« 20070421六甲縦断ハイキング | トップページ | 20070503-05白山縦走:加賀禅定道→中宮道1 »

2007/05/02

20070428-30立山界隈山スキー

 2007年GWの前半の3連休は、春山スキーのメッカ、立山で山スキーを楽しんできました!実際滑れたのは中日1日だけで予定していたコースを全部は滑れなかったけど、その日は超好天で、私のレベルなりに山スキーを満喫することができました(^o^)/

━━━━━━━━━━
070428(土)所要時間0h36m、実働時間0h36m
室堂1740→1816雷鳥沢キャンプ場(幕営)

 4/27金曜夜の急行きたぐにに乗り込む。連休初日で自由席は満杯かと思いきや、新大阪からでも座席に座ることができました!やはり、山に行く人は車利用がほとんどなのか、と思ってしまいます。
 富山駅から立山駅に行くと雨は上がってきているものの、吹雪と積雪で美女平→室堂のバスが動いてないとのこと・・・当初は午前中運休とのことだったが、9時過ぎには終日運休が決定され、通常通り運行している信州側から室堂に入ることとし、10:04の電車で出直し、立山→富山→糸魚川→南小谷→信濃大町と乗り継いで、信濃大町に13:59に到着!ここから扇沢、黒部ダム、黒部湖、黒部平、大観峰ときて最終のトロリーバスで17:30にようやく人気の無い室堂に到着することができました!!!しかし、予想外の大出費でした・・・
 とりあえずすぐに身繕いをして、不要なものをコインロッカー(\200)に預けて、雷鳥沢キャンプ地を目指しました。キャンプ場に着く頃には風は強かったけど、吹雪はおさまり、一時はこの日は山小屋泊まりにしようかと思ってたけど、当初の予定通り幕営することとしました。この荒天やのに結構の数のテントの数がありました!
 夜には月と星(冬から春の夜空)がすこぶる綺麗で、明日の好天に大期待(^_^)この日はおそらく21時前頃に眠りにつきました(-o-)zzz
Pict7227
Pict7236雪に埋もれかけた雷鳥沢キャンプ場
 
 
 
 
 
━━━━━━━━━━
070429(日)所要時間4h30m+1h52m+1h35m、実働時間3h06m+1h24m+1h18m
雷鳥沢キャンプ場636→759約2685m稜線820→852約2835mP927-(約2835mP龍王岳間の沢・御山谷)→1004東一ノ越1029-(タンボ平)→1102スキー外す1105→1106黒部平
黒部平1226===1233大観峰1245===1255室堂
室堂1321→1402室堂山1430→1513弥陀ヶ原
弥陀ヶ原1520===1540室堂
室堂1610→1711一ノ越1728→1745雷鳥沢キャンプ場(幕営)

 朝4時半頃起き出すと、まさに大快晴状態\(^o^)/
Pict7245
 
 
 
 
 
ノンビリ朝食のお茶漬けとお粥を食べて、6時半過ぎてから出発、当初の計画では初日御山谷→タンボ平で2日目に真砂沢→大走りコースの予定も、積雪直後で雪の状態が心配だったので、とりあえず白く輝く浄土山を目指すこととし、まずは一ノ越に向かってシール登行開始!
Pict7251
 
 
 
 
 
