« 20070428-30立山界隈山スキー | トップページ | 20070503-05白山縦走:加賀禅定道→中宮道2 »

2007/05/08

20070503-05白山縦走:加賀禅定道→中宮道1

 2007年のGWの後半は白山を歩いてきました!白山山系には最近も何回か残雪期に行っていますが、本峰に登るのは1985年5月以来なんと22年振り!この時期の白山は自家用車が無いと非常に不便なのですが、何とか公共交通機関のみで行けないか、と考え、白山一里野温泉スキー場→加賀新道→加賀禅定道→本峰→中宮道→中宮温泉というコースを計画してみました!これは2年前のGWに三方崩山→間名古の頭→北縦走路→野谷庄司山と歩いた時に出会ったパーティが、今回の逆コースを歩いているとのことで、それで計画したという訳です。
 今回もGW前半以上に天候に超非常に恵まれ、予定のコースを歩くことができました。この時期の白山はさすがにその名の如く白き山!頂上付近には市ノ瀬から登ってきたと思われる登山者、山スキーヤーが多かったですが、それ以外の場所で出会ったパーティは7パーティのみ!!!加賀禅定道、中宮道とも静かな残雪期の山行を楽しむことができました\(^o^)/

5/2(水)、5/3(木)
 5/2の夜、先週に続いて寝台急行きたぐにに新大阪から乗り込むが、自由席はさすがに一杯で、グリーン車横のデッキに陣取った。ザックを椅子代わりにうたた寝(-_-)zzz小松駅到着は3時前、で駅の待合室でシュラフを取り出して大胆に仮眠(-_-)zzz
 6時台に起き出し、7時過ぎの電車で西金沢に向かい、新西金沢から北陸鉄道に乗り換え、鶴来駅到着。中宮温泉方面行きの直通バスはこの4月から廃止となり、瀬女で白山コミュニティバスに乗り換えるとのこと!!!しかも、中宮温泉まで行くあるいは中宮温泉から乗るから場合は前日までに予約が必要とのこと!!!この辺りはリサーチ不足で、もう少しでバスに乗り遅れる所やった・・・
 一里野温泉までは予約は不要なので、バスは瀬女で乗り換えて終点の一里野に到着!この時、下山時のバスを電話で予約した(076-196-7011)!
 バスを降りて、少し歩いて、身繕いをして白山一里野温泉スキー場のゴンドラに乗り込む(片道\400)。約7分で山頂駅到着!大笠山が綺麗に見えている!しかし、係員以外他に誰もいず!係員に登山届けを託して、10時丁度に歩き始めた。
Nec_0058

 が、すぐ上の展望台でザックを下ろし、写真をパチパチ、ここは携帯もつながり、自宅にメールを送ることができた(^_^)その後、歩き始めるが久々の重荷にペースは遅い・・・20分程で一度林道を横切る。更に登ると「檜倉」の道標。2002年版昭文社の山と高原地図では1214.0m三角点Pが檜倉となっているが、どちらが正解なのか?この辺り雪は全く無い。白からピンク色の草花が結構咲いているが、名前は???ブナ林の約1215mPでしかり場への登りを一望できるが、まだ先は長い・・・しかり場の右奥に見えるのは美女坂の頭付近か?下りきった約1175m鞍部に「木実谷頭」の道標あり。
Pict7458
 標高1300m位から雪の上を歩くようになった。1360m付近で二重山稜の尾根を右に乗りかえるが、下りの場合は尾根の乗りかえ地点分かりにくそう・・・約1395m地点には「縁の谷峠」の道標あり、ここでサングラスを付けた。途中、朝から登り始めたという男性単独行者が下ってきた。彼はピッケルも持ってきておらず、美女坂を登るのは危険と判断して長倉山あたりから引き返してきたとのことであった。彼曰くしかり場から先のヤセ尾根と不安定な雪庇よりはしかり場からの下りが判りにくい、とのことだった。
 
