日曜日は山羊の戸渡に行ってこられたんですな!私が行った時と違って天気が良かってうらやましいです!!!
私も六甲の地図に載ってないようなコースはぶうちゃんママさんや他の方々のブログやHPを参考にさせてもらってます(^_^)今後ともいろんなコースを参考にさせてもらおうとてぐすねひいてますんで(^_^)、こちらこそヨロシクです(^o^)/

投稿: YAMAYAMA | 2008/04/22 02:13


はじめまして
ぶうちゃんママさんのブログから流れてきました
筆無精ですが ちょくちょく遊びにこさせていただきます
よろしくお願いいたします

投稿: げん | 2008/04/22 12:31

げんさん、はじめまして、こんばんわ!YAMAYAMAのブログに書き込み、ありがとうございますm(__)m
げんさんのブログも密かに訪問させてもらっていましたので、カキコしていただいて嬉しいです!「大池地獄谷~地獄谷東尾根」とか行ってみたいと思ってしましますねぇ(^_^)
またこれからもちょこちょこ読ませてもらうつもりですんで、リンクもさせてもらいました!今後ともどうぞよろしくです(^o^)/

投稿: YAMAYAMA | 2008/04/23 00:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92847/40727383

この記事へのトラックバック一覧です: 20080330芦屋地獄谷、五助尾根、山羊の戸渡:

» グローバルダイエット体験日記*グローバルダイエットの効果は?? [グローバルダイエット体験日記*グローバルダイエットの効果は??]
グローバルダイエットをするぞー!!と意気込んで、このブログを作ってからどのくらいの時間が経ったのでしょう。。。まったくダイエットをサボっていたわけではありません。グローバルに注文はしたけれど、だらだらとダイエットをしていただけ・・・。でも、もう季節は春♪いつまでもこんなデブな体型ではいられない... [続きを読む]

受信: 2008/04/02 03:06

« 20080323鶴見岳→由布岳 | トップページ | 20080401夜桜ジョギング! »