« 20050731奥三界山 | トップページ | 20050806-808折立→黒部五郎→槍→大滝山縦走2 »

2005/08/18

20050806-808折立→黒部五郎→槍→大滝山縦走1

 連日猛暑の続く8月最初の週末、北アルプスを縦走してきました!曇りがちで午後はにわか雨、って感じでしたが、早朝は展望にも恵まれ、一応予定通りの行程を歩くことができました(^_^)。
 見た目は半袖Tシャツにランニングタイツ(CW-X)、トレールランニング用シューズ、ランナーズのLSDザック、ダブルストックとランニング登山スタイルでしたが、実際は荷物をできる限り軽量化しての速歩き山行です(^_^;)大体、正味でコースタイムの半分、休憩込みでコースタイムの3分の2を目標に計画を立てた次第です!!!

8月5日(金)、6日(土)
 まぁまぁ混んでいる急行きたぐにに新大阪から乗り込む。何とか座席は確保(^_^)富山で下車し、駅前から予約していた折立直通バスに乗り込んだ。バスが出る頃にはすっかり明るくなっていた。途中、トイレ休憩あり。
 た~くさんの車が駐車してある折立で下車、登山口で身繕いの後出発!走りは無しで順調に速歩きで高度を稼ぐ。稜線にはガスがかかっている。さすがに登山者が多い!
 昨年より8分余計にかかって、太郎平到着。ここで1回目の水補給&真新しいチップ制トイレを利用。
PICT3448太郎平より三俣蓮華、双六、黒部五郎方面
PICT3449太郎平より薬師岳方面

 木道の太郎山を越え、北ノ俣岳への登り、ハクサンイチゲ等の花が綺麗だが早くも足が重くなる(^_^ゞポツポツと反対方向からの縦走登山者とすれ違った。
 いつのまにか神岡新道分岐を過ぎ、なだらかな北ノ俣岳到着!晴れてはいるが雲が多くて展望はイマイチ・・・
 一気に下り、赤木岳はピークのすぐ東側を巻き、中俣乗越から登った2578mPの型で小休止。
PICT3462北ノ俣岳より薬師岳方面
PICT3465北ノ俣岳より黒部五郎岳方面
PICT3470黒部五郎への道で見かけた雷鳥

 黒部五郎への登りは手前の鞍部から約330m、ここで早くもバテバテヘロヘロとなった(;_;)黒部五郎への肩の手前は斜めに斜面を登るようになる。肩の手前で女性単独行者が駆け下ってきた!聞くと同じバスに乗っていたとのこと、あまりのヘロヘロ具合に「あなたランナーでしょ!」と発破をかけられる始末(^_^;)太郎平に荷物を置いて空荷で黒部五郎を往復して明日折立に下山するとのこと!やはりいる所にはスゴイ人がいるものだ!!!
 そこからすぐに結構な数の登山者が休憩している黒部五郎の肩に到着。更に約10分の登りで、1986年の10月以来約19年振りの黒部五郎岳頂上\(^o^)/ガスで展望はダメだが、感慨深い!20分余り大休止(^_^)
PICT3474黒部五郎岳山頂よりカールの俯瞰
PICT3475黒部五郎岳山頂より鷲羽岳、三俣蓮華岳方面

 下りはやはりカール経由、カール壁からカールの底に下る途中はコバイケイソウのお花畑が素晴らしかった!カールの底は雪解け水が流れる別天地!ここも多くの登山者が休んでいる!長居したいところだが、とりあえず黒部五郎小舎を目指した。
PICT3489黒部五郎カールにて
PICT3492コバイケイソウのお花畑の中を黒部五郎カールへの道が通っている

 黒部五郎小舎の前にも多くの登山者!天気は下り坂だが、まだ2時過ぎだし、このまま行けば5時頃には双六小屋に着けそうなので、先に進んだ!が・・・
PICT3497黒部五郎小舎のホワイトボード

 どうにかこうにか三俣蓮華岳に這い登り、次のピークを越え、双六岳の巻き道(中道)の分岐を過ぎると雨が強くなってきた。遠くに雷鳴も!ということで雨具を着ることにしたが、なんとカメラが無い!!!三俣蓮華岳頂上に忘れたみたい・・・ここまで頂上から約30分、往復1時間余のタイムロスとなるが、カメラを捨てていく気にはならず、ザックを置いて回収しに行くこととした(;_;)
PICT3508一度目の三俣蓮華岳頂上にて

 登り返しが精神的にも肉体的にもきつかったが、どうにか三俣蓮華頂上でカメラを回収できた(^o^)/
 ザックデポ地に戻るが1時間以上のタイムロス、小屋に着くのは6時を過ぎてしまう・・・双六岳へはほんの一登り、今日最後のピークだが、ゆっくりとはできず、下山開始。
PICT3511双六岳頂上にて

