« 20050910-13日光・金精峠-鬼怒沼-尾瀬沼-鳩待峠2 | トップページ | 20050910-13日光・金精峠-鬼怒沼-尾瀬沼-鳩待峠 4 »

2005/09/17

20050910-13日光・金精峠-鬼怒沼-尾瀬沼-鳩待峠 3

9月12日(月)
 未明にトイレに起き出すと満天の星空(^o^)今日も暗い内に起き、少し湿原を散歩し、写真を撮って鬼怒沼を出発!が、出発前に同宿の男性単独行者から、尾瀬沼のテント場は無くなっているとの話を聞き、愕然(゚o゚)でも、とりあえず出発・・・
PICT3959鬼怒沼湿原から燧ヶ岳方面

PICT3961鬼怒沼湿原から日光白根山方面

PICT3970鬼怒沼湿原から鬼怒沼山方面

 天気は快晴も今日は樹林の中をゴソゴソ歩くコース、展望は望めずひたすら歩く。薮のかき分けを予想して上下雨具で出発したが、鬼怒沼山分岐を過ぎても薮は無く、どうも刈り払いの直後のようで、歩きやすかった(^_^)ただ、ぬかるんだところは多かった・・・
 鬼怒沼山を巻き終わり、約1980m鞍部に下る。以後緩いアップダウンが続く。ひたすら歩いていると、水音がしたと思ったら小松湿原の水場!小さな道標のテープの目印あり。縦走路から一段下った所に水場あり。テント場は縦走路には面していず、水場から約10m踏み跡を辿った所にあった。ここで雨具脱ぐ。水流に沿って小松湿原まで行こうと思ったが、水流はすぐ伏流となり、踏み跡も全く見つけられず、ここは穏健に断念(^_^;)
PICT3974小松湿原の水場の道標

 20分余りで、又水音がすると思ったら、ちょっとした広場となっている黒岩水。水はかなり奥から出ており腕を思いっきり伸ばさないと汲みにくい。テントも張れるが地面がジメジメしている。小さいテントなら少し登った所の方が良いかも。
PICT3980黒岩清水の前のテント場

 更に10数分で黒岩山分岐、地面に道標が置いてあり、ちょっとした広場になっていて幕営可能!縦走路は左折するが、右に黒岩山への道が分岐している。ここからはサブザックで黒岩山三角点、栃木群馬福島三県境のPを目指した。
PICT3986黒岩山分岐にて

 テープ印がやたら多い巻き道を行くといつの間にか目印が全然見えなくなった!稜線に登る踏み跡を見過ごしたと思ったが、踏み跡は何とか続いている。昔の縦走路が残っているのか・・・しばらく踏み跡沿いに進むと沢状に突き当たり、踏み跡が消える!戻るのも癪だし、稜線まで距離も標高差もあまり無いことはわかっているので、ここは薮を突破し稜線を目指すこととした。
 最初は薮は薄かったが、徐々に濃くなり、ハリブキもあって距離の割には苦労する。傾斜が強くなり、露岩を登って稜線に着いたと思ったらそこが三角点のある黒岩山頂上だった!!!
PICT3987黒岩山頂上にて

PICT3995黒岩山頂上より男体山方面

PICT3996黒岩山頂上より日光白根山方面

PICT3999黒岩山頂上より辿って来た稜線方面

PICT4001黒岩山頂上よりこれから辿る尾瀬方面

PICT4016黒岩山頂上より会津駒ヶ岳方面

PICT4018黒岩山頂上より台倉高山、帝釈山方面

PICT4019黒岩山頂上より東方

 黒岩山頂上はまさに360度の展望!東南から南方には男体山・日光白根山はじめ日光の山々、鬼怒沼山から歩いてきた樹林に覆われた稜線。西方にはこれから辿るコースは赤安山、袴腰山のピーク、その向こうは燧ヶ岳や至仏山等の尾瀬を巡る山々、至仏山の左には笠ヶ岳、その左奥に上州武尊山。燧とその右方の会津駒との間に見えるのは越後三山や荒沢岳方面か?北側須直ぐに頂上に岩のある三県境と思しきピーク、その右奥には孫兵衛山、台倉高山、帝釈山へと続く樹林の尾根が延びている!是非、残雪期に歩いて見たい稜線!東方には高原山、その左奥は男鹿山塊か?
 名残はつきねどまずは三県境を目指す。テープ印と踏み跡が続いており、テープを見失わないように踏み跡を外さない様にと辿っていく。岩の間を登ったピークに文字の消えた青いプレートが2枚、この先、踏み跡とテープの目印は高度を下げていくようだったので、ここを三県境と判断、記念写真を撮ってしばしボォーッとして元の道を戻り、再び三角点ピークへ!

PICT4029三県境と思しきピークにて

 雲が増えてきたが、まだまだ良い眺め(^_^)立ち去りがたいが尾瀬沼までまだまだ遠い!後ろ髪引かれながら黒岩山分岐まで戻る。踏み跡とテープの目印に沿っていくが下降からトラバースになる所で登りだと左に登っていくことになるのだが、直進方向にも古い布の目印があり、登りでそこで間違えたものと思われた(^_^ゞ
 黒岩山分岐からは長いトラバース道だが、刈り払い後みたいで歩きやすかった!巻き道から稜線に戻り、赤安山との間の約1950m鞍部から約30分進むと赤安山への上り口か?と思った所があったが、実際はもう少し先で、赤テープのある所にザックを置いて赤安山頂上を目指す!わずかの登りで稜線に出るが頂上はもう少し西に行った所だった。赤安山頂上は薮に囲まれ展望は無い。三角点の周りだけが刈り払われていた。一応、記念写真を撮って薮の中でしばしボォ~としていた。北側にまっすぐに下るとピンクのテープの所で登山道に戻ったが、登り始めた所よりわずかに西の所だった。

