« 20070503-05白山縦走:加賀禅定道→中宮道2 | トップページ | 20070513 2007 新地球 Run in KIX »

2007/05/15

20070503-05白山縦走:加賀禅定道→中宮道3

Pict7806Pict7807
 
 
 
 
 
5/5(土)
 バスの時間は16:55なので、早く下りても仕方ないのだが、結局3時頃には起き出し、すっかり明るくなった5時頃に小屋を出発した。
 この日は天気は下り坂になるかと危惧してたけど、この日も快晴\(^o^)/で、雪解けは早く、昨日出会ったパーティのトレースはほぼ消えていた。しばらくは平坦なコース。二重山稜になると左の方の尾根にルートをとり、小屋から10分程の所から左前下方に見える尾根に向けて斜めに下るが、少し上に行きすぎて、目標の約50m程上方で尾根に到着、少し下ると夏道が少し出ていた。この坂はカエデ坂というらしい。
 約1585m鞍部で早くも休憩、暑いので雨具はこの時脱いだ。鞍部からしばらく登り、尾根が右折する所で二重山稜となるが、夏道は尾根の間の沢状の所を通っているようであった。
 二重山稜が終わった所から振り返ると白山が美しい!そこから5分ほど登ると、1774.4mP滝ヶ岳の巻き道となる。夏道が出ている所もあるが、急な雪面のトラバースになる所もあり、注意して歩いた。雪原状となりしばらくまっすぐ進むと雪に埋もれかけた「滝ヶ岳」の道標発見、ここから左前下方の尾根に向けて、イチイ坂の下りである。斜めに下ると目的の尾根に達したがそこから下る尾根に夏道が見えず、しばらくあちこち探す。一部発見し、適当に尾根の右側の雪面を辿って、約1435m鞍部に下り着いた。ここでしばし休憩。
Pict7812
Pict7815
Pict7825
 
 
 
 
 
 
 
 
 ここから1533mPまでの登りは尾根の右側に付いているのだろうか?結構藪っぽい感じであった。1533mPは南西側は樹林のない草付きの急斜面となっており、すこぶる展望良好!!!しかし、夏道は尾根上には通ってないようであった。ふと右下を見るとシナノキ平避難小屋の赤い屋根が見え、ピークではあまり休まず、急な雪面を下って、シナノキ平避難小屋で休憩(^_^)
Pict7828
 
 
 
 
 
 小さいが、落ち着いた感じのする避難小屋、急ぐ必要もないのでぼぉーっと休憩(^_^)30分近く滞在して、先に進む。ここからはかなりの部分夏道を辿ることとなった。下りきった鞍部のわずか先から湯谷の頭の巻き道となる。登り切った所に道標、「室堂15.1km、シナノキ平避難小屋0.6km、中宮温泉4.9km」となっている。マジックで書かれた消そうな字を読むと、ここが湯谷の頭への分岐で、「藪漕ぎ30~60分、白山の展望良し」とのことである。ピークハンターとしては心をそそられるが、そこまでする根性は全く湧かず今回はあっさりパスすることとした(^_^ゞ
 そこから少し行くと、2個所山と高原地図の水場マークの沢があり、水の補給が可能だったが、残雪がミニスノーブリッジとなっており、通過に注意を要した。
 途中、「とちのき坂」の道標、「室堂16.2km、シナノキ平避難小屋1.7km、中宮温泉3.8km」となっていた。そこから更に巻き道を進むとようやく尾根状の道となり、約1295m鞍部に下り着いた。ピークを巻いて下ると、約1245mPに向けて稜線の左側からわずかの登りとなるが、疲れた体にはほんのわずかの登りがしんどかった(^_^;)。
 約1245mPは頂上付近が岩っぽくなっていて、展望が良い!振り返ると白山頂上部が遠い!!!そこからはほぼ下り一辺倒、カタクリ等の草花、タムシバが結構咲いていて心が癒される(^_^)しばらくで「清浄坂」の道標、室堂18.1km、シナノキ平避難小屋3.6km、中宮温泉1.9kmとなっていた。ここからは急な下りとなる。
 急坂を下るとブナの大木が何本か立つ平地に出るが、ここの道標は雪のせいか倒れいていた!カタクリがた~くさん咲いて綺麗!前下方に中宮温泉が見えてきて、一下りでコンクリートの上に出て、階段を下ると、中宮道登山口にようやく到着\(^o^)/木橋で川を渡り車道に出た所で最後の休憩。あとはマメができて痛い足を引きずりながら中宮温泉の対岸を通る車道を下り、川を渡った所がバス停、ゴマ平から6時間40分で到着、ここで今回の山行は終了となりました!!!
Pict7869
 
 
 
 
 
 中宮温泉はまさに山間、docomoの携帯は圏外(AUは入るとのこと)、公衆電話も無し。4軒ある中宮温泉の旅館の一番手前の山田旅館で一風呂浴び(\500)(ここはイマイチおばちゃんの態度が悪かった(ー_ー)!!)、バス停横の食道兼みやげ物屋で昼飯食って、電話を借りて、コレクトコールで自宅に下山報告!この時、お花松原の手前で出会った5人組がやって来て、ちょこっとお話!その後、足湯でのんびり、近くのベンチで昼寝(-_-)zzz。下山からバスの時間まで5時間以上あったけど、こんな風な感じでのんびり過ごす内にバスの時間、瀬女、鶴来、新西金沢→西金沢、金沢と乗り換えて、ようやく夜10時半頃新大阪に帰着できました!!!

 今回の3日間、3日間とも天候に恵まれ、御前峰以外は静かなでも素晴らしい残雪期縦走を楽しむことができました!!!今度、白山に残雪期にくるならやっぱり山スキーできたいもの(^_^)あと、高山植物の花の時期、紅葉の時期にも来てみたいと思ってますが、果たしていつになったら実現することやら・・・また20年以上先やったりして(~o~)

20070505(土)所要時間6h39m、実働時間5h09m、コースタイム5h20m
ゴマ平避難小屋約1855m(1855とする)501→535約1585m鞍部(1570)547→627滝ヶ岳のトラバース始め(1695)→644「滝ヶ岳」道標(1675)→714約1435m鞍部(1415)728→759 1533mP(1515-10)801→808シナノキ平避難小屋約1475m(1445・1475とする)835→849約1395m鞍部・巻き始め(1410)→900水場の沢(1400)→907水場の沢(1400)→946約1295m鞍部(1310)→1008岩のあるピーク約1245mP(1235)1034→1042「清浄坂」道標(1205)→1109ブナの大木あるの平(890)→1122中宮道登山口(765)1131→1140中宮温泉バス停(695)

|

« 20070503-05白山縦走:加賀禅定道→中宮道2 | トップページ | 20070513 2007 新地球 Run in KIX »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92847/15041133

この記事へのトラックバック一覧です: 20070503-05白山縦走:加賀禅定道→中宮道3:

« 20070503-05白山縦走:加賀禅定道→中宮道2 | トップページ | 20070513 2007 新地球 Run in KIX »