 双六岳頂上直下は平坦なトレール、ここはジョギングモード、下りになると駆け下り、6時15分にどうにか小屋に到着!
 双六小屋に到着して夕食までの間、談話室(結構すし詰め!)にいて、隣に座ってた人が枚方マスターズの方で、FRUNのTシャツに気付いて声をかけてこられた!やはり山でもこのTシャツ、目立つもんだ!!!
 小屋は大混雑ですし詰めかと思いきや、八畳間に6人と快適に過ごすことができた(^_^)ちなみにYAMAYAMAに割り振られたのは先程の談話室でした!だからスペースに余裕があったのかも・・・

050806(土)所要時間10h50m
折立725→812三角点815→918太郎平947→1042北ノ俣岳1052→1106「赤木岳」→1126中俣乗越→1143 2578mPの肩1146→1152鞍部→1227黒部五郎岳の肩→1236黒部五郎岳1258→1302黒部五郎岳の肩→1305下降点→1313カール底1322→1354黒部五郎小舎1411→1505三俣山荘への分岐→1530三俣蓮華岳1541→1609中道分岐→1613引き返し点1620→1651三俣蓮華岳1654→1726引き返し点1734→1745双六岳1751→1807中道分岐→1808巻道分岐→1815双六小屋(泊)

以後、続く

|

« 20050731奥三界山 | トップページ | 20050806-808折立→黒部五郎→槍→大滝山縦走2 »

コメント

ちわー
9日間のなつやすみが終わりました、休み後半で、徳島の剣山から三嶺まで縦走だぁ、と・・歩き出したはいいけど、水場が枯れてて、あえなく下山、翌日、三嶺に登りなおしました。ええ山でした~
YAMAYAMAさんの、ランニング登山、速いですねぇ!カメラ、見つかってよかったですね。
山と渓谷9月号の特集「快速登山の・・」 見て、YAMAYAMAさんも、こんなんしてはるんやなぁ、と思いましたです。
続きも楽しみ!

投稿: うずら | 2005/08/22 14:25

うずらさん、こんばんわぁ!
先々週の記録を書けない内にまた次の山に行ってきたYAMAYAMAでおます!

山渓に載ってる人達は凄過ぎます!!!ほんまに走ってるんやと思うようなスピードっす!YAMAYAMAの力では登山道はほとんど走れず、せいぜい速歩きですヨン!

枯れてた水場ってジロウギュウの巻き道の水場?四国は水不足らしいから水場も枯れてしもうたんやろか???
でも下山してきちんと次の日に登り直すとはさすがうずらさんでんなぁ!!!

投稿: YAMAYAMA | 2005/08/22 20:58

次の山・・ どこでしょ?
いくつも行ってていいなぁ。
枯れてた水場は、次郎笈の次の、高ノ瀬、ってとこでした。
次の日、登りなおしたんは、林道終点まで車で行って、サブザックで、の、お気楽登山でしたのん。
この道は、いつか、また、縦走したいです。

投稿: うずら | 2005/08/23 09:47

今回は8/20-22に南アルプス南部に行ってきました(^_^)今年はあと2回は行くつもりですヨン\(^o^)/
高ノ瀬の水場って高ノ瀬の巻き道にある水場ですかいな?記録を紐解くとYAMAYAMAは1994年の12月に一ノ森→剣山→三嶺→天狗塚→牛ノ背と縦走したはずですが、高ノ瀬は稜線通しに歩いたみたいで、たぶんその水場は通らなかったみたい!
剣山→三嶺や石鎚山界隈は縦走路が続いていて、歩き甲斐があるコースですんで、是非また機会を見つけて行ってきてくださいまし!!!

投稿: YAMAYAMA | 2005/08/24 00:02

おー、10年前に行ってはるんですね。
そうそう、高ノ瀬は、巻き道の水場です。
荷物を置いて、空ペットボトル持って水汲みに行きました。
ほいで、枯れてたもんで、がっくし(笑)。
高ノ瀬のてっぺんで、ヤケチューハイ飲んで、
そのイキオイで下山しました。
次回は、天狗塚まで行くですよー!

投稿: うずら | 2005/08/24 12:46

うずらさん、おはよーさん!
高ノ瀬からもう少し頑張って、白髪山避難小屋まで行けば水場があるはずなんやけど、ま、チューハイ飲んだら勢いで下っちゃいますわなぁ(~o~)
是非今度行く時はその勢いで天狗塚までかっとんでいって下さ~い!!!

投稿: YAMAYAMA | 2005/08/27 10:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92847/5529823

この記事へのトラックバック一覧です: 20050806-808折立→黒部五郎→槍→大滝山縦走1:

« 20050731奥三界山 | トップページ | 20050806-808折立→黒部五郎→槍→大滝山縦走2 »