PICT4071赤安山にて

 赤安山から下りきった鞍部の少し先に小平地があると思ったら赤安清水への下降点。ここも幕営可能。水場の手前はトラロープにすがって沢の岩場を下る。水量は多くは無いが水は冷たくて美味しい!登りはロープの右側の土の斜面を適当に登って縦走路に戻った。

PICT4077赤安清水への下降点にて

 袴腰山へは歩きにくいトラバースから沢状の所を急登わずかで北方の肩に到着。ここにもテープがついているが、インターネットで調べた限りでは無雪期はかなり手強い薮とのことで残雪期向きとのこと、それ故穏健に頂上往復はパス(^_^;)
 刈り払われた笹の道を緩く下ると送電鉄塔と電発記念碑、ここまで来ると尾瀬という感じがしてきた。

PICT4084電発記念碑

 大清水への分岐を過ぎて10分弱で小淵沢田代、全くの貸しきり状態!草紅葉はここでも始まりかけていた。湿原の前半は古い木道で水没しかけ!真ん中から木道が新しく一段高くなった。小淵沢田代を過ぎるとまた分岐、直接尾瀬沼に向かわず、大江湿原経由で行くこととした。

PICT4097小淵沢田代にて

 樹林の中の傾斜の緩い道をゆるゆる下っていくと分岐から30分弱で大江湿原、ここも他に誰一人いず、まさに「静かな尾瀬」(^o^)。沼山峠への分岐点まで来て、ベンチに座って休憩。この日は一日快晴って感じ!

PICT4112大江湿原にて

 尾瀬沼に着く前に右に分岐して平野家の墓を往復、燧ヶ岳が大きい!沼尻への分岐を過ぎると長蔵小屋。2年前にテント場はなくなっており、明日の行程を考えて三平下の尾瀬沼山荘までいくこととした。三平下の手前の尾瀬沼の畔で燧ヶ岳の絶好のカメラポイントがあり、しっかり写真撮影!

PICT4122平野家の墓より燧ヶ岳

PICT4128三平下手前の尾瀬沼畔より燧ヶ岳と尾瀬沼

 尾瀬沼山荘は静かなたたずまい、予約無しでの宿泊をお願いしたが、あっさり断られ、「長蔵小屋に相談して下さい」と言われてしまった(゚o゚)とても満員とは思えないし、テントも食料も持ってる登山者の宿泊を断ればその辺でビバークする可能性もあるから自然保護の観点では泊めさせた方が良さそうな気がするのだが・・・しかも予約無しの宿泊はダメって言うのなら他の小屋に責任転嫁するってのもなんか変な話・・・山小屋の人の対応も非常に高圧的で「お前なんか絶対泊めてやらへんぞ」ってオーラを強烈に発散してて、こんなんではもう尾瀬には来ーひんぞ!と言いたくなるような気分になってしまった・・・
 ま、言い争っても仕方ないから、歩いてきた道を戻って長蔵小屋に事情を説明したら、今回は特別ということで素泊まりさせてもらうことができた\(^o^)/しかも、予約無しで夕方到着したというのに、対応は非常に親切で丁寧でこちらの方が恐縮してしまうような感じ。同じ尾瀬沼畔の小屋なのにこの対応の差はなんなんだろう???経営者の考え方の違い?だとすると尾瀬林業が経営しているほかの山小屋(東電小屋・元湯山荘・至仏山荘・鳩待山荘)も要注意ということになるが・・・

PICT4131長蔵小屋のお風呂(^_^)

 部屋に入り、一風呂浴びて、夕食タイム、今回の山荘は3日とも夕食はカレーとお茶漬け、朝食は雑炊と私にとって超定番手抜きメニュー(^_^ゞその後は消灯過ぎてもゴソゴソして眠りに着いたのは9時半頃だった。

050912(月)所要時間11h32m(実働時間7h43m)
鬼怒沼巡視小屋525→528小屋分岐→532「鬼怒沼湿原」→538小屋分岐→540大清水分岐→601 2141mP入口→605鬼怒沼山分岐→620約1980m鞍部→713小松湿原の水場756→818黒岩清水824→840黒岩山分岐
黒岩山分岐854→908薮漕ぎ開始(^_^ゞ→922黒岩山三角点2162.8m942→953三県境1017→1027黒岩山三角点2162.8m1103→1113ルートミスヶ所→1118黒岩山分岐
黒岩山分岐1122→1153約1950m鞍部→1223ニセ赤安山入口1229→1233赤安山入口1234→1236赤安山2050.7m1245→1248赤安山入口1250→1307赤安清水1337→1408袴腰山の北の肩1417→1429電発記念碑1433→1441大清水分岐→1449小淵沢田代入口1452→1455「小淵沢田代」1457→1502分岐→1529大江湿原入り口→1531沼山峠分岐1543→1555平野家の墓1556→1603沼尻分岐→1608長蔵小屋1616→1634尾瀬沼山荘1636→1657長蔵小屋(泊)

続く

|

« 20050910-13日光・金精峠-鬼怒沼-尾瀬沼-鳩待峠2 | トップページ | 20050910-13日光・金精峠-鬼怒沼-尾瀬沼-鳩待峠 4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92847/5991273

この記事へのトラックバック一覧です: 20050910-13日光・金精峠-鬼怒沼-尾瀬沼-鳩待峠 3:

« 20050910-13日光・金精峠-鬼怒沼-尾瀬沼-鳩待峠2 | トップページ | 20050910-13日光・金精峠-鬼怒沼-尾瀬沼-鳩待峠 4 »