途中までは雪上車がラッセルしてくれていて、その後を追う。傾斜がきつくなり出す頃に、雪上車のコースを外れて沢筋をそのまま登る。一ノ越の下方で一ノ越方面には行かず、一ノ越の少し南側の約2685m鞍部に向かった。稜線は風が強く、クラストしていたので、稜線に出た所で、スキーを担ぎ、ピッケル+アイゼンに切り替えて登った。一ノ越に向かって結構な数の登山者、スキーヤー、ボーダーが登ってきているのがよく見えた!
 浄土山の南東の富山大研究所のある約2835mPにキャンプ地から2時間以上かかってやっとこさ到着!ここはまさに360度の大パノラマ!!!行動食を食べて、滑降の準備をして、写真をパチパチ撮って休憩している間に、このピークにもスキーヤーやボーダーがやってきた!
Pict7281
Pict7282
 そのピークからは龍王岳との鞍部に行き、そこから御山谷に向けて真っ新の斜面にシュプールを描いて滑り降りた(^o^)/なかなか良い気分!これぞ山スキーの醍醐味ですわぁ!!!でも、1回小転倒(^_^;)
Pict7291
 前方には東一ノ越に向かうスキーヤーが3人、今日の状況であれば雪崩の危険性は少ないと考え、私も当初の予定のコースの東一ノ越→タンボ平→黒部平のコースに向かうこととした。他に御山谷を黒部湖に向けて下る者、ある程度滑って一ノ越に登り返す者、人それぞれである。一ノ越からの沢と出合う前に左にトラバース開始、尾根をのっこし、一ノ越からの沢を横切って、夏道とおぼしきコースに入る。東一ノ越までは結構な斜度のアイスバーンの斜面のトラバースが続き、慎重にエッジを立てて、通過!ここが今回の核心部であった!!!
 東一ノ越には小さな木製の鳥居と木で作った椅子があって休憩できるようにしてあった。ここから御山谷方面やタンボ平方面の展望を楽しみつつ、これからの滑降に備えて休憩!後ろからもチョイチョイとスキーヤーがやってきてやはり人気のコースということがわかる!
Pict7320
Pict7323
Pict7325
 東一ノ越からは無木立の大斜面!!!右寄りに行くと傾斜が緩むので、滑りに自信のない私は、できる限り傾斜が緩くてシュプールが付いていない斜面を滑った。ここもまさに山スキーパラダイスって感じの気持ちいい所でした(^o^)/ある程度下るとタンボ沢に入らないように左の方へ斜滑降。黒部平-大観峰をつなぐロープウェイがすぐそこに見え、意味無くストックを振ったりしてアピール(^_^ゞ
 下るにつれ、雪が重くなり、ターンが難しくなるが、最後の方はほぼ直滑降で黒部平駅の直下に到着、ここからは少し登り返し、最後の所だけスキーを外して手に持って、観光客で超大混雑の黒部平駅到着!ここまで1000mチョイの標高差の滑りでしたぁ(^_^)
Pict7352
Pict7355
Pict7364
 ここでロープウェイの整理券をもらうのだが、結局ロープウェイに乗るまで1時間20分待ち...やまぶどうソフト(\350)なんぞを食べたり、周りの景色の写真を撮ったりしてノンビリ過ごした、と言いたい所だが、何せ人で溢れていてノンビリする所もないという状況でした・・・しかし、黒部平→室堂の\3360が高いぜぃ・・・(>_<)

 ロープウエィ、トロリーバスを乗り継いで、室堂に戻るがここも大混雑!昼食として立山かけそばを食した(\550だったか?)。ターミナルの外に出て、シールを付けて、今度は目の前の室堂山2669mを目指した。約240mの登り、傾斜はそんなに強くなく、ツボ足で登るスキーヤー、ボーダーをグイグイ追い抜いて、ニセピークに騙されつつ41分かかって室堂山山頂とおぼしき所に到着!
Nec_0029
 ここから見る浄土山はまだまだ高く険しくとてもこれ以上登る気にはなれず。でも五色ヶ原や薬師岳方面、奥大日や剱方面などここも展望最高!ただ、午後になったからか何となく靄っている感じ。単独行の女性スキーヤーとおしゃべりして、写真をパチパチ撮って、休憩して、滑降開始!
Pict7384
Pict7391
 ここからは室堂に戻らず、弥陀ヶ原を目指した。室堂山と国見山の間の沢に滑り降りると以後は延々の斜滑降・・・眼下には「雪の大谷」を歩くた~くさんの観光客!国見山、天狗山の山裾をトラバースしていくが、天狗平の向こうには剱岳が素晴らしかった!美松平バス停への分岐を過ぎ、徐々に高度が下がって樹林帯に入る。標識、竹竿、沿って進むとようやく弥陀ヶ原バス停に到着、室堂山から43分のノンビリ斜滑降でした。
 うまい具合に15:20に最終のスキーバスが出るので、早速それに乗り込み室堂に戻った(\780)。
Pict7393
Pict7407