 2時間半以上かかってようやくしかり場1549mP到着!ここはハライ谷登山口からの檜新宮参道との合流点。この時は雲が多かったが、行く手遙かに四ツ塚山あたりを望むことができる!すぐ行く手には長倉山が近い!
 しかり場からはヤセ尾根のアップダウンが続く。「みんなの白山情報」というブログによると、この先は気の抜けない雪庇が連続するとのこと、確かに微妙な感じに残った雪庇があって、夏道をずっと行ける訳で無く、雪庇上をずっと歩ける訳で無く、ヤブっぽいところも何カ所かあって、神経を使う所があり、結構時間がかかった。急登の上に出て少し行くと雪に埋もれ壊れかけた道標があった。そのすぐ先のピーク(約1645mPか)には雪に埋もれ倒れた植生についての看板があり、雪の力を感じさせられる。
 その次のピークが2万5千図の1660.6m三角点か!昭文社の山と高原地図ではこの三角点ピークが長倉山となっている。そこから少し下った所から行く手に美女坂の頭、奥長倉山が見え、奥長倉山の手前に避難小屋を確認することができた!
 なおも雪庇に注意しつつ1653mPを越えて行くと、ようやく奥長倉山避難小屋に到着!ここまで約5時間かかったことになる。当初の計画では美女坂を越えて適当にどこかに幕営する予定だったが、この先まだまだ時間がかかりそうだったので、あっさり避難小屋泊まりに計画変更した(^o^;)雪が溶けてきており、問題なく1階の入り口から小屋に入ることができた。
Pict7541
 荷物を置いて壊れかけた道標のある奥長倉山に登り、その少し先まで美女坂の偵察に行く!雪が途切れて夏道が見えている所もあるが、登りだし慎重に行けばそう問題ないように見え、写真をパチパチ撮って避難小屋で夕食!
Pict7547
Pict7553
 17時半頃に男性一人、遅れて女性一人の二人パーティがやってきた。彼らは2階に陣取ったが、この避難小屋と南竜の避難小屋のデポ品を回収しに来たとのことだった。で、明日は空荷で南竜まで往復するとのこと!!!相当パワーのあるパーティのようだった!!!
Pict7580
 この日は疲れていて、夕日を見た後、降るような星空を見ることなく、18時半頃にはシュラフに潜り込んだ(-_-)zzz
 
 
20070503(木)所要時間5h07m、実働時間4h11m、コースタイム4h10m
白山一里野温泉スキー場ゴンドラ山頂駅(1030とする)1000→1002展望台(1040-45)1012→1036「檜倉」(1145)1037→1058約1215mP(1210)1102→1109木実谷頭約1175m鞍部(1170)1110→1201縁の谷峠約1395m(1390-95)1204→1217写真タイム(1465-60)1219→1234しかり場1549mP(1540)1307→1341急登の上(1620)1342→1401 1660.6m△点P「長倉山」(1655)→1430 1653mP(1645)→1507奥長倉山避難小屋約1725m(1725-30)(泊)

(続く)

|

« 20070428-30立山界隈山スキー | トップページ | 20070503-05白山縦走:加賀禅定道→中宮道2 »

コメント

1000m越える山はまだ冬なんですね。
道の名前など初めて聞く名前ばかり。
わたしも山登り好きだから、いつか少し高い山に登ったり縦走したりしてみたいです。
セッピ踏んだら、落っこちますか?

投稿: YOKKO | 2007/05/09 10:38

YOKKOさん、こんばんわぁ!萩往還、お疲れ様でしたぁ!
今回は登りは1300m位から1400m台位より上はほとんど雪の上を歩くって感じでしたねぇ!それより下ではカタクリとか春の花が結構咲いてましたが、基本的には雪山ですわなぁ!
今回のコースは結構篤志家向けのコースですが、その分、非常に静かなのが良い所です(^_^)でも、「白山」という名前は聞いたことがあるのでは?
まぁ、YOKKOさんもその内是非是非日本アルプスとか八ヶ岳とか白山とか、行ってみて下さいませ!
雪庇を踏み抜くあるいは雪庇が崩壊する可能性というのは絶対0ではないけど、しっかりした雪庇なら藪を避けて雪庇上にルートをとることは非常によくあることです!でも、壊れかけた雪庇はかなり注意が必要になるし、その辺の判断が難しいところやと思いますヨン!!!

話変わるけど、YOKKOさんの萩往還のレポの続き、楽しみにしときますんでヨロシクお願いしま~す(^o^)/

投稿: YAMAYAMA | 2007/05/09 22:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92847/14999612

この記事へのトラックバック一覧です: 20070503-05白山縦走:加賀禅定道→中宮道1:

» スクープ!パリス・ヒルトン45日間禁固刑! [スクープ!パリス・ヒルトン45日間禁固刑!]
画像・動画 [続きを読む]

受信: 2007/05/08 18:57

« 20070428-30立山界隈山スキー | トップページ | 20070503-05白山縦走:加賀禅定道→中宮道2 »