« 20060503-06中ノ岳→荒沢岳往復→巻機山縦走2 | トップページ | 20060503-06中ノ岳→荒沢岳往復→巻機山縦走4 »

2006/05/14

20060503-06中ノ岳→荒沢岳往復→巻機山縦走3

今回の山の写真、下記のオンラインアルバムにアップしてみました!
http://photos.yahoo.co.jp/ph/tnishi37/lst?.dir=/3021&.src=ph&.order=&.view=t&.done=http%3a//photos.yahoo.co.jp/ph/tnishi37/lst%3f%26.dir=/3021%26.src=ph%26.view=t

2004年のGWにも同じような場所に行ったので、その写真のオンラインアルバムのページも書いておきます!
http://album.nikon-image.com/nk/NAlbumPage.asp?key=334908&un=44359&id=56&m=2&s=0
(いつのまにか削除されていました・・・)

今年のは194枚、一昨年のは51枚ありますんで、暇な時にでも見てくださいませ!!!


5月5日(金)
 この日は3時過ぎに起床、今日も良い天気\(^o^)/翌日の天気が崩れそうならこの日に下山するつもりだったが、予定通り縦走することに決定!自宅にその旨メールで伝えた!
 結局出発は4時半を過ぎ、すっかり明るくなっていた(^_^;)丹後山→巻機山は5年前にも歩いたことがあるが、やや時間の経ったトレースが残っていて心強い!丹後山西尾根の分岐から一気に鞍部に下り、いくつかアップダウンを越えて早くもヘロヘロになり越後沢山到着!
 すこぶるいい天気にすこぶる素晴らしい展望(^o^)/早くも大休止(^_^ゞここは携帯が通じた!ただ今日の行程のこの後のピークでは携帯は通じず!
 5年前もそうだったけど、この先は越後沢山から小沢岳、1869mPを越えるまではヤブの中の踏み跡を辿る所が多い!越後沢山から背の低い笹の生える稜線を下る。男女二人パーティが快調に登ってくるのとすれ違った!彼等は白毛門から入り尾瀬の方まで行くとのこと。今年は雪が多かったが、稜線の雪は去年より少なく薮が出ているとのことだった!
 鞍部手前のちょっとした岩のピークは右側から急な踏み跡を辿って雪原の約1755m鞍部に降り立った。ここから本谷山までは雪面の登り、亀の歩みでなんとか登った(^_^;)
 本谷山頂上には、逆コースの4人パーティ!昨夜は1712mPで幕営したとのこと。本谷山頂上付近のテント跡は先程の男女パーティのものだろう!しばらく話をして、出発!
 ここからは薮の痩せ尾根の踏み跡を辿る感じ。小穂口ノ頭には中尾ツルネの立派な刈り払い道がありビックリする!途中男性単独行者とすれ違った!1712mPを越え、鞍部からユルユルと薮道を登っていく。途中、振り返ると昨夜の同宿者と思しき山スキーヤーがやってきていた。踏み跡が雪面に出る所で休憩していると、彼が追いついてきた。今日は下津川山からネコブ山、桑ノ木山を経るいわゆる銅倉尾根を十字峡に向けて下るとのこと!岳人にも取り上げられたこの尾根、十字峡から三国川沿いの林道を歩かなくても直に取り付けるので最近人気らしい!追いついてきた単独行者も昼間に落石やブロック雪崩の恐れのある三国川沿いの林道を通りたくなかった、言っていた。ネコブ山から桑ノ木山は綺麗な雪尾根に見え、YAMAYAMAもこのルート、辿ってみたいと思ってます。中尾ツルネを登って銅倉尾根を下る1泊2日あるいは2泊3日行程が楽しそうか!
 雪面の登りと薮の登りをどうにか登ると三角点と山名表示板のある下津川山頂上に到着!銅倉尾根に行く男性は頂上直下を巻いて尾根に入っていった!銅倉尾根の下津川岳直下にはテント跡が残っていて、結構な踏み跡が銅倉尾根には見えていた!しかし、ネコブ山までは結構アップダウンや薮がありそうで、かなり時間がかかりそうに見えた・・・
 下津川山からの下りは痩せ尾根で一番ヤブがうっとしい所(>_<)下り切った鞍部から小沢岳までは雪面の登り、しんどくてペースが落ちる(^_^;)登りついた小沢岳頂上は中ノ岳~巻機山の稜線の最高点、すこぶる景色良し(^_^)ここでも大休止(^_^ゞ
 ここから1869mを越え笹の中を鞍部に下る。1790.4mPの肩からは一気の下り、1597mPは幕営適地。下り切った約1505m鞍部から少し登り返した1535m付近でまたまた大休止(^_^;)結構気温が高く、この日もミルク氷が美味しい(^o^)
 三石山頂上は笹に覆われている。大兜山への尾根がここから分岐する。ヤブをこぎつつ進み、さらにピークを二つ越えて下り切った所が約1445m最低鞍部!ここで幕営しようかと思ったが風も強いし雪面も少し傾斜しているので、少し登って、笹薮に入る手前の雪上にこの日はテントを張った!設営時は風が強く苦労したが、その内風はやみ、静かな夜となった!

20060505(金)所要時間11h12m、実働時間7h58m
丹後山避難小屋444→447丹後山西尾根分岐450→503 1792mP504→612越後沢山1860.8mP655→720約1755m鞍部722→751本谷山約1865mP806→823小穂口ノ頭・中尾ツルネ分岐約1780m→856 1712mP→957rest約1800m地点1021→1051下津川山1927.7mP1113→1137約1815m鞍部→1210小沢岳1946mP1244→1323 1869mP→1338 1790.4mPの肩1345→1357 1597mP幕営適地→1409約1505m鞍部→1415rest約1535m地点1454→1505三ツ石山1586mP1509→1520約1505m鞍部→1534小三ツ石山約1540mP→1536約1495m鞍部→1539約1505mP→1546約1445m最低鞍部→1556約1470m地点(幕営)

|

« 20060503-06中ノ岳→荒沢岳往復→巻機山縦走2 | トップページ | 20060503-06中ノ岳→荒沢岳往復→巻機山縦走4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92847/10054456

この記事へのトラックバック一覧です: 20060503-06中ノ岳→荒沢岳往復→巻機山縦走3:

« 20060503-06中ノ岳→荒沢岳往復→巻機山縦走2 | トップページ | 20060503-06中ノ岳→荒沢岳往復→巻機山縦走4 »