 午後4時前ともなると、室堂の混雑も少しましになっていた!でも、明日は人混みはもううんざりなので混雑を避けて、滑りはせずに始発のバスで帰るつもりであり、もう1本頑張って登って滑ることとした。室堂から今度は一ノ越を目指す。トレースは嫌と言う程付いてはいるが、この時間に登る人はほとんどいない。登っている人もいたが、一ノ越山荘泊まりなのであろう。
 竹竿がほぼ夏道沿いに立てられており、最初はそれに沿って登るが、途中から沢の中を登るようにした。さすがにペースが落ちたが、何とか頑張って、一ノ越到着!直前の部分はアイスバーンになっていた。
Pict7412
Pict7413
Pict7418
Pict7421
 やはりここは風が強く、寒いが、今日最後の展望を少し楽しみつつ、滑降の準備。一ノ越から雷鳥沢キャンプ場までは右方向への斜滑降がメインで時々ターンを交えるって感じ。でも雪質は悪くなく、今回最後の滑降を楽しめました!途中、山崎カールから下ってくるシュプールも何本かあり!私も山崎カールや御前谷を滑ってみたいが、私のつたない技術ではしんどいかも・・・
 最後は直滑降で勢いをつけて雷鳥沢キャンプ場到着。今日は合計行動時間11時間余りで(交通機関での移動時間を含む)、約2835mP→御山谷→タンボ平→黒部平、室堂山→弥陀ヶ原、一ノ越→雷鳥沢キャンプ場と3本の滑りを楽しめましたぁ\(^o^)/
Pict7424
Pict7426

 キャンプ場に帰着後、ロッジ立山連峰の展望風呂でアーベントロートの剣御前や奥大日岳を眺めつつ汗を流す(\500)。湯ざめに気をつけて、テントに戻ってから夕食、今日も月と星空がすこぶる綺麗!この日は20時半頃に寝床につきました(-_-)zzz

━━━━━━━━━━
070430(月)所要時間0h56m、実働時間0h56m、コースタイム1h05m
雷鳥沢キャンプ場557→619雷鳥荘→639ミクリガ池温泉→653室堂

 最終日は混雑を避けるため、キャンプ場から室堂への移動のみ。この日も大快晴だったので、残念だけどGWの大混雑に巻き込まれるのはうんざりなので、仕方なし・・・朝4時過ぎ起床で6時前には出発!しかし、同じように早く帰ろうとするパーティも幾つかあり、みんな考えることは同じである!
 予定通り8時発のバスに乗り、美女平、立山駅、で乗り換えて富山駅到着。ここでも立山かけそば(大盛り)を食べたが値段は\320とさすがに室堂と比べると安かった!以後、自由席も結構すいていたサンダーバード24号で14時半頃に新大阪に帰着となりました。
Pict7433
Nec_0040
Nec_0038

━━━━━━━━━━
 初日は最悪の状況でしたが、2日目は最高の天気に恵まれ、立山での春山スキー、私なりに満喫することができました!!!
 今度、立山春スキーに行く時には、今回滑れなかった真砂沢、大走りコース、御前谷から黒部平、内蔵之助谷上部や、あるいは剣沢や真砂沢をベースにしての山スキーができたら良いかいなぁ、などと思っています!
 ちなみに、2007年GWの後半の連休は、5/3-5は天気良さそうなので、白山を歩いて来ようかいなと思っています。

|

« 20070421六甲縦断ハイキング | トップページ | 20070503-05白山縦走:加賀禅定道→中宮道1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92847/14927972

この記事へのトラックバック一覧です: 20070428-30立山界隈山スキー:

» 旅行の予約はじゃらんで [じゃらん]
じゃらんの活用方法をお伝えしたいと思います。じゃらんネットやじゃらんの口コミ情報温泉宿、ホテルの探し方など紹介していきます。 [続きを読む]

受信: 2007/05/02 21:35

« 20070421六甲縦断ハイキング | トップページ | 20070503-05白山縦走:加賀禅定道→中宮